従量課金制の請求をモニタリングする

このページの内容は Apigee に適用されます。Apigee ハイブリッドには適用されません。

Apigee Edge のドキュメントを表示する。

Apigee の従量課金制料金の見積もり、表示、確認に使用できるツールがいくつかあります。このトピックでは、課金管理者または組織管理者が次のことを行う方法について説明します。

必要なロールと権限

プロジェクトの課金を表示してアラートを構成するには、次のロールが必要です。

  • Apigee 組織管理者roles/apigee.admin
  • 請求先アカウント閲覧者 (roles/billing.viewer)

料金を見積もる

Apigee の従量課金制を使用すると、以下の要因に基づいて料金が請求されます。

  • リージョンあたりのアクティブな環境の数。
  • プロキシに対する API 呼び出しの数。
  • 使用されているプロキシ デプロイ ユニットの数。

上記のリソース使用量の条件を使用すると、次の 2 つの方法で今後の請求額を見積もることができます。

  • Google Cloud 料金計算ツールを使用する。
  • 使用状況データを Apigee の料金表と比較する。

リソースの使用量を表示してモニタリングする方法については、従量課金制のリソース使用量を表示するをご覧ください。

Google Cloud 料金計算ツールを使用する

料金計算ツールを使用すると、使用料金の概算を計算できます。

  1. Google Cloud 料金計算ツールを開きます。

    料金計算ツールに移動

  2. Apigee プロダクトを選択または検索します。
  3. [Apigee Pay-as-you-go] プロダクトタブを選択します。
  4. 料金の見積もりに使用する環境の名前を入力します。
  5. 計画している Apigee インスタンスまたは既存の Apigee インスタンスについて、次の情報を入力します。
    • リージョン: 選択した環境がデプロイされているリージョンの数を入力します。
    • リージョンごとの標準プロキシ デプロイ: 環境にデプロイされている Standard API プロキシの数をリージョンごとに入力します。
    • リージョンごとの拡張プロキシ デプロイ: 環境にデプロイされた拡張 API プロキシの数をリージョンごとに入力します。
    • 標準 API プロキシ呼び出し: この環境に対する毎月の標準 API プロキシ呼び出しの平均数を任意の測定単位(1,000、100 万、10 億)で入力します。
    • 拡張可能 API プロキシ呼び出し: この環境に対する毎月の拡張可能 API プロキシ呼び出しの平均数を任意の測定単位(1,000、100 万、10 億)で入力します。
    • アドオン:
      • [Analytics] チェックボックスをオンにすると、従量課金制の有効な中間環境または包括的な環境で Apigee API Analytics アドオンを有効にする費用を見積もることができます。
      • [API Security] チェックボックスをオンにすると、従量課金制の有効な中間環境または包括的な環境で Advanced API Security アドオンを有効にする費用を見積もることができます。API Security アドオンを有効にするには、Apigee Analytics が必要です。
  6. [Add To Estimate] をクリックします。

見積もりが生成されたら、後で参照できるように、見積もりをメールで送信できます。また、保存やダウンロードも可能です。

このほかに、Google Cloud ネットワーク料金が適用されて請求されます。料金計算ツールを使うと、ネットワーク データ転送、Cloud Load Balancing、Cloud DNS、Cloud KMS、Compute Engine サービスなどの料金を見積もりに追加できます。その他のプロダクトやサービスの費用見積もりについては、従量課金制の料金の例をご覧ください。

使用状況データを料金情報と比較する

現在の使用状況データをこちらのの料金と比較することで、今後の請求額の概算を見積もることもできます。

パフォーマンスを最適化する Apigee ポリシーとターゲットの実装に関するベスト プラクティスについては、テストに使用される API プロキシをご覧ください。その他の推奨事項については、アンチパターンの概要をご覧ください。

