Cloud DNS リソースの割り当て

概要

Cloud DNSでは、さまざまな理由から、使用できるリソースの割り当て量を制限しています。たとえば、割り当て量を制限し、予期しない使用量の急増を防ぐことで、Google Cloud Platform ユーザーのコミュニティが保護されています。また、割り当て量は、無料枠でGCPを試しているユーザーをトライアルに留めておくのにも役立ちます。

すべてのプロジェクトは同じ割り当て量で開始しますが、追加の割り当て量をリクエストすることで変更できます。一部の割り当て量は、プロダクトの使用状況に応じて自動的に増える場合があります。

権限

割り当て量の表示や、割り当て量の増加のリクエストを行うには、IAM メンバーは以下のいずれかの役割を持つ必要があります。

タスク 必要な役割
プロジェクトの割り当て量をチェックする プロジェクトのオーナーまたは編集者、または割り当て閲覧者
割り当て量の変更、割り当て量の追加のリクエストを行う プロジェクトのオーナーまたは編集者割り当て管理者serviceusage.quotas.update 権限を持つカスタム役割

割り当て量を確認する

GCP Console で、[割り当て] ページに移動します。

gcloud コマンドライン ツールを使用して以下のコマンドを実行し、割り当て量を確認します。[PROJECT_ID] は、実際のプロジェクト ID に置き換えます。

    gcloud compute project-info describe --project [PROJECT_ID]

リージョンの使用済み割り当て量を確認するには、次のコマンドを実行します。

    gcloud compute regions describe example-region

割り当てを超えたときのエラー

gcloud コマンドで割り当てを超えた場合、gcloudquota exceeded エラーメッセージを出力し、終了コード 1 を返します。

API リクエストで割り当てを超えた場合、GCP は次の HTTP ステータス コードを返します。HTTP 413 Request Entity Too Large

追加の割り当てをリクエストする

GCP Console の [割り当て] ページから、割り当て量の追加をリクエストします。割り当てのリクエストが処理されるまで、24~48 時間かかります。

  1. [割り当て] ページに移動します。

    [割り当て] ページに移動

  2. [割り当て] ページで、変更する割り当てを選択します。
  3. ページ上部にある [割り当てを編集] ボタンをクリックします。
  4. 名前、メールアドレス、電話番号を入力して、[次へ] をクリックします。
  5. 割り当てリクエストを入力して、[次へ] をクリックします。
  6. リクエストを送信します。

リソースの可用性

各割り当て量は、リソースを使用できるという前提で、作成可能な特定のリソースタイプの最大数を表します。割り当て量によって、リソースの可用性が保証されるわけではない点に注意することが重要です。割り当て量が使用可能でも、新しいリソースを使用できなければ、そのリソースを作成することはできません。たとえば、us-central1 リージョンで新しいリージョンの外部 IP アドレスを作成するための割り当て量が十分にあっても、そのリージョンに使用可能な外部 IP アドレスがない場合、外部 IP アドレスの作成はできません。ゾーンリソースの可用性は、新しいリソースを作成できるかにも影響を及ぼす可能性があります。

リージョン全体でリソースを使用できない状況はまれですが、ゾーン内のリソースが使い果たされることはあります。通常、そのリソースタイプの SLA に影響はありません。詳細については、リソースの関連するサービスレベル契約(SLA)を確認してください。

以下の各セクションでは、Cloud DNS ゾーン、レコード、リソース レコードのサイズについて、それぞれの割り当てと上限を説明します。

プロジェクトごとのクエリの件数

次の表は、各プロジェクトの重要なグローバル割り当てを示しています。他の割り当てについては、[割り当て] ページをご覧ください。

項目 割り当て
100 秒ごとのユーザーあたり API クエリ数 割り当て 100 秒の間に IAM ユーザーが Cloud DNS API に発行できる API リクエストの最大数。

上限

割り当ては追加をリクエストできますが、上限の引き上げについては、特に明記のない限りできないのが一般的です。

API の使用

1 日あたりの API リクエスト(クエリ)数は、プロジェクト レベルで管理されます。gcloud コマンドライン ツールと Google Cloud Platform Console を通じて作成したリクエストを含むすべての API リクエストの数は、この上限の計算対象となります。

