リソースの割り当て

Compute Engine では、さまざまな理由から、使用できるリソースの割り当て量を制限しています。たとえば、割り当て量を制限して予期しない使用量の急増を防ぐことで Google Cloud Platform ユーザーのコミュニティを保護しています。 また、Google Cloud Platform の無料トライアル用にプロジェクトでのアクセスを制限した特別な割り当てもあります。

割り当て量はすべてのプロジェクトで同じとは限りません。Google Cloud Platform の利用期間に応じて、長く利用するほど割り当て量は増加していきます。使用量の大幅な増加が見込まれる場合は、事前に Cloud Platform Console の [割り当て] ページから割り当て量の調整をリクエストすることができます。

リソースの割り当てを適用する

リソースの割り当ては、その種類のリソースを利用できる場合に作成可能なリソースの最大量を示したものです。 割り当てが適用されているからといって、そのリソースを常に利用できるわけではありません。リソースを利用できない場合は、地域やプロジェクトに対する割り当てが残っていても、その種類のリソースを作成することはできません。これは、地域割り当ての場合に特に注意が必要です。特定の地域でリソースを利用できなければ、割り当てが残っているかどうかに関係なく、その種類のリソースは作成できません。たとえば、利用できるローカル SSD がない地域では、ローカル SSD の割り当てが残っていてもローカル SSD を作成することはできません。このような場合は、地域のリソースを別の地域で利用してください。

割り当て量を確認する

プロジェクトで利用できるリソースの割り当て量は、Google Cloud Platform Console の [割り当て] ページで確認できます。

gcloud を使用する場合は、次のコマンドで割り当て量を確認できます。 myproject は自分のプロジェクト ID に置き換えてください。

gcloud compute project-info describe --project myproject

地域の使用済み割り当て量を確認するには、次のコマンドを実行します。

gcloud compute regions describe example-region
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Compute Engine ドキュメント