ラベルの管理

このページでは、Filestore インスタンスでラベルを使用する方法について説明します。また、インスタンスのラベルを追加、更新、削除する方法についても説明します。ラベルを使用すると、関連するインスタンスをグループ化し、インスタンスに関するメタデータを保存できます。

ラベルとは

ラベルは、Google Cloud Filestore インスタンスの整理に役立つ Key-Value ペアです。各リソースにラベルを設定し、そのラベルに基づいてリソースをフィルタリングできます。ラベルに関する情報は課金システムに転送されるため、ラベルを基準に請求料金を分析することもできます。

ラベルは、リソースに対するクエリ可能なアノテーションとして使用できますが、ポリシーの条件の設定には使用できません。タグを使用すると、リソースに特定のタグが付加されているかどうかに基づいて、条件付きでポリシーの許可や拒否を行えます。詳細については、タグの概要をご覧ください。

ラベルの一般的な用途

タイムスタンプやすべての API 呼び出しに個別に値を作成するなど、一意のラベルを多数作成することはおすすめしません。次に、ラベルの一般的な使用例を示します。

  • チームまたはコストセンターのラベル: チームやコストセンターに基づいてラベルを追加し、各チームが所有する Filestore インスタンスを区別します(例: team:researchteam:analytics)。この種類のラベルは、費用計算または予算作成に使用できます。

  • コンポーネント ラベル: component:rediscomponent:frontendcomponent:ingestcomponent:dashboard など。

  • 環境ラベルまたはステージのラベル: environment:productionenvironment:test など。

  • 状態のラベル: state:activestate:readytodeletestate:archive など。

ラベルの要件

リソースに適用するラベルは、次の要件を満たす必要があります。

  • 1 つのリソースには、最大 64 個のラベルを適用できます。
  • ラベルは、Key-Value ペアでなければなりません。
  • キーは 1 文字以上、63 文字までにする必要があります。空にすることはできません。値は 63 文字以下にします。空にすることもできます。
  • キーと値には、小文字、数字、アンダースコア、ダッシュのみを使用できます。すべての文字は UTF-8 でエンコードする必要があります。国際文字も使用できます。
  • ラベルのキー部分は一意でなければなりません。ただし、複数のリソースで同じキーを使用できます。
  • キーは、小文字または国際文字で始める必要があります。

これらの上限は、各ラベルのキーと値だけでなく、ラベルのある個々の Google Cloud リソースにも適用されます。1 つのプロジェクト内のすべてのリソースに適用できるタラベルの数に上限はありません。

インスタンスのラベルの追加または更新

インスタンスを作成するときに、Filestore インスタンスにラベルを追加できます。インスタンスの作成後、そのインスタンスにラベルを追加できます。また、既存のラベルを更新または削除することもできます。

Console

  1. Cloud Console で、Filestore インスタンス ページに移動します。

    Filestore インスタンス ページに移動

  2. ラベルを変更したい各インスタンスの横にあるチェックボックスをオンにします。

  3. [情報パネルを表示] をクリックします。

  4. 必要に応じてラベルを追加および更新します。

    操作 手順
    ラベルを追加 [ラベルを追加] をクリックし、ラベルのキーと値を入力します。
    ラベルを更新する [] フィールドを更新します。既存のラベルのキーを更新することはできません。
    ラベルを削除する ラベルの横にある[項目を削除します] アイコン をクリックします。
  5. 更新が完了したら、[保存] をクリックして変更を保存します。

gcloud

Filestore インスタンスのラベルを編集するには、instances update コマンドを実行します。新しいラベルを追加する、または既存のラベルの値を変更するには、--update-labels フラグを使用します。1 つ以上のラベルを削除するには、--remove-labels フラグを使用します。--clear-labels フラグは、インスタンスからすべてのラベルを削除します。

gcloud filestore instances update instance-id \
    --project=project-id \
    --zone=zone \
    --update-labels key=value,[key=value,…] \
    --remove-labels key,[key,…] \
    --clear-labels

ここで

  • instance-id は、編集するインスタンスのインスタンス ID です。
  • project-id は、Filestore インスタンスを含む Cloud プロジェクトのプロジェクト ID です。Filestore インスタンスが gcloud デフォルト プロジェクトにある場合は、このフラグを省略できます。デフォルトのプロジェクトを設定するには、次のコマンドを実行します。

     gcloud config set project project-id
    
  • zone は、Filestore インスタンスが存在するゾーンです。サポートされているゾーンのリストを取得するには、gcloud filestore zones list コマンドを実行します。Filestore インスタンスが gcloud デフォルト ゾーンにある場合は、このフラグを省略できます。デフォルト ゾーンを設定するには、次のコマンドを実行します。

     gcloud config set filestore/zone zone
    
  • key は、新しいラベル、あるいは変更または削除する既存のラベルです。

  • value はラベルの値です。

次の例では、status ラベルを追加し、dept ラベルの値を更新して、admin ラベルを削除することで、nfs-server インスタンスを更新します。

gcloud filestore instances update nfs-server \
    --project=myproject \
    --zone=us-central1-c \
    --update-labels status=active \
    --update-labels dept=accounting \
    --remove-labels admin

現在ラベルをサポートしているサービス

現在、次の Google Cloud サービスでラベルがサポートされています。

  • AI Platform
  • App Engine(フレキシブル環境とスタンダード環境の両方)
  • Artifact Registry
  • BigQuery
  • Certificate Authority Service
  • Cloud Composer
  • Cloud Bigtable
  • Cloud Deployment Manager
  • Cloud Functions
  • Cloud Healthcare API
  • Cloud Key Management Service
  • Cloud Run
  • Cloud Spanner
  • Cloud SQL
  • Cloud Storage
  • Compute Engine
  • Dataflow
  • Dataproc
  • Filestore
  • Google Kubernetes Engine
  • ネットワーキング
  • Pub/Sub
  • Resource Manager(プロジェクトのみ)

次のステップ

Filestore インスタンスの他のプロパティを編集する方法を確認する。