Google Cloud SDK の使用

このページでは、Cloud SDK の使用を開始する方法について説明します。これにより、Cloud SDK を使用して Cloud Composer 環境を管理できます。

Cloud Composer API の使用に加えて、Cloud SDKgcloud composer コマンドを使用して Cloud Composer 環境の管理、アクセスを行えます。

Cloud SDK には gcloud コマンドライン ツールが用意されています。このツールを使用して、Cloud Composer などの Google Cloud サービスを操作できます。

始める前に

  • gcloud ツールは API を使用して Cloud Composer にアクセスします。そのため、gcloud コマンドライン ツールを使用して Cloud Composer にアクセスするには、事前に API を有効にしておく必要があります。
    Cloud Composer API を有効にする
  • ローカル クライアントに Cloud SDK をインストールします。

gcloud コマンドライン ツールの使用

gcloud ツールを使用するにあたっては、Cloud SDK のドキュメントをご確認ください。--help フラグを使用すると、ツール、リソース、コマンドについてのヘルプを表示できます。

gcloud composer environments --help

--help フラグで表示されるヘルプは、gcloud composerCloud SDK リファレンスでも確認できます。

ローカル クライアントでデフォルトのプロジェクトとロケーションを設定する

大部分の gcloud composer コマンドでは、ロケーションを指定する必要があります。--location フラグを使用するかデフォルトのロケーションを設定することでロケーションを指定できます。

Cloud Composer のデフォルトのプロジェクトとロケーションを設定するには、次の手順を行います。

  1. デフォルトのプロジェクトを設定するには、次のコマンドを入力します。
    gcloud config set project PROJECT_ID

    PROJECT_ID は、Cloud Composer 環境が属する Google Cloud プロジェクトの ID です。

  2. Cloud Composer のロケーションを構成するには、次のコマンドを入力します。
    gcloud config set composer/location LOCATION

    LOCATION は、us-central1europe-west1 などのサポートされているリージョンです。

  3. (省略可)gcloud ツールの構成を一覧表示するには、次のコマンドを入力します。
    gcloud config list

次のステップ