上限

Apigee X のドキュメントを表示中。
Apigee Edge のドキュメントを表示する。

API プログラム実装を作成、管理、確認する際は、プロダクトの構成に関する次の上限に注意してください。Apigee プロダクトは、これらの上限内で構成する場合において、安定性とパフォーマンスが確保されるように設計されています。構成の上限内に収まっていることを追跡して確実にするのは、お客様の責任です。これらの上限を超えると、API レイテンシの増加、API スループットの低下、API 呼び出しの失敗といった症状が 1 つ以上現れる可能性があります。上限超過による例外に関連するサポートケースを提出したお客様は、必要な変更を構成に加えるよう求められる場合があります。

上限は自動的に適用される場合とそうでない場合があります(下の表で「現在の適用状況」の列をご覧ください)。Apigee が現在適用されていない上限を自動的に適用させる場合、影響を受けるユーザーが事前に是正措置を取れるよう、Apigee は上限の自動適用について通知するための商業上合理的な努力を払います。

Apigee に適用される構成の上限と、Apigee ハイブリッドに適用される構成の上限があります。これらの上限は、Apigee の料金とは無関係です。

機能領域 上限 Apigee X
現在の適用状況
Apigee ハイブリッド
現在の適用状況

Apigee API

ユーザー、サービス アカウント、Apigee UI の起動 6,000/分
Synchronizer による起動 1,000/分 該当なし
UDCA による起動 6,000/分 該当なし

メッセージ ロギング

メッセージ ロギング ペイロード 11 MB 計画済み 計画済み

API プロキシ

API プロキシまたは共有フローの zip ファイルのバンドル サイズ 15 MB
履歴に保持される API プロキシ リビジョン数 250
API プロキシのリソース ファイルサイズ(XSL、JavaScript、Python、JAR などのファイル) 15 MB
環境ごとのデプロイ済み API プロキシと共有フロー(組み合わせ)

60 回のデプロイ、そのうち最大 50 回がプロキシ デプロイ

適切な構成の例:

  • 50 個のプロキシ、10 個の共有フロー
  • 30 個のプロキシ、30 個の共有フロー
  • 5 個のプロキシ、55 個の共有フロー

誤った構成の例:

  • 55 個のプロキシ、5 個の共有フロー
  • 51 個のプロキシ
API プロキシ エンドポイント

使用状況を確認:
/apis/revisions
プロキシ バンドルを確認

5
環境あたりのリソース数 100

割り当て

分散された割り当ての同期間隔 10 秒以上 計画済み
最大割り当て間隔 1 年 計画済み 計画済み
最小割り当て間隔 1 分 計画済み 計画済み

SpikeArrest

Rate 1 秒あたりの上限: 1,000(1,000 ps)
1 分あたりの上限: 60,000(60,000 pm)
計画済み 計画済み

永続性: キャッシュ、KVM、プロパティ セット

環境スコープでのキャッシュ数 100 計画済み 計画済み
キャッシュキーのサイズ 2 KB 計画済み
キャッシュ値のサイズ 256 KB 計画済み
キャッシュの有効期限 1 秒以上、30 日以下 計画済み 計画済み
キャッシュ リソースの削除率 1 分あたり 計画済み
キャッシュ内のアイテム キャッシュあたり 1,000 万件 計画済み 計画済み
KVM 内のアイテム数 500 万 計画済み 計画済み
組織スコープでの Key-Value マップ(KVM)数 100 計画済み
環境スコープでの Key-Value マップ(KVM)数 100 計画済み 計画済み
プロキシ スコープでの Key-Value マップ(KVM)数 4250(組織にデプロイできる API プロキシの最大数) 計画済み 計画済み
Key-Value マップ(KVM)のキーのサイズ 2 KB 計画済み 計画済み
Key-Value マップ(KVM)値のサイズ 10 KB 計画済み 計画済み
環境ごとの環境スコープにあるプロパティ セット 10 計画済み 計画済み
環境ごとのプロキシ スコープにあるプロパティ セット 60 回のデプロイ、そのうち最大 50 回がプロキシ デプロイ 計画済み 計画済み
プロパティ セットファイルのサイズ (100 + 1024) * 100 = ~110KB 計画済み 計画済み

キー、デベロッパー、アプリ

コンシューマ キー(API キー)のサイズ 2 KB 計画済み
コンシューマ シークレットのサイズ 2 KB 計画済み
デベロッパー、デベロッパー アプリ、API プロダクト、OAuth アクセス トークン、その他の Apigee エンティティに設定可能なカスタム属性の数 18 計画済み
カスタム属性名のサイズ 1 KB 計画済み
カスタム属性値のサイズ 2 KB 計画済み
組織あたりのデベロッパー数 100 万 計画済み
アプリあたりの API キー 10 計画済み 計画済み
デベロッパーあたりのアプリ数 10 計画済み 計画済み
組織あたりのアプリの数 100 万 計画済み
API キーあたりの API プロダクト数 50 計画済み 計画済み
アプリあたりの API プロダクト数 100 計画済み 計画済み
組織あたりの API プロダクト数 5,000 計画済み

