冗長性の確保を目的とした既存の接続の複製

Dedicated Interconnect 接続が 1 つある場合、2 番目の接続を作成すると、冗長接続を確立できます。1 つの接続で障害が発生しても、もう一方の接続でトラフィックの処理を継続できるように、冗長性を確保することをおすすめします。

冗長性のある Interconnect 接続を作成するには、既存の接続と同じ大都市圏(都市)にある、別のエッジ アベイラビリティ ドメイン(都市のアベイラビリティ ゾーン)で接続を作成する必要があります。この条件を満たさないと、冗長な接続にはなりません。

Console

既存の相互接続の都市を探すには:

  1. Google Cloud Console で、Cloud Interconnect の [物理接続] タブに移動します。

    [物理接続] に移動

  2. 詳細ページで表示する既存の Interconnect 接続を選択します。

  3. [詳細] セクションでロケーションの住所を確認し、都市名をメモします。これは、冗長接続を構成する都市です。

冗長 Interconnect 接続を作成するには:

  1. Google Cloud Console で、[物理接続] タブに移動します。

    [物理接続] に移動

  2. [接続の設定] をクリックします。

  3. [Dedicated Interconnect] を選択し、[続行] をクリックします。

  4. [新しい専用の相互接続を注文] を選択し、[続行] をクリックします。

  5. Interconnect 接続の詳細を指定します。

    • 名前: Interconnect 接続の名前。この名前は Cloud Console に表示され、gcloud コマンドライン ツールでこの接続を参照するために使用されます(例: my-interconnect-redundant)。
    • ロケーション: [選択] を選択して、既存の Interconnect 接続のある都市をリストから選択します。同じ施設(複数のエッジ アベイラビリティ ドメインをサポートしている場合)または別の施設を選択します。都市とエッジ アベイラビリティ ドメインのリストについては、コロケーション施設のロケーションの選択をご覧ください。
    • 容量: Interconnect 接続の合計容量。注文する回線の数とサイズによって決まります。既存の相互接続と同じ値を使用します。
  6. [次へ] をクリックします。

  7. [冗長相互接続を作成する] チェックボックスをオフにし、[続行] をクリックして SLA メッセージを閉じます。

    通常、Interconnect 接続を作成するときは、2 番目の冗長接続を注文することをおすすめします。この場合は、既存の接続に冗長接続を作成しているため、別の接続を注文する必要はありません。

  8. 省略可: エッジ アベイラビリティ ドメイン(都市のアベイラビリティ ゾーン)を選択します。

    選択したロケーションに複数のエッジ アベイラビリティ ドメインがある場合、特定のゾーンを選択できます。冗長性を作成する既存の Interconnect 接続を含まないゾーンを選択します。同じ都市に追加の接続がない場合、Cloud Console によって適切なゾーンが選択されます。

  9. [次へ] をクリックします。

  10. 連絡先情報を指定します。

    • 会社名: 接続を要求する権限を持つ当事者として LOA に追加する組織の名前。
    • 技術面に関する連絡先: この接続に関する通知が送信されるメールアドレス。お客様ご自身のアドレスを入力する必要はありません。すべての通知に表示されます。アドレスは 1 つだけ指定できます。
  11. 注文を確認します。Interconnect 接続の詳細と連絡先情報が正しいことを確認します。すべてが正しい場合は、[注文] をクリックします。正しくない場合は、前に戻って接続の詳細を編集してください。

  12. 注文確認ページで次の手順を確認して、[完了] を選択します。

gcloud

既存の相互接続の都市を探すには:

  1. 既存の Interconnect 接続を指定して、ロケーションを表示します。

    gcloud compute interconnects describe INTERCONNECT_NAME
    

    出力で、location フィールドを確認します。このフィールドに、https://www.googleapis.com/compute/...<example>.../sin-zone1-388 などの URL が表示されます。URL の最後の部分がロケーション名です(例: sin-zone1-38)。

  2. 前の手順で確認したロケーション名を使用して、都市を表示するロケーションを指定します。

    gcloud compute interconnects locations describe LOCATION_NAME
    

冗長 Interconnect 接続を作成するには:

  1. 冗長 Interconnect 接続を配置する施設を選択します。ロケーションのリストから、同じ都市にあり既存の接続と異なるエッジ アベイラビリティ ドメインにあるロケーションを選択します。

    たとえば、既存の Interconnect 接続が iad-zone2-1 にある場合、アッシュバーンでゾーン 1 にあるロケーション(iad-zone1-1 など)を選択します。冗長接続を作成するときに、このロケーション名が必要になります。

  2. 選択したロケーションに冗長 Interconnect 接続を作成します。

    gcloud compute interconnects create INTERCONNECT_NAME \
       --customer-name=NAME \
       --interconnect-type=DEDICATED \
       --link-type=LINK_TYPE \
       --location=LOCATION_NAME \
       --requested-link-count=NUMBER_OF_LINKS \
      [--noc-contact-email=EMAIL_ADDRESS] \
      [--description=STRING]
    

    次の値を置き換えます。

    • INTERCONNECT_NAME: Interconnect 接続の名前。この名前は Cloud Console に表示され、gcloud コマンドライン ツールでこの接続(my-interconnect-redundant など)を参照するために使用されます。
    • NAME: 接続を要求する権限を持つ当事者として LOA に追加する組織の名前。
    • LINK_TYPE: Interconnect 接続の回線ごとの容量。既存の接続と同じ値を使用します。
      • 既存の接続が 10 Gbps 回線で構成されている場合は、LINK_TYPELINK_TYPE_ETHERNET_10G_LR に置き換えます。
      • 既存の接続が 100 Gbps 回線で構成されている場合は、LINK_TYPELINK_TYPE_ETHERNET_100G_LR に置き換えます。
    • LOCATION_NAME: 前のステップで選択したロケーションの名前。
    • NUMBER_OF_LINKS: link-type タイプの回線の数。既存の接続と同じ値を使用します。たとえば、既存の接続に 8 x 10 Gbps(80 Gbps)の回線がある場合、この数は 8 となります。既存の接続に 2 x 100 Gbps(200 Gbps)の回線がある場合、この数は 2 となります。
    • EMAIL_ADDRESSSTRING: 省略可。NOC の連絡先については、1 つのメールアドレスしか指定できません。すべての通知に含まれているため、ご自身のアドレスを入力する必要はありません。

Interconnect 接続を注文すると、Google から確認メールが送信され、ポートが割り当てられます。割り当てが完了すると、接続用の LOA-CFA が生成され、メールで送信されます。自動メールはすべて、NOC の連絡先と Interconnect 接続を注文した連絡先に送信されます。

接続がプロビジョニングされ、光レベルと IP 接続をテストした場合にのみ、Interconnect 接続を使用できます。

次のステップ