Datastore モードの Cloud Firestore のロケーション

Cloud Firestore を Datastore モードで使用する前に、プロジェクトのデータが保存されているロケーションを選択する必要があります。レイテンシを低減し可用性を高めるため、データを必要とするユーザーとサービスに近いロケーションにデータを保存します。

ロケーションの種類

Datastore モードのデータは、マルチリージョン ロケーションまたはリージョン ロケーションに保存できます。

マルチリージョン ロケーションのデータは、マルチゾーンとマルチリージョンの複製構成で処理されます。データベースの可用性と耐久性を最大限にする場合は、マルチリージョン ロケーションを選択します。マルチリージョン ロケーションでは、リージョン全体が消失しても、データを失うことなく可用性を維持できます。Cloud Datastore のサービスレベル契約では、マルチリージョン ロケーションにリージョン ロケーションよりも高い各月稼働率が定義されています。

リージョナル ロケーションのデータは、マルチゾーンの複製構成で処理されます。アプリケーションで書き込みのレイテンシが重要な場合や、アプリケーションが使用するリソースを他の Google Cloud Platform リソースと併置する場合は、リージョナル ロケーションを選択します。

マルチリージョン ロケーション

マルチリージョン ロケーションは、米国などの地理的なエリアを表しています。マルチリージョン ロケーションは複数のリージョンのロケーションから構成されます。次のマルチリージョン ロケーションが使用できます。

マルチリージョン名 マルチリージョンの説明
europe-west ヨーロッパ
us-central 米国

リージョンのロケーション

リージョンのロケーションは、サウスカロライナなどの特定のロケーションを表します。使用できるリージョンのロケーションは次のとおりです。

リージョン名 リージョンの説明
北アメリカ
us-west2 ロサンゼルス
northamerica-northeast1 モントリオール
us-east1 サウスカロライナ
us-east4 北バージニア
南アメリカ
southamerica-east1 サンパウロ
ヨーロッパ
europe-west2 ロンドン
europe-west3 フランクフルト
europe-west6 チューリッヒ
アジア
asia-south1 ムンバイ
asia-east2 香港
asia-northeast1 東京
asia-northeast2 大阪
オーストラリア
australia-southeast1 シドニー

すべてのリージョンのロケーションは、他のロケーションから 150 km 以上離れています。

ロケーションの選択

Google Cloud Platform プロジェクトのロケーションの設定は、Datastore モードの Cloud Firestore と App Engine の両方に適用されます。どちらかのプロダクトでロケーションを選択すると、Google Cloud Platform プロジェクト全体のロケーションが設定されます。

プロジェクトのロケーションを選択していない場合は、次のいずれかの操作を行うときにロケーションの選択が求められます。

プロジェクトのロケーションの確認

プロジェクトに選択されているロケーションは、次のいずれかの方法で確認できます。

  • gcloud app describe コマンドを実行する。

  • App Engine アプリの 1 つ以上のバージョンがデプロイされている場合に、Google Cloud Platform Console で App Engine ダッシュボードを開く。ダッシュボードの右上隅に表示されるロケーションの情報は、App Engine と Cloud Datastore の両方に該当します。

    以前選択したロケーションのスクリーンショット

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Datastore ドキュメント