Cloud ML ランタイム バージョン リスト

Google Cloud Machine Learning は、ランタイム バージョンの指定に基づくイメージを使用して、トレーニングと予測のリクエストを処理するようにクラウド リソースを設定します。このページでは、ランタイム バージョンとそれらの構成パッケージの一覧を示します。ランタイム バージョンの詳細と、それらの使用方法については、バージョニングの概要をご覧ください。

完全な Cloud ML Engine ランタイム バージョンとしてまだサポートされていないバージョンの TensorFlow でトレーニングしたい場合は、トレーニング用のカスタム バージョンの TensorFlow を指定する方法をご覧ください。

サポートされる Cloud ML ランタイム バージョン

トレーニング ジョブを実行し、オンライン予測とバッチ予測の両方を処理するために、次のバージョンがサポートされています。

バージョン パッケージ リリース日 最終更新
1.4 TensorFlow 1.4.0 および 1.4.1
次の PyPI パッケージ:
numpy 1.12.1
pandas 0.19.2
scipy 0.19.0
scikit-learn 0.18.1
sympy 1.0
statsmodels 0.8.0
oauth2client 2.2.0
httplib2 0.9.2
python-dateutil 2.6.0
argparse 1.4.0
six 1.10.0
PyYAML 3.12
wrapt 1.10.10
crcmod 1.7
google-api-python-client 1.6.2
python-json-logger 0.1.7
gcloud 0.18.3
subprocess32 3.2.7(Python 3 のトレーニングで実行中に削除されました)
wheel 0.30.0a0
WebOb 1.7.2
Paste 2.0.3
tornado 4.5.1
grpcio 1.3.0
requests 2.13.0
webapp2 3.0.0b1
google-cloud-logging 1.0.0
次の Ubuntu パッケージ:
curl
libcurl3-dev
wget
zip
unzip
git
vim
build-essential
ca-certificates
ca-certificates-java
pkg-config
rsync
libatlas-base-dev
liblapack-dev
gfortran
python3.5
python3-dev
python3-pip
python3-setuptools

python2.7
python-dev
python-setuptools
gdb
openjdk-8-jdk
openjdk-8-jre-headless
g++
zlib1g-dev
libio-all-perl
module-init-tools
libsnappy-dev
libyaml-0-2
python-opencv
2017 年 12 月 11 日

ランタイム バージョン 1.4 では、TensorFlow 1.4.0 をオンライン予測に、1.4.1 をバッチ予測とトレーニングに使用しています。

Python 3.5 は、ランタイム バージョン 1.4 のトレーニングに使用できます。Python 3 の Ubuntu パッケージ(太字で表示)は、Python 3 のトレーニングで動作するときにインストールされます。

1.2 TensorFlow 1.2.0
次の PyPI パッケージ:
numpy 1.12.1
pandas 0.19.2
scipy 0.19.0
scikit-learn 0.18.1
sympy 1.0
statsmodels 0.8.0
oauth2client 2.2.0
httplib2 0.9.2
python-dateutil 2.6.0
argparse 1.4.0
six 1.10.0
PyYAML 3.12
wrapt 1.10.10
crcmod 1.7
google-api-python-client 1.6.2
python-json-logger 0.1.7
gcloud 0.18.3
subprocess32 3.2.7
wheel 0.30.0a0
WebOb 1.7.2
Paste 2.0.3
tornado 4.5.1
grpcio 1.3.0
requests 2.13.0
webapp2 3.0.0b1
google-cloud-logging 1.0.0
次の Ubuntu パッケージ:
curl
libcurl3-dev
wget
zip
unzip
git
vim
build-essential
ca-certificates
ca-certificates-java
pkg-config
rsync
libatlas-base-dev
liblapack-dev
gfortran
python2.7
python-dev
python-setuptools
gdb
openjdk-8-jdk
openjdk-8-jre-headless
g++
zlib1g-dev
libio-all-perl
module-init-tools
libsnappy-dev
libyaml-0-2
python-opencv
2017 年 6 月 27 日

ランタイム バージョン 1.2 は、1.0 で使用されている Debian Jessie バージョンの代わりに、Ubuntu 16.04 OS ベースイメージを使用しています。

1.0 TensorFlow 1.0.1
次の PyPI パッケージ:
numpy 1.12.1
pandas 0.17.1
scipy 0.17.0
scikit-learn 0.17.0
sympy 0.7.6.1
statsmodels 0.6.1
oauth2client 2.2.0
httplib2 0.9.2
python-dateutil 2.5.0
argparse 1.2.1
six 1.10.0
PyYAML 3.11
wrapt 1.10.8
crcmod 1.7
google-api-python-client 1.5.1
python-json-logger 0.1.5
gcloud 0.18.1
subprocess32 3.2.7
wheel 0.30.0a0
WebOb 1.6.2
Paste 2.0.3
tornado 4.3
grpcio 1.0.1
requests 2.9.1
webapp2 3.0.0b1
google-cloud-logging 0.22.0
次の Debian パッケージ:
curl
libcurl3-dev
wget
zip
unzip
git
vim
build-essential
ca-certificates
pkg-config
rsync
libatlas-base-dev
liblapack-dev
gfortran
python2.7
python-dev
python-setuptools
gdb
openjdk-8-jdk
openjdk-8-jre-headless
g++
zlib1g-dev
libio-all-perl
module-init-tools
libyaml-0-2
python-opencv
2017 年 3 月 8 日

これは、v1 Cloud Machine Learning Engine API で現在サポートされているデフォルトの Cloud ML Engine ランタイム バージョンです。

GPU のサポート

GPU が有効な応のマシンには、GPU をサポートする Tensorflow Python パッケージの tensorflow-gpu がプリインストールされています。

他のマシンには通常の tensorflow パッケージがプリインストールされています。

古いランタイム バージョンのサポート

古いメジャーとマイナーのランタイム バージョンは、新しいバージョンがリリースされた後、特定の期間サポートされます。この期間中は、古いランタイム バージョンを使用してモデルのトレーニングや予測の取得を行うことができます。ランタイム バージョンは、その期間より後はサポートされません。

ランタイムが優先されていた後の月数 モデルをトレーニングし、予測を処理できるか
0~12
12+ ×

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Machine Learning Engine(Cloud ML Engine)