インスタンスの編集

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Google Cloud コンソール または gcloud CLI を使用して Filestore インスタンスを編集する方法について説明します。

作成後、Filestore インスタンスは次の方法で変更できます。

  • 容量を増やす。
  • 容量を減らす(エンタープライズ および高スケール SSD インスタンスのみ)。
  • 説明を変更する。
  • IP ベースのアクセス制御ルールを管理する。
  • ラベルを管理する(詳細については、ラベルの管理をご覧ください)。

容量のスケーリングの詳細については、容量のスケーリングをご覧ください。

インスタンスの編集手順

Google Cloud コンソール

Google Cloud コンソール を使用して Filestore インスタンスを編集するには、[インスタンスの編集] ページに移動し、インスタンスの説明の編集、IP ベースのアクセス制御ルールの管理、ファイル共有パフォーマンスのスケーリングを行います。

  1. Google Cloud コンソールで、Filestore インスタンス ページに移動します。

    Filestore インスタンス ページに移動

  2. 編集するインスタンスのインスタンス ID をクリックします。

  3. [インスタンスの詳細] ページで、[編集] をクリックして [インスタンスの編集] ページに移動します。

  4. 必要に応じて、インスタンスの説明、IP ベースのアクセス制御ルール、容量を変更します。詳細については、インスタンスの作成をご覧ください。

  5. [保存] をクリックします。

gcloud

準備

gcloud CLI を使用するには、gcloud CLI をインストールするか、Google Cloud コンソール に組み込まれている Cloud Shell を使用する必要があります。

Google Cloud コンソールに移動

インスタンスを編集するための gcloud コマンド

Filestore インスタンスを編集するには、instances update コマンドを実行します。IP ベースのアクセス制御の構成ルールを更新する必要がある場合は、--flags-file フラグを使用して、JSON 構成ファイルを指定する必要があります。この方法を選択した場合、--file-share フラグはすでに JSON 構成ファイルに含まれているため、使用する必要はありません。

 gcloud filestore instances update instance-id
     --[project="project-id"]
     --[location=location]
     --[file-share=name="file-share-name",capacity=file-share-size]
     --[description="instance-description"]
     --[flags-file=file-name.json]

ここで

  • instance-id は、編集する Filestore インスタンスのインスタンス ID です。
  • project-id は、Filestore インスタンスを含む Cloud プロジェクトのプロジェクト ID です。Filestore インスタンスが gcloud デフォルト プロジェクトにある場合は、このフラグを省略できます。デフォルトのプロジェクトを設定するには、次のコマンドを実行します。

     gcloud config set project project-id
    
  • location は、Filestore インスタンスが存在するロケーションです。Enterprise インスタンスの場合は、リージョンを指定します。その他のインスタンスの場合は、ゾーンを指定します。サポートされているゾーンのリストを取得するには、gcloud filestore zones list コマンドを実行します。Filestore インスタンスが gcloud デフォルト ゾーンにある場合は、このフラグを省略できます。デフォルト ゾーンを設定するには、次のコマンドを実行します。

     gcloud config set filestore/zone zone
    
  • file-share-name は、Filestore インスタンスから提供されるファイル共有の名前です。インスタンスの作成後は、ファイル共有名を変更できません。

  • file-share-size は、ファイル共有に使用する新しいサイズです。GiB(デフォルト)または TiB を使用して、整数でファイル共有サイズを指定できます。

    使用可能な割り当てを確認するには、Google Cloud Console の [割り当て] ページに移動します。

    [割り当て] ページに移動

  • instance-description は、Filestore インスタンスの説明であり、省略可能です。

  • file-name は、IP ベースのアクセス制御用の json 構成ファイルの名前です。

    json 構成ファイルの例:

     {
    "--file-share":
      {
        "capacity": "4096",
        "name": "my_vol",
        "nfs-export-options": [
          {
            "access-mode": "READ_WRITE",
            "ip-ranges": [
              "10.0.0.0",
              "10.2.0.0"
            ],
            "squash-mode": "ROOT_SQUASH",
            "anon_uid": 1003,
            "anon_gid": 1003
          },
           {
            "access-mode": "READ_ONLY",
            "ip-ranges": [
              "10.0.1.0/28"
            ],
            "squash-mode": "NO_ROOT_SQUASH"
          }
        ],
      }
    }
    

    ここで

    • ip-rangesは、アクセスを許可する IP アドレスまたは範囲です。複数の IP アドレスまたは IP アドレス範囲を指定するには、カンマで区切ります。構成には、重複する IP アドレスまたは IP アドレス範囲を含めることはできません。
    • access-mode は、IP アドレスが ip-range 内にあるクライアントに付与するアクセスレベルです。値は READ_WRITE または READ_ONLY のいずれかに設定できます。デフォルト値は READ_WRITE です。
    • squash-mode の値は ROOT_SQUASH または NO_ROOT_SQUASH に設定できます。ROOT_SQUASH では、IP アドレスが ip-range 内のクライアントへのルートレベル アクセスが排除され、NO_ROOT_SQUASH では、ルートアクセスが有効にされます。デフォルト値は NO_ROOT_SQUASH です。
    • anon_uid は、anon_uid にマッピングするユーザー ID の値です。デフォルト値は 65534 です。
    • anon_gid は、anon_gid にマッピングするグループ ID の値です。デフォルト値は 65534 です。

次の例では、ファイル共有サイズを 3 TiB に増やして nfs-server インスタンスを更新します。

 gcloud filestore instances update nfs-server --zone=us-central1-c --file-share=name="vol1",capacity=3TiB

次のステップ