クイックスタート

このページでは、Google Cloud Console で Datastore モードの Firestore にデータを保存したり、クエリを実行したりする方法について説明します。

始める前に

  • Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  • Cloud Console のプロジェクト セレクタページで、Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  • プロジェクトのオーナーではない場合、このクイックスタートを行うにはアカウントに次の権限が必要です。

    • アカウントには Datastore オーナーロールが必要です。このロールには、Datastore モードのインスタンスの作成に必要な datastore.databases.create 権限が含まれています。
    • Datastore モードではアクティブな App Engine アプリケーションが必要です。プロジェクトにアプリケーションがない場合は、このクイックスタートによってアプリケーションが作成されます。その場合は、appengine.applications.create 権限が必要です。プロジェクト オーナーは、IAM カスタムロールを使ってこの権限を割り当てることができます。

データベースの作成

新しいデータベース インスタンスを作成するには、Google Cloud Console の Datastore セクションを開きます。
[Datastore] ページに移動

Firestore: ネイティブ モードまたは Datastore モード

新しい Firestore データベースを作成する場合、ネイティブ モードまたは Datastore モードで Firestore を使用できます。

次のデータベース オプションのいずれかを選択します。

  • ネイティブ モードの Firestore

    モバイルアプリやウェブアプリの場合は、ネイティブ モードで Firestore を使用します。Firestore の使用を開始するには、Firestore クイックスタートに進みます。

  • Datastore モードの Firestore

    新しいサーバー プロジェクトの場合は、Datastore モードで Firestore を使用します。Datastore モードの Firestore を選択すると、Datastore モードのシステムの動作を維持しながら、Firestore の改善されたストレージ レイヤを使用できます。

データベースの選択に関するガイドと各機能の比較については、ネイティブ モードと Datastore モードの選択方法をご覧ください。

データの保存

  1. Google Cloud Console の Datastore の [エンティティ] ページに移動します。
    Datastore の [エンティティ] ページに移動する
    このページでは、データの保存、クエリ、更新、削除を行うことができます。
  2. [エンティティを作成] をクリックします。
  3. 以下に示すページが表示された場合は、ロケーションを選択する必要があります(このページが表示されない場合は、次のステップに進みます)。

    ロケーションの選択ページのスクリーンショット

    このロケーションは、Google Cloud プロジェクトの Datastore モード データベースと App Engine アプリケーションの両方に適用されます。
    ロケーションを保存するには、いずれかのロケーションの値を選択してから [次へ] をクリックします。

  4. [エンティティの作成] ページの [名前空間] には [default] を使用します。

  5. [種類] に「Task」と入力します。

  6. [プロパティ] の [プロパティを追加] ボタンをクリックして、以下のプロパティを追加します。

    名前 インデックス登録
    description 文字列 Google Datastore モードの学習
    created 日時 (今日の日付)
    done ブール値 False
    作成ページは次のようになります。

    プロパティを設定したエンティティ作成画面のスクリーンショット

  7. [作成] をクリックします。作成した Task エンティティが Console に表示されます。

これでデータベースにデータが保存されました。

クエリの実行

Datastore モードのデータベースでは、種類または Google Query Language(GQL)に基づいてデータのクエリを実行できます。次にそれぞれの手順を詳しく説明します。

種類別クエリの実行

  1. [種類別のクエリ] をクリックします。
  2. 種類として Task を選択します。

クエリの結果として、作成した Task エンティティが表示されます。

次に、特定の条件に適合するエンティティだけが返されるように結果を制限するクエリフィルタを追加します。

  1. [エンティティをフィルタ] をクリックします。
  2. プルダウン リストで [done]、[=ブール値]、[(false)] を選択します。
  3. [フィルタの適用] をクリックします。作成した Task エンティティの done の値は false であるため、結果に表示されます。 フィルタを適用した種類別クエリのスクリーンショット
  4. ここで、[done]、[=ブール値]、[(true)] と指定したクエリを試します。作成した Task エンティティの done の値は true ではないため、結果には表示されません。

GQL クエリの実行

  1. [GQL によるクエリ] をクリックします。
  2. クエリとして「SELECT * FROM Task」を入力します。Task では大文字と小文字が区別されます。
  3. [クエリを実行] をクリックします。

クエリの結果として、作成した Task エンティティが表示されます。

ここでも、特定の条件に適合するエンティティだけが返されるよう、結果を制限するクエリフィルタを追加します。

  1. SELECT * FROM Task WHERE done=false のようなクエリを実行します。Taskdone では大文字と小文字が区別されます。作成した Task エンティティの done の値は false であるため、結果に表示されます。 フィルタを適用した GQL クエリのスクリーンショット
  2. SELECT * FROM Task WHERE done=true のようなクエリを実行します。作成した Task エンティティの done の値は true ではないため、結果には表示されません。

クリーンアップ

  1. [種類別のクエリ] をクリックし、選択された種類が Task であることを確認します。
  2. [フィルタをクリア] をクリックします。
  3. 作成した Task エンティティを選択します。
  4. [削除] をクリックして、Task エンティティを削除することを確認します。削除すると、このエンティティがデータベースから完全に削除されます。

これでクイックスタートの演習はすべて終了です。

次のステップ