API Explorer クイックスタート - クラスタの削除

このページでは、インラインの Google API Explorer テンプレートを使用して、Cloud Dataproc クラスタを削除する方法を示します。同じタスクを、Google Cloud Platform Console を使用して行う方法については Console を使用したクイックスタートで、コマンドラインを使用して行う方法については gcloud コマンドライン ツールを使用したクイックスタートでそれぞれ説明しています。

始める前に

このクイックスタートは、すでに Cloud Dataproc クラスタの作成が完了していることを前提としています。クラスタを作成するには、API ExplorerGoogle Cloud Platform Console、Cloud SDK の gcloud コマンドライン ツールを使用できます。

クラスタの削除

クラスタを削除するには、次のように API Explorer テンプレートに入力します。

  1. projectID 項目にプロジェクト ID(プロジェクト名)を入力します。
  2. 次の項目はテンプレートに自動的に入力されています。

    1. region = "global"。global は、Cloud Dataproc クラスタの作成時のデフォルトのリージョンです。これは特別なマルチリージョンの名前空間であり、Cloud Dataproc クラスタの作成時にすべての Compute Engine ゾーンにインスタンスをグローバルにデプロイできます。別のリージョンにクラスタを作成した場合は(API Explorer - クラスタの作成を参照)、「global」をクラスタのリージョンの名前に置き換えます。
    2. clusterName = "example-cluster"。これは、削除される Cloud Dataproc クラスタの名前です(前回のクイックスタートで作成されました。API Explorer - クラスタの作成を参照)。名前が異なる場合は、作成したクラスタの名前でこの名前を置き換えます。
  3. [実行] をクリックします。ダイアログが開き、デフォルトの https://www.googleapis.com/auth/cloud-platform スコープを確認するように求められます。ダイアログの [許可] をクリックして、リクエストをサービスに送信します。すぐに(通常、1 秒もかかりません)、example-cluster が保留中であることを示す JSON レスポンスがテンプレートの下に表示されます。

クラスタが削除されたことは、GCP Console の [クラスタ] で確認できます。

これで、Google API Explorer を使用して Cloud Dataproc クラスタを削除しました。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Dataproc ドキュメント
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。