請求書を確認する

Apigee の従量課金制の請求書では、前述の 3 つの従量制リソースに対応する使用量の詳細を確認できます。このセクションでは、次の方法を説明します。

  • Cloud Billing で請求書を確認する。
  • Apigee の請求 SKU がリソースの使用状況にどのように対応するかを確認する。

請求書を Cloud Billing で確認する

Cloud Billing で従量課金制の請求書を表示する方法は次のとおりです。

  1. Google Cloud コンソールで [お支払い] ページを開きます。

    [お支払い] に移動

  2. 請求先アカウントが複数ある場合は、[リンクされた請求先アカウントに移動] を選択して、現行プロジェクトの請求先アカウントを表示します。別の請求先アカウントを確認するには、[請求先アカウントを管理] を選択し、表示するアカウントを選択します。
  3. レポートを選択します。
  4. [フィルタ] メニューがまだ開いていない場合は、[フィルタを表示] をクリックします。
  5. [期間] フィールドで [使用日] を選択して、特定の期間の請求の現在のスナップショットを表示します。または、[請求月] を選択して、特定の請求書の請求額を表示します。
  6. [グループ条件] > [SKU] の順に選択します。
  7. [サービス] プルダウン リストから [Apigee] を選択します。請求に含まれる SKU のリストが表示されます。
  8. SKU のリストをフィルタするには、[SKU] プルダウン リストから表示する SKU を選択します。

    注: これらの SKU のうち、使用量が 0 であるものは、[グループ条件] > [SKU] プルダウン メニューには表示されません。

請求書について

従量課金制のお支払いプランの請求書を確認すると、以下の SKU が 1 つ以上含まれていることがあります。

料金設定属性 SKU SKU ID 料金
リージョンあたりのアクティブな環境の数
Apigee のアクティブな基本環境の使用時間 C112-9373-5FC4 1 リージョン、1 時間あたり $0.5
Apigee のアクティブな中間環境の使用時間 421B-D6C0-52A2 1 リージョン、1 時間あたり $0.5
Apigee のアクティブな包括的環境の使用時間 01C8-CFFA-106E 1 リージョン、1 時間あたり $4.7 USD
プロキシに対する API 呼び出しの数
Apigee 標準 API 呼び出し: Apigee 標準 API プロキシによって処理された API 呼び出しの数 49D4-8AAF-6094

$0.00002/呼び出し(最大 5,000 万)

$0.000016/呼び出し(5,000 万~5 億)

$0.000013/呼び出し(5 億超)

Apigee 拡張可能 API 呼び出し: Apigee 拡張可能 API プロキシによって処理された API 呼び出しの数 023D-4D0B-712E

$0.0001/呼び出し(最大 5,000 万)

$0.00008/呼び出し(5,000 万~5 億)

$0.000064/呼び出し(5 億超)

使用されているプロキシ デプロイ ユニットの数
基本環境での Apigee プロキシ / 共有フローデプロイの使用時間 20F4-DE1D-0E80 $0(最大 20 デプロイ ユニット、超過不可)
中間環境での Apigee プロキシ / 共有フローデプロイの使用時間 4836-1B91-161A $0(最大 50 デプロイ ユニット、超過不可)
包括的環境での Apigee プロキシ / 共有フローデプロイの使用時間 477D-FA48-D913 $0(最大 100 デプロイ ユニット、超過不可)
包括的環境での Apigee プロキシ / 共有フローのデプロイ ユニットの超過使用量 71C2-1AC1-805B 1 リージョン、1 時間あたり $0.04
Apigee API Analytics サービスによって処理された API リクエストの数
Apigee API Analytics アドオン: Apigee Analytics サービスによって処理された API リクエストの数 D062-B5FB-5C59 $20(Apigee API Analytics API 呼び出し 100 万回あたり)
Apigee Advanced API Security サービスによって処理された API リクエストの数
Apigee Advanced API Security アドオン: Apigee Advance API Security サービスによって処理された API リクエストの数 572E-C6FE-7BB3 $20(Advanced API Security API 呼び出し 100 万回あたり)

請求書を検証するには、SKU ページで上記の各リソースの SKU の詳細な料金をご覧ください。

請求レポートと費用傾向の表示については、請求レポートと費用傾向の表示をご覧ください。

Cloud Billing アラートを構成する

Google Cloud コンソールの [予算とアラート] ページでアラートを作成すると、請求可能な料金または予測料金が設定済みの予算を超えたときに通知を受け取ることができます。

請求アラートを構成するには、予算しきい値のルールとアクションを設定するの説明に従ってください。予算とアラートの設定に必要なロールと権限の詳細などについては、Cloud Billing のドキュメントをご覧ください。

請求に関する質問への回答を入手する

その他の一般的な課金についての質問がある場合は、次のリソースをご利用ください。