Airflow コマンドライン インターフェース

Apache Airflow には、Airflow 環境を管理するために使用できるコマンドライン インターフェース(CLI)が含まれています。CLI は、ワークフローの管理、Airflow 環境の変更、ログ情報の取得などのタスクに役立ちます。

Cloud Composer では、Google Cloud SDK で Airflow CLI コマンドが簡素化されています。インストールの完了後は、gcloud コマンドライン ツールを使用して gcloud composer environments run コマンドを実行し、Airflow CLI サブコマンドを実行できます。

始める前に

Cloud Composer 環境で、gcloud コマンドライン ツール(Airflow CLI)にアクセスするには、次の権限が必要です。

  • composer.environments.get
  • container.clusters.get
  • container.clusters.list
  • container.clusters.getCredentials

詳細については、Cloud Composer のアクセス制御をご覧ください。

制限事項

Airflow の resetdb コマンドは使用しないでください。このコマンドは、Cloud Composer が設定した接続を含むデータベースを消去します。

Airflow CLI コマンドの実行

次のコマンドを使用して、Cloud Composer 環境で Airflow CLI コマンドを実行できます。

gcloud composer environments run ENVIRONMENT_NAME \
    --location LOCATION SUBCOMMAND

ほとんどの gcloud composer コマンドにはロケーションが必要です。--location フラグを使用するかデフォルトのロケーションを設定することによりロケーションを指定できます。

たとえば、Cloud Composer 環境で ID 5077 を使用して sample_quickstart という名前の DAG をトリガーするには、次のようにします。

gcloud composer environments run test-environment \
    --location us-central1 trigger_dag -- sample_quickstart \
    --run_id=1234

たとえば、test/ ディレクトリ内の DAG の構文エラーを確認するには、次のようにします。

gcloud composer environments run test-environment \
     --location us-central1 \
     list_dags -- -sd /home/airflow/gcs/data/test
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...