Console でのエンティティの編集

このページでは、Google Cloud Platform Console を使用してエンティティを編集する方法について説明します。

エンティティをプログラミングで変更する方法については、エンティティの更新をご覧ください。

始める前に

このページでは、すでにエンティティが作成され、Google Cloud Datastore に保管されていることを前提とします。エンティティの作成は、Google Cloud Datastore API スタートガイドの手順に沿って Cloud Datastore API を使用して行うか、クイックスタートの手順に沿って Cloud Platform Console のエンティティ エディタを使用して行います。

編集するエンティティの選択

  1. Cloud Platform コンソールの [Datastore エンティティ] ページに移動します。
    [Datastore エンティティ] ページに移動
  2. 名前空間、種類、またはプロパティ値のフィルタを指定して、編集するエンティティを特定します。この方法については、クエリの実行をご覧ください。
  3. 編集するエンティティをクリックします。画面は次のようになります。

    エンティティ エディタ

プロパティの編集

  1. [プロパティ] で、編集するプロパティをクリックします。
  2. [プロパティの編集] ペインで、プロパティの [名前]、[種類]、[] を変更します。プロパティをインデックス登録するかどうかを変更することもできます(インデックスにプロパティを追加または除外した場合の影響については除外されたプロパティを参照)。

    プロパティの編集

  3. [完了] をクリックし、[プロパティの編集] ペインを閉じます。

  4. [保存] をクリックし、エンティティを保存します。

    [保存] をクリックするまで、プロパティに加えた変更は Cloud Datastore に保存されません。

プロパティの追加

  1. [プロパティを追加] ボタンをクリックします。
  2. [新しいプロパティ] ペインで、プロパティの名前を指定します。
  3. プロパティのデータ型を表す種類を選択します。
  4. オプションで、プロパティの値を指定します。
  5. プロパティをインデックス登録するかどうかを指定します。インデックスにプロパティを追加または除外した場合の影響については、除外されたプロパティを参照してください。

    プロパティの追加

  6. [完了] をクリックし、[新しいプロパティ] ペインを閉じます。

  7. [保存] をクリックし、エンティティを保存します。

    [保存] をクリックするまで、プロパティに加えた変更は Cloud Datastore に保存されません。

プロパティの削除

エンティティを保存すると、削除保留としてリストされているすべてのプロパティが完全に削除されます。

  1. [プロパティ] で、削除するプロパティをマウスでポイントします。削除アイコンが表示されます。

    プロパティの削除

  2. 削除アイコンをクリックします。

または、プロパティをマウスでポイントして削除アイコンを表示する代わりに、プロパティをクリックして [プロパティの編集] ペインを開き、ここで削除アイコンをクリックすることもできます。

エンティティの保存後は、プロパティの削除を元に戻すことはできません。ただしエンティティを保存する前であれば、削除保留を取り消すことができます。

  • [プロパティ] で、削除保留となっているプロパティについて [元に戻す] をクリックします。

    プロパティの削除の取り消し

プロパティの削除、または削除保留の取り消しが完了したら、[保存] をクリックしてエンティティを保存します。

エンティティの保存

  • [保存] をクリックします。

    エンティティの保存

複合プロパティ

エンティティ エディタでは、ArrayEmbedded entity のような複合型のプロパティがサポートされます。

配列プロパティ

Array プロパティの値を追加または変更する場合は、値を JSON 形式で指定します。

配列プロパティ

[] 項目に無効な JSON を入力すると、エラー メッセージが表示されます。配列プロパティに無効な JSON を指定した場合は、エンティティを保存できません。

埋め込みエンティティ プロパティ

Embedded entity プロパティの値を追加または変更する場合は、値を JSON 形式で指定します。

埋め込みエンティティ プロパティ

[] 項目に無効な JSON を入力すると、エラー メッセージが表示されます。埋め込みエンティティ プロパティに無効な JSON を指定した場合は、エンティティを保存できません。

次のステップ

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。

フィードバックを送信...

Cloud Datastore のドキュメント