インスタンスの復元の概要

このページでは、バックアップからインスタンスを復元する前に理解すべき情報を説明します。

復元する方法について詳しくは、インスタンスの復元をご覧ください。

復元の実行についての全般的なヒント

バックアップから同じインスタンスや別のインスタンスにインスタンスを復元する場合は、次の点に留意してください。

  • 復元オペレーションは、ターゲット インスタンスのすべてのデータを上書きします。
  • 復元オペレーション中は既存の接続が失われるため、ターゲット インスタンスは接続に使用できません。
  • リードレプリカがあるインスタンスに復元する場合は、すべてのレプリカを削除し、復元オペレーションの完了後に再作成する必要があります。

別のインスタンスに復元するためのヒントと要件

別のインスタンスにバックアップを復元する場合は、次の制限やベスト プラクティスに留意してください。

  • 別の GCP プロジェクトで取得したバックアップを使用してインスタンスを復元することはできません。
  • ターゲット インスタンスは、バックアップの取得元であるインスタンスと同じデータベース バージョンである必要があります。

  • ターゲット インスタンスのストレージ容量は、バックアップされるインスタンスの容量と同じかそれ以上である必要があります。使用中のストレージ容量は関係ありません。

  • ターゲット インスタンスは RUNNABLE の状態である必要があります。

  • ターゲット インスタンスは、バックアップが取られたインスタンスとはコアの数が異なっていたり、メモリの量が異なっていたりしても構いません。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...