Slack

Dialogflow の Slack 統合を使用すると、簡単に独自の Slack アプリとボットを作成して、自然言語を理解できるようトレーニングできます。

Slack の設定

エージェントの Slack 統合を設定するには、次のものが必要です。

Slack アプリを作成する

  1. Slack のデベロッパー コンソールに移動します。
  2. アプリの名前を入力します。
  3. アプリを関連付けるチームを選択します。
  4. [Create App] ボタンをクリックします。

ボットユーザーを追加する

  1. 左側のメニューで [OAuth & Permissions] をクリックします。
  2. [Scopes] セクションに移動し、次の OAuth スコープが [Bot Token Scopes] セクションにあることを確認します。
  3. 左側のメニューで [App Home] をクリックします。
  4. [Always Show My Bot as Online] を有効にし、必要に応じて [App Dislay Name] を編集します(これが bot でユーザーに表示される名前になります)。

Dialogflow での統合の有効化

Slack のデベロッパー コンソールで、左側のメニューにある [Basic Information] をクリックし、[App Credentials] セクションまでスクロール ダウンします。[Client ID]、[Client Secret]、[Verification Token] の値を書き留めます。

  1. Dialogflow の左側のメニューで [Integrations] に移動します。
  2. [Slack] タイルをクリックします。
  3. 次のフィールドに関連する値を入力します。
    1. Client ID
    2. Client Secret
    3. Verification Token
  4. [Start] をクリックします。

Slack の設定を続ける

Slack と Dialogflow を設定したら、OAuth、イベント リクエスト URL(Dialogflow により指定)、イベント サブスクリプションを有効にします。

OAuth URL を追加する

  1. Dialogflow の Slack 設定ページから、[OAuth URL] の値をコピーします。
  1. Slack のデベロッパー コンソールに移動し、左側のメニューで [OAuth & Permissions] をクリックします。
  2. [Add a new Redirect URL] ボタンをクリックし、コピーした OAuth URL を貼り付けます。
  3. [Add] をクリックします。
  4. [Save URLs] ボタンをクリックします。

イベント リクエスト URL の追加とイベント サブスクリプションの有効化

  1. Dialogflow の Slack 設定ページから、[Event Request URL] の値をコピーします。
  2. Slack のデベロッパー コンソールに移動し、左側のメニューで [Event Subscriptions] をクリックします。
  3. イベントを有効にするには、スイッチをクリックし、イベントのサブスクリプション URL を [Request URL] フィールドに貼り付けます。

    リクエスト URL の欄の上に緑色の「Verified」が表示されます。
  4. [Subscribe to Bot Events] で、[Add Bot User Event] ボタンをクリックします。

    これにより、テキスト フィールドとイベントのリストが表示されます。このフィールドに検索語を入力して、ボットに応対させるイベントを検索できます。次のイベントを追加することをおすすめします。

    イベント名 イベントの説明
    message.im メッセージがダイレクト メッセージ チャンネルに投稿されました。
    message.groups メッセージがプライベート チャンネルに投稿されました。
    message.channels メッセージがチャンネルに投稿されました。
    im_created DM が作成されました。

  5. 設定を更新したら、ページ下部にある [Save Changes] ボタンをクリックします。

Slack ボットをチームに追加する

  1. Slack のデベロッパー コンソールで、左側のメニューにある [Manage Distribution] をクリックします。
  2. [Share your App with Your Workplace] セクションで、[Add to Slack] ボタンをクリックします。
  3. 次に表示されるページで [Authorize] ボタンをクリックして、エージェントを追加します。

テスト

エージェントのテストは、一般公開の Slack ボットを作成せずにできます。それには、エージェントの [Integrations] ページに移動し、[Slack] タイルにあるスイッチをクリックします。表示されるポップアップ ウィンドウで、[Test In Slack] ボタンをクリックします。

Slack にログインするよう求められます。ログインしたら、インスタンスに移動して、@dialogflow-bot という名前のボットユーザーを見つけます。エージェントにメッセージを送信することや、インスタンス内のチャンネルにエージェントを追加することにより、エージェントをテストできます。

イベント

この統合によって、次のイベントが呼び出されます。

イベント 説明
SLACK_WELCOME ユーザーが Slack ボットとの会話を開始した時点でトリガーされます。

リッチ レスポンス メッセージ

次のリッチ レスポンス メッセージがサポートされています。

画像のレスポンス

サポートされている形式とサイズ:

  • gif
  • jpeg
  • png
  • bmp

カード形式のレスポンス

Slack のカードには必須のフィールドはありません。任意の組み合わせの要素を使用できます。

URL とテキスト ポストバック付きのボタンがサポートされています。URL 付きのボタンはハイパーリンクとして表示されます。

クイック返信のレスポンス

クイック返信はワンクリックの Slack の統合でサポートされており、Slack のインタラクティブなボタンのテキスト版に対応しています。

カスタム ペイロードのレスポンス

ワンクリックの Slack の統合での書式設定されたテキスト

Slack の bot は次の例のように、書式設定されたテキストを送信できます。

{
  "slack": {
    "text": "This is an example of *bold*, _italic_, and `code`."
  }
}