パイプラインのエクスポートとインポート

このページでは、JSON 形式でパイプライン構成をエクスポートまたはインポートする方法について説明します。これらの JSON ファイルは、次のシナリオで役立ちます。

  • パイプラインを設計環境から実行環境に移動する。
  • パイプラインを新しい Cloud Data Fusion のバージョンまたはインスタンスに移行する。
  • トラブルシューティング

パイプラインのエクスポート

パイプラインを JSON 形式でエクスポートするには、次の操作を行います。

  1. Cloud Console で、[インスタンス] ページに移動します。

    [インスタンス] に移動

  2. [インスタンスの表示] をクリックします。

  3. Cloud Data Fusion の [リスト] ページを開きます。

  4. 目的のパイプラインに対して、[] をクリックします。

  5. [エクスポート] をクリックします。

  6. JSON ファイルを保存します。

パイプラインのインポート

パイプラインをインポートする環境またはインスタンスで、次の操作を行います。

  1. Cloud Data Fusion の [スタジオ] ページを開きます。
  2. [インポート] をクリックします。
  3. パイプラインをエクスポートしたときに保存した JSON ファイルをアップロードします。
  4. 省略可: プラグインのバージョンをアップグレードするように求められる場合があります。[すべて修正] をクリックします。 特定のプラグインが見つからない場合は、プロンプトに従って Hub からインストールします。
  5. (省略可)パイプラインでカスタム プラグインを使用していて、プラグインが見つからなかったウィンドウにプロンプトが表示される場合は、まずそのカスタム プラグインをデプロイしてから、パイプラインを再度インポートする必要があります。

パイプラインが [Studio] ページで開きます。パイプラインをそのままデプロイするには、[デプロイ] をクリックします。

詳細

パイプラインは JSON 形式でエクスポートされます。このファイルには、ソース、シンク、それらの間の接続に関する情報が含まれています。

パイプラインのデプロイ後に作成したトリガーは含まれません。 これらのトリガーの詳細を取得するには、別の環境で再作成します。

次のステップ