Python 開発環境の設定

このチュートリアルでは、Google Cloud Platform(GCP)上で実行する Python アプリの開発を含め、Python 開発用にローカルマシンを準備する方法を説明します。

開発環境がすでに設定されている場合は、Python と GCP を参照して GCP 上で Python アプリを実行する方法の概要を確認してください。

目標

  • Python 2 と Python 3 の最新バージョンのインストール
  • virtualenv のインストールと使用
  • エディタのインストール(省略可)
  • Cloud SDK のインストール(省略可)
  • Python 用の Cloud クライアント ライブラリのインストール(省略可)
  • その他の便利なツールのインストール

Python をインストールする

Python のインストール手順は、オペレーティング システムによって異なります。開発環境で実行しているオペレーティング システム(macOS、Windows、Linux)のガイドに従ってください。

macOS

macOS にはデフォルトで Python 2 のバージョンが含まれており、独自の目的に使用されています。macOS との干渉を避けるために、別の開発環境を作り、Python 2 と Python 3 の最新版をインストールすることをおすすめします。Python 2 と Python 3 をインストールするには、homebrew を使用します。

  1. Homebrew を使用して Python と Python パッケージをインストールするには、Xcode のコマンドライン ツールをインストールしてコンパイラを入手する必要があります。

    xcode-select --install
    
  2. Homebrew のホームページの手順に従って Homebrew をインストールし、Homebrew を使用して Python 2 と Python 3 の両方をインストールします。

    brew install python@2 python
    
  3. インストールが完了したら、Python 2 と Python 3 の両方がそれぞれ python2python3 として利用できること、pip2(Python 2 の場合)と pip3 (Python 3 の場合)がパッケージ管理ツールとしてインストールされていることを確認します。

    Python 2 が利用可能であることを確認するには、次のコマンドを実行します。

    $ python2 --version
    

    バージョンが出力されます。

    2.7.13
    

    Python 3 が利用可能であることを確認するには、次のコマンドを実行します。

    $ python3 --version
    

    バージョンが出力されます。

    3.6.1
    

    pip2 が利用可能であることを確認するには、次のコマンドを実行します。

    $ pip2 --version
    

    バージョンが出力されます。

    9.0.1
    

    pip3 が利用可能であることを確認するには、次のコマンドを実行します。

    $ pip3 --version
    

    バージョンが出力されます。

    9.0.1
    

    実際の Python のバージョンは、ここに示されている以降のバージョンになる場合があります。

Windows

  1. Python 2 と Python 3 を Windows 環境にインストールするには、Python のウェブサイトから Python 2 と Python 3 両方の最新バージョンのインストーラをダウンロードします。

    • 各バージョンをインストールするときは、必ず両方のバージョンに対して [PATH に Python を追加] オプションを選択してください。これを行わなかった場合は、Python のインストール ディレクトリと Scripts フォルダをパスに追加する必要があります(例: C:\Python27\;C:\Python27\Scripts\)。

    • Python 3 をインストールするときは、Windows 用の Python ランチャーを必ずインストールしてください。これはデフォルトで有効になります。

  2. お使いのバージョンの Python にアクセスするには、Windows 用 Python ランチャーを使用します。

    インストールした最新バージョンの Python を起動するには、次のコマンドを実行します。

    py
    

    インストールした最新バージョンの Python 2 を起動するには、次のコマンドを実行します。

    py -2
    

    インストールした最新バージョンの Python 3 を起動するには、次のコマンドを実行します。

    py -3
    

    利用可能な pip のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

    pip --version
    

    C:\python27\lib\site-packages(Python 2.7.13)から取得したバージョンが出力されます。

    pip 9.0.1
    

    pip3 が利用可能であることを確認するには、次のコマンドを実行します。

    pip3 --version
    

    C:\users\[USERNAME]\appdata\local\programs\python\python36-32\lib\site-packages(Python 3.6)から取得したバージョンが出力されます。

    pip 9.0.1
    

    実際の Python と pip のバージョンは、ここに示されている以降のバージョンになる場合があります。

Linux

ほとんどの Linux ディストリビューションには、最新バージョンの Python が含まれています。

  1. Python 2 と Python 3 を Linux 環境にインストールするには、ご使用のディストリビューションに適したパッケージをインストールしてください。Debian と Ubuntu の場合、パッケージは、pythonpython-devpython3python3-dev です。

