Migrate for Compute Engine

Migrate for Compute Engine により、Google Cloud への移行を迅速、柔軟、安全に行えます。

あらゆるビジネスのためのスムーズなエンタープライズ グレードの移行

クラウドへの移行には多くの疑問が付きものです。Google Cloud の Migrate for Compute Engine にはその答えがあります。Migrate for Compute Engine は、オンプレミスの 1 つのアプリケーションを移行する場合や、複数のデータセンターにまたがる 1,000 のエンタープライズ グレードのアプリケーションを移行する場合など、どのような規模でもワークロードを Google Cloud に移行できるように IT チームを支援します。

右側の動画で、当社のお客様である Rackspace Technology が Migrate for Compute Engine のスピードと使いやすさをどのように評価されているかをご確認ください。

リスクの軽減のロゴ

迅速かつ効率的な移行

Migrate for Compute Engine のクラウドコンソール内のシンプルな「as a service」インターフェースと柔軟な移行オプションにより、誰でも簡単に移行にかかる時間と労力を削減できます。複雑なデプロイ、セットアップ、構成を避けることができます。紛らわしくて面倒なクライアントサイドの移行ツール エージェントを排除します。適切な移行ツールを使用することで、移行チームの貴重な時間が節約でき、最も重要なこと、つまりワークロードの移行に時間を使うことができます。

俊敏性の向上のロゴ

大規模な簡素化

Migrate for Compute Engine のスピード、スケーリング、柔軟性を活用することで、移行プログラムを加速できます。1 つのアプリを数クリックで移行したり、グループを使用して 100 のシステムで移行スプリントを実行したりできるだけでなく、Google の Cloud API を使用して社内の移行ファクトリーを構築することも可能です。Migrate for Compute Engine を使用すると、お客様に最適な方法で移行をカスタマイズできます。

時間の節約のロゴ

最小限のダウンタイムとリスク

組み込みのテスト機能によって、移行の前にすばやく簡単に検証できます。クライアントサイドのソフトウェア エージェントがないため、ワークロードが稼働しているネットワークとの間のオープン アクセスが不要であり、ワークロード自体が必要とするリソースに影響を与えることなく、ソースシステムをまったく稼働せずに移行を完了できます。また、手動の手順や実行中のワークロードの中断なしに、ソース ワークロードから宛先にデータを定期的に複製することで、ワークロードのダウンタイムを最小限に抑え、クラウドへの迅速なカットオーバーを可能にします。

費用の削減のロゴ

コストを削減し、スタッフの生産性を向上

サービスとしての Migrate for Compute Engine は、移行の労力と複雑さの軽減に役立ちます。 スピードとシンプルさを活用することで、コストがかかるオンプレミスのハードウェアとソフトウェア ライセンスを回避できます。さらに、Migrate for Compute Engine は、移行先のインスタンスを適正化し、クラウドのオーバープロビジョニングを回避するために役立つ、使用量主導型の分析を提供します。

動画

Migrate for Compute Engine を使用すると Google Cloud への移行がどのように加速するかについて、直接ご確認ください。

Migrate for Compute Engine: 基本

Migrate for Compute Engine では、オンプレミスのデータセンターから Google Cloud Compute Engine に仮想マシンを移行できます。この動画では、Migrate for Compute Engine を使用して、移行を最初から最後まで管理する方法について説明しています。
Migrate for Compute Engine の動画のサムネイル

Migrate for Compute Engine の動画のサムネイル

機能

高度なレプリケーション技術

Migrate for Compute Engine の高度なレプリケーション移行テクノロジーにより、実行中のソースのワークロードが中断されることなく、バックグラウンドで Google Cloud にインスタンス データがコピーされます。

As a service

ネットワーク、暗号化されたディスクなどのカスタマイズのサポートを含め、Migrate for Compute Engine から直接クラウド インスタンスをプロビジョニングします。

移行先の柔軟性

ネットワーク、ディスクなどのカスタマイズのサポートを含め、Migrate for Compute Engine から直接、柔軟なクラウドターゲット(プロジェクト、インスタンス タイプなど)に移行します。

移行前の検証とテスト

Migrate for Compute Engine のテストクローン機能を介した移行前の検証により、本番環境や稼働中のシステムに影響しない隔離された環境内で、本番環境のワークロードやデータを直接クラウドで中断することなくテストできます。

移行グループ

VM グループを使用して、Google Cloud Console 内で移行ウェーブを計画および実行します。ニーズ(例: アプリケーション タイプ、ワークロードの所有権など)に基づいて VM をグループ化し、ワンクリックでグループ移行を実行できるようにします。さらに、グループ内の特定の VM に対し、柔軟性を持って移行操作を実行することができます(例: グループからの一連の VM のテストクローンなど)。

自動的かつシームレスな適応

ドライバやエージェントのインストール、ネットワーキング、ライセンス供与などで自動的かつシームレスにクラウド適応します。オペレーティング システムとバージョンの移行ではほとんどの場合、アプリケーション、イメージ、ネットワーク、ストレージ、ドライバに手動で変更を加える必要がありません。

オンプレミスの使用率レポート

組み込まれているオンプレミスの使用率レポートを活用して移行先のインスタンス サイズを簡単に計画し、クラウドの偶発的なオーバープロビジョニングを防止します。

プログラム可能な移行

Cloud API を使用したプログラム可能なオペレーションにより、任意のオーケストレーション ツールや自動化ツールを使用して移行フローを自動化できます。

Migrate for Compute Engine のサポートにより、Rackspace Technology の GoogleCloud への移行が大幅に加速しました。Migrate for Compute Engine では、カスタムログの配布やその他の整合性の設定ツールによって以前は解決する必要があった、MSSQL や Windows の複雑さの処理が可能です。Migrate for Compute Engine、特に新しいバージョン 5 の使用は非常に簡単で、カットオーバー中のダウンタイムを最小限に抑えながら、カットオーバーを非常に高速化します。これまでのところ、Google Compute Engine への移行に最も適したツールです。

Rackspace、Rackspace Cloud Architecture and Security シニアマネージャー、Matt Richins 氏

料金

Google Cloud に移行するお客様は、追加料金なしで Migrate for Compute Engine ソフトウェアを使用できます。ただし、Compute Engine インスタンス、Cloud Storage、Cloud Monitoring、Cloud Logging、ネットワーク帯域幅など、移行時に使用されたリソースについては、Google Cloud の料金が発生します。

次のステップ

$300 分の無料クレジットと 20 種類以上の Always Free プロダクトを活用して Google Cloud で構築を開始しましょう。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用

次のステップ

プロジェクトを開始してインタラクティブなチュートリアルを体験し、アカウントを管理しましょう。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用
ヒントとベスト プラクティスを入手する