API プロダクト

[API Resources] > [Proxies] 100 計画済み 計画済み
API リソース > パス 25 計画済み 計画済み
REST と GraphQL のオペレーション 50 計画済み 計画済み
環境 85 計画済み 計画済み

OAuth

OAuth アクセス トークンの有効期限 180 秒以上、30 日以下
OAuth 更新トークンの有効期限 1 日以上、2 年以下
OAuth アクセス トークンと更新トークンのサイズ 2 KB 計画済み
外部 OAuth アクセス トークンのサイズ 2,048 バイト 計画済み
OAuth トークンに設定可能なカスタム属性数 18 計画済み
カスタム属性名のサイズ 1 KB 計画済み
カスタム属性値のサイズ 2 KB 計画済み

環境および組織

組織あたりの環境の数 Apigee: 最大 85。ただし、契約によって異なります
Apigee ハイブリッド: 85
組織あたりの環境グループの数 Apigee: 最大 85
Apigee ハイブリッド: 85
組織あたりの環境グループ アタッチメント数 100
組織あたりのインスタンス数 5
リージョンあたりのインスタンス数 1
リージョンあたりの環境 お客様の VPC ピアリング ネットワーク内の割り当て済み IP アドレスの数によって異なります。
  • /16 CIDR ブロック: 85 環境
  • /17 CIDR ブロック: 85 環境
  • /18 CIDR ブロック: 49 環境
  • /19 CIDR ブロック: 23 環境
  • /20 CIDR ブロック: 11 環境
該当なし
組織あたりのリージョン数 6 該当なし
環境グループあたりのホスト名の数 100
キーあたりのエイリアス数 100
組織あたりのデベロッパー ポータル数 100

ポータルあたりのデベロッパー アカウント数

80 万 計画済み 計画済み
ポータルあたりの開発チーム数 20 万 計画済み 計画済み
1 人のデベロッパーがメンバーとして参加できるデベロッパー チームの最大数 64
デベロッパー チームの最大メンバー数 100
環境あたりのキーストア数 100
組織あたりの Kubernetes クラスタ数 5 該当なし 計画済み
Cassandra クラスタあたりの組織数 5 該当なし 計画済み
環境あたりのターゲット サーバー数 1,000 計画済み 計画済み
環境あたりのトラストストア数 1,000

ポータル

ポータルあたりの最大ページ数 1,000
ポータルごとの公開 API または API プロダクトの最大数 1,000
ポータルごとの最大 API カテゴリ数 200
ポータルあたりの最大メニュー項目数 200
ポータルあたりの最大ファイル数 500
最大ファイルサイズ 10 MB
ポータルあたりの最大オーディエンス数 16
オーディエンスごとの最大デベロッパー アカウント数 80 万(最大ユーザー数) 計画済み 計画済み
オーディエンスごとの最大デベロッパー チーム数 20 万

システム

ターゲットの接続タイムアウト 600 秒 計画済み 計画済み
API プロキシ リクエストの URL のサイズ 10 KB
リクエスト ヘッダーのサイズ 60 KB
レスポンス ヘッダーのサイズ 60 KB

リクエスト / レスポンスのサイズ(非ストリーミング リクエストとストリーミング リクエストの両方)

一般的な API のパターンは、画像、ドキュメント、書式なしテキスト / JSON などの大量のデータを取得することです。10 MB を超えるデータサイズの場合、Apigee では署名付き URL パターンをおすすめします。Cloud Storage などの他の Google サービスでは、このパターンを使用してリファレンス実装を提供しています。

10 MB

非ストリーミング: はい

ストリーミング: いいえ

計画済み
TLS / DTLS handshake メッセージの最大サイズ 128 KB(131,072 バイト)

デバッグ セッション

デバッグ セッション プロジェクトごとに 1 分あたり 100 回の API 呼び出しを作成
セッションあたりのデバッグ トランザクション数 UI を使用する場合 15、
デフォルト = API を使用する Message Processor あたり 10
デバッグ ペイロード(トランザクションあたり) 上限なし
分散トレースの構成可能な最大サンプリング レート 0.5

Analytics API(API 呼び出しのみ。UI を使用する場合は適用されません)

同期レポートを介してクエリを実行できる最大の時間範囲

14 日

計画済み
環境ごとの Asynchronous Query API の呼び出し 1 時間あたり 7 回の呼び出し × ×
環境あたりの Data Export API の呼び出し

1 か月あたり 70 回の呼び出し

10 個の同時実行エクスポート ジョブ

API Monitoring

データの保持期間

6 週間

上記の情報は、現在のプロダクトの上限を表しています。投稿または一般公開の際に、プロダクトの機能や上記の上限が変更されることがあります。