クイックスタート: Cloud Shell から Cloud SQL for PostgreSQL に接続する

Cloud Shell から Cloud SQL for PostgreSQL に接続する

このページでは、PostgreSQL インスタンスを作成して接続し、Google Cloud Console とクライアントを使用して基本的な SQL オペレーションを実行する方法を説明します。このクイックスタートで作成されるリソースにかかる費用は、クリーンアップを含む手順を適切なタイミングで完了した場合、通常 1 ドル未満です。

始める前に

  1. Google Cloud アカウントにログインします。Google Cloud を初めて使用する場合は、アカウントを作成して、実際のシナリオでの Google プロダクトのパフォーマンスを評価してください。新規のお客様には、ワークロードの実行、テスト、デプロイができる無料クレジット $300 分を差し上げます。
  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  4. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタに移動

  5. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。詳しくは、プロジェクトで課金が有効になっているかどうかを確認する方法をご覧ください。

  6. 必要な Google Cloud APIs を有効にします。

    Console

    Google Cloud Console の [API] ページに移動します。

    [API] に移動

    Cloud SQL Admin API を有効にします。

    gcloud

    次のボタンをクリックして Cloud Shell を開きます。これにより、ブラウザから Google Cloud リソースにコマンドラインで直接アクセスできます。Cloud Shell を使用して、このクイックスタートで紹介する gcloud コマンドを実行できます。

    Cloud Shell を開く

    Cloud Shell を使用して、次のように gcloud services enable コマンドを実行し、このクイックスタートに必要な API を有効にします。

    gcloud services enable sqladmin.googleapis.com

    このコマンドにより、次の API が有効になります。

    • Cloud SQL Admin API

Cloud SQL の設定

Cloud SQL インスタンスを作成する

このクイックスタートでは、Google Cloud Console を使用します。Google Cloud CLI、cURL、PowerShell を使用するには、インスタンスの作成をご覧ください。

  1. Google Cloud コンソールで Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] に移動

  2. [インスタンスを作成] をクリックします。
  3. [PostgreSQL を選択] をクリックします。
  4. [インスタンス ID] に「myinstance」と入力します。
  5. postgres ユーザーのパスワードを入力します。
  6. [作成] をクリックします。

    インスタンスのリストに戻ります。新しいインスタンスをすぐにクリックして詳細を表示できますが、初期化と起動が完了するまで他のオペレーションには使用できません。

インスタンスへの接続

このクイックスタートでは、Cloud Shell の psql クライアントを使用してインスタンスに接続します。

  1. Google Cloud Console で、右上隅の Cloud Shell アイコン(Cloud Shell アイコン)をクリックします。

    Cloud Shell の初期化が完了すると、次のようなメッセージが表示されます。

    Welcome to Cloud Shell! Type "help" to get started.
    Your Cloud Platform project in this session is set to sample-project.
    Use "gcloud config set project [PROJECT_ID]" to change to a different project.
    username@sample-project:~ (sample-project)$
    
  2. Cloud Shell プロンプトで、Cloud SQL インスタンスに接続します。次のように gcloud sql connect コマンドを使用します。インスタンス名が異なる場合は、インスタンス名を置き換えてください。

    gcloud sql connect myinstance --user=postgres
    
  3. メッセージ ボックスで [承認] をクリックして、Cloud Shell に API 呼び出しを承認します。

    ご使用の IP を受信接続の許可リストに登録していることを示すメッセージが表示され、その後、パスワードの入力を求めるプロンプトが表示されます。

  4. postgres のパスワードを入力します。

    psql プロンプトが表示されます。

データベースの作成とデータのアップロード

  1. Cloud SQL インスタンスに SQL データベースを作成します。
    CREATE DATABASE guestbook;
    
  2. 次のコマンドを入力してパスワードを指定し、データベースに接続します。
    \connect guestbook;
    
  3. データベースにサンプルデータを挿入します。
    CREATE TABLE entries (guestName VARCHAR(255), content VARCHAR(255),
                            entryID SERIAL PRIMARY KEY);
    INSERT INTO entries (guestName, content) values ('first guest', 'I got here!');
    INSERT INTO entries (guestName, content) values ('second guest', 'Me too!');
    
  4. データを取得します。
    SELECT * FROM entries;
    
    結果は次のとおりです。
      guestname   |   content   | entryid
    --------------+-------------+---------
     first guest  | I got here! |       1
     second guest | Me too!     |       2
    (2 rows)
    postgres=>
    

クリーンアップ

このページで使用したリソースについて、Google Cloud アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

  1. Google Cloud コンソールで Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] に移動

  2. myinstance インスタンスを選択して [インスタンスの詳細] ページを開きます。
  3. ページ上部にあるアイコンバーで、[削除] をクリックします。
  4. インスタンスの削除ウィンドウでインスタンスの名前を入力し、[削除] をクリックします。

省略可能なクリーンアップ手順

このクイックスタートで有効にした API を使用しない場合は、無効にすることができます。

  • このクイックスタートで有効にした API:
    • Cloud SQL Admin API
  1. Google Cloud Console の [API] ページに移動します。

    [API] に移動

  2. Cloud SQL Admin API を選択し、[API を無効にする] ボタンをクリックします。

次のステップ