プロビジョニングの概要

Dedicated Interconnect 接続を作成する際には、相互接続を正常に作成して構成するために、次の手順を実行する必要があります。

1. Dedicated Interconnect を注文する
相互接続の詳細を指定して注文を送信します。Google から注文確認メールが送信されます。リソースが割り当てられた後に、LOA-CFA が添付された別のメールを受け取ります。
2. LOA-CFA を送信する
LOA-CFA をベンダーに送信します。ベンダーが Google のピアリング エッジとオンプレミス ネットワークとの相互接続をプロビジョニングします。24 時間後に、割り当てられた各ポートの光レベルのテストが自動的に開始されます。
3. 相互接続をテストする

Google が 2 種類のテストの設定情報が含まれる自動メールを送信します。まず、相互接続内のすべての回線の光レベルをテストするための IP 構成を送信します。これらのテストに合格した後で、Google は最終的な IP 構成を送信して、各相互接続の本番環境用の設定の IP 接続をテストします。

これらの設定をルーターに適用し、Google が接続を確認できるようにします。構成を適用しない(または間違って適用する)と、Google はトラブルシューティング情報が含まれる自動メールを送信します。すべてのテストに合格したら、相互接続を使用できるようになります。

4. VLAN アタッチメントを作成して BGP セッションを確立する

相互接続を使用する準備ができたら、VPC ネットワークをオンプレミス ネットワークに接続する必要があります。これを行うには、目的の VPC ネットワーク内の既存の Cloud Router を指定して、VLAN アタッチメントを作成します。アタッチメントからの情報を使用して、Cloud Router とオンプレミス ルーターの間の BGP セッションを確立し、ネットワーク間でトラフィックの送信を開始します。