インポートとエクスポートのオペレーションのステータスを確認する

このページでは、Cloud SQL のインポートとエクスポートのオペレーションのステータスを確認する方法について説明します。

各ステータス メッセージには以下が含まれています。

  • タイムスタンプ
  • ステータス(保留中、実行中、完了)
  • オペレーションの詳細を含むメッセージ

ステータスの確認

インポートまたはエクスポートのステータスを確認するには:

Console

  1. Google Cloud Platform Console で Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL インスタンス ページに移動

  2. インスタンスを選択します。
  3. [オペレーション] を選択します。

    最近のオペレーションがリストの上部に表示されます。メッセージの説明に「インポート」または「エクスポート」が含まれるものを探してください。

gcloud

インポートまたはエクスポートのオペレーションのステータスを確認するには、次のコマンドを実行します。

gcloud sql operations list --instance [INSTANCE_NAME] --limit 10

インポートおよびエクスポートのオペレーションでは、TYPE フィールドに IMPORT または EXPORT が含まれます。これらのオペレーションのステータスは STATUS フィールドに格納されます。

特定のオペレーションの詳細を一覧表示したり、特定のオペレーションが完了するまで待つように指定したりできます。このコマンドの詳細については、gcloud sql operations コマンド リファレンスのページをご覧ください。

Cloud Storage バケットへエクスポートした場合は、バケットにある Cloud SQL によって作成されたログファイルでもエクスポートのステータスについて確認できます。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...