カスタム エンティティ

カスタム エンティティを作成して、エージェント固有のデータをマッチングできます。たとえば、食料品店エージェントで購入可能な野菜の種類に一致する vegetable エンティティ タイプを定義できます。

このデータがある場所

エージェントを作成する際は、Dialogflow ES コンソール(ドキュメントに移動コンソールを開く)を使用するのが最も一般的です。コンソールの使用方法は次のとおりです。カスタム エンティティ データにアクセスするには:

  1. Dialogflow ES コンソールに移動します。
  2. エージェントを選択します。
  3. 左側のサイドバーのメニューで [Entities] を選択します。
  4. カスタム エンティティの [Custom] タブを選択します。

コンソールではなく API を使用してエージェントを作成する場合は、EntityTypes リファレンスをご覧ください。API のフィールド名はコンソールのフィールド名と同様です。以下の手順では、コンソールと API の間の重要な違いを説明します。

カスタム エンティティの作成

カスタムマップ エンティティを作成するには:

  1. [エンティティを作成] をクリックします。
  2. エンティティの名前を入力します。
  3. 類義語を定義するはすでに選択されていることにご注意ください。
  4. 最初の行をクリックし、左側の列に参照値を入力します。
  5. 次の列をクリックするか、Enter キーを押して類義語を入力します。
  6. 他のエンティティ エントリの行を引き続き追加します。
  7. [保存] をクリックします。

一括オペレーション

一括オペレーションを使用すると、複数のエンティティを同時に移動、コピー、削除できます。

  • Copy: 選択されたエンティティを宛先エージェントにコピーします。
  • Move: 選択されたエンティティを宛先エージェントに移動します。
  • Delete: 選択されたエンティティを完全に削除します。この操作は元に戻せません。

コピーと移動のオペレーションには、他にも次のオプションがあります。

  • Copy related entities: 複合エンティティで使用されているエンティティを移動またはコピーします。
  • Overwrite entities: 同じ名前を持つエンティティを上書きします。

複数のエンティティをコピー、移動、削除するには:

  1. リストにカーソルを合わせ、1 つ以上のエンティティを選択します。一括オプションが表示されます。
  2. 目的のアクションを選択します。
  3. ダイアログで目的のオプションを選択します。
  4. [Start] ボタンをクリックします。

制限事項

次の制限が適用されます。

  • カスタム エンティティの名前は、エージェントごとに一意です。エンティティ名の先頭は英字にしてください。その後には A-Za-z0-9_(アンダースコア)、-(ダッシュ)を使用できます。