    次のコマンドを使用してこれらのパッケージをインストールします。

    sudo apt update
    sudo apt install python python-dev python3 python3-dev
    
  2. pip もインストールする必要があります。Debian やその他のほとんどのディストリビューションには python-pip パッケージが含まれていますが、pip を自分でインストールして、最新バージョンを入手することをおすすめします。

    wget https://bootstrap.pypa.io/get-pip.py
    sudo python get-pip.py
    
  3. インストールが完了したら、pip がインストールされていることを確認します。

    $ pip --version
    

    /usr/local/lib/python2.7/dist-packages(Python 2.7)から取得したバージョンが出力されます。実際の pip のバージョンは、ここに示されている以降のバージョンになる場合があります。

    pip 9.0.1
    

virtualenv ツールをインストールして使用する

virtualenv は隔離された Python 環境を作成するツールです。隔離された環境では、それぞれ個別のバージョンの Python パッケージを指定できます。これにより、プロジェクトの依存関係を他のプロジェクトの依存関係から分離できます。Python を使用してローカルに開発する場合は、常にプロジェクトごとに仮想環境を使用することをおすすめします。

  1. virtualenv をグローバルにインストールします。

    macOS

    pip2 install --upgrade virtualenv または pip3 install --upgrade virtualenv を使用してください。

    Windows

    Python 2 または Python 3 で pip をインストールするには、pip install --upgrade virtualenv を使用してください。

    Linux

    Python 2 または Python 3 で pip をインストールするには、pip install --upgrade virtualenv を使用してください。

  2. virtualenv がインストールされたら、プロジェクト内に仮想環境を作成できます。virtualenv により、env フォルダに Python のインストール全体の仮想コピーが作成されます。

    macOS

    --python フラグで virtualenv で使用する Python バージョンを指定します。

    cd your-project
    virtualenv --python python3 env
    

    Windows

    --python フラグで virtualenv で使用する Python バージョンを指定します。

    cd your-project
    virtualenv --python python3 env
    

    Python のインストール ディレクトリへのフルパスの指定が必要になることがあります。

    virtualenv --python "c:\python36\python.exe" env
    

    Linux

    --python フラグで virtualenv で使用する Python バージョンを指定します。

    cd your-project
    virtualenv --python python3 env
    
  3. コピーが作成されたら、次のように仮想環境を有効化して、Python の virtualenv のパスを shell に通します。

    macOS

    source env/bin/activate
    

    Windows

    .\env\Scripts\activate
    

    Linux

    source env/bin/activate
    
  4. これにより、他のプロジェクトやグローバルの Python インストールに影響を与えずにパッケージをインストールできます。

    pip install google-cloud-storage
    

    仮想環境の使用をやめてグローバル Python に戻る場合は、無効化できます。

    deactivate
    

virtualenv に関する詳細については、Python ガイドまたは virtualenv のドキュメントをご覧ください。

エディタをインストールする

Python アプリの開発にはエディタが必要です。よく使用されるエディタには次のものがあります(順不同)。

Cloud SDK をインストールする

Cloud SDK は、Google Cloud Platform(GCP)用のツールセットです。ツールには、gcloudgsutilbq が含まれています。これらを使用してコマンドラインから Compute Engine、Cloud Storage、BigQuery、その他のプロダクトやサービスにアクセスできます。これらのツールはインタラクティブに実行することも、自動スクリプトで実行することもできます。

Python 用 Cloud クライアント ライブラリをインストールする

JetBrains による Python 用 Cloud クライアント ライブラリを使用して、Python デベロッパーは Cloud Datastore や Cloud Storage などの GCP プロダクトと統合します。Cloud Storage などの個々の API のパッケージをインストールするには、次のようなコマンドを使用します。

pip install --upgrade google-cloud-storage

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...