リソース上限

項目 上限
マネージド ゾーン 10,000 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
マネージド ゾーンあたりのリソース レコード(RR)セット 10,000 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
RR セットあたりのレコード数 100 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
変更あたりの追加 1,000 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
変更あたりの削除 1,000 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
変更あたりのリソース レコード データ サイズ 100,000 バイト この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
ラベルの組み合わせの数 1,000 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
マネージド ゾーンあたりのラベル数 キーまたは値あたりラベル 64 個および 128 バイト この上限を増やすことはできません。
転送ゾーン内の転送ターゲット数 50 この上限を増やすことはできません。
代替ネームサーバー内の転送ターゲット数 50 この上限を増やすことはできません。
マネージド ゾーンあたりのネットワーク数 100 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
プロジェクトあたりのポリシー リソース数 100 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
ポリシー リソースにバインドされる VPC ネットワーク数 100 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
限定公開マネージド ゾーン リソースにバインドされる VPC ネットワーク数 100 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。
VPC ネットワークにバインドされるマネージド ゾーン リソース数 10,000 この上限を増やす必要がある場合は、GCP セールスチームにお問い合わせください。

次のコマンドを実行して、プロジェクトでの上限を検索できます。次の例では、my-project プロジェクト内の各種オブジェクトの合計の上限を示しています。totalRrdataSizePerChange はバイト単位で測定され、変更の追加と削除の両方を合計したものです。

gcloud dns project-info describe my-project
id: my-project,
kind: "dns#project",
number: "123456789012",
quota:
    kind: dns#quota,
    managedZones: 10000,
    resourceRecordsPerRrset: 10000,
    rrsetAdditionsPerChange: 1000,
    rrsetDeletionsPerChange: 1000,
    rrsetsPerManagedZone: 10000,
    totalRrdataSizePerChange: 100000,
    labelSets: 1000

デフォルトのプロジェクトとその他のプロジェクトの名前は、Google Cloud Platform Console の [ホーム] ページの上部で確認できます。

ネームサーバーの上限

Cloud DNS では、各一般公開マネージド ゾーンを 5 つのネームサーバー シャードのいずれかに割り当てます。シャードとは、権威ネームサーバー名の中で番号の前に記述されている文字です。たとえば、ns-cloud-e1 から ns-cloud-e4E シャードです。

同じ DNS 名を持つ複数のゾーンを、同じシャードに割り当てることはできません。したがって、同じ DNS 名で作成できるゾーンは 5 つまでとなります(この上限は、Google Cloud 上のすべてのプロジェクトとユーザーに対して課されます)。Cloud DNS で同じ DNS 名の 5 つ目のゾーンが作成されると、他の誰もその DNS 名を使用できなくなります。そのため、5 番目のゾーンを作成しようとすると、ドメインの所有権を TXT レコードで確認するよう求められます。

Cloud DNS では、domain.exampleany.sub.domain.example のようなサブドメイン DNS 名を持つゾーンには異なるシャードを割り当てます。したがって、Cloud DNS 上でホストされているサブドメインは、最大 5 つのレベルの委任されたゾーンを作成できます。委任されていないサブドメインと、他の DNS サービス上でホストされている委任は、この上限の計算対象には含まれません。

5 つのシャードがすべて子サブドメインに使われている場合、その親ドメインにはマネージド ゾーンを作成できません。この問題を回避するには、サブドメインにゾーンを作成する前に、必ずその親ドメインにマネージド ゾーンを作成します。

シャードを先に使い切ってしまった場合は、以下の手順に沿って親ドメイン用にシャードを開放してください。

  1. 各サブドメインのゾーンのネームサーバーを確認して、そのゾーンのシャードを特定します。
  2. マネージド ゾーンが最も少ない(重要度が最も低い)シャード(X)を探します。
  3. シャード X にあるゾーンを他の DNS サービスにエクスポートします(さらに、そのゾーンの委任を変更します)。
  4. 元の委任の TTL が経過した後、シャード X のサブドメインのマネージド ゾーンを削除します。
  5. 親ドメインのマネージド ゾーンを作成すると、そのゾーンがシャード X に割り当てられます。
  6. サブドメインの削除したマネージド ゾーンを復元します。その場合、サブドメインを復元してから、そのサブサブドメインを復元します。これらのサブドメインは新しいシャードに存在することになるので、そのすべてで更新した委任が必要です。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud DNS のドキュメント