Migrate for Anthos

コンテナ テクノロジーを既存のワークロードで活用。

移行とモダナイゼーションの画像

移行とモダナイゼーションを同時に実現

Migrate for Anthos を使用すると、Kubernetes の安全なマネージド サービスで既存のワークロードをコンテナに簡単に移行し、モダナイズできます。チームは最新のプラットフォームと同じサービス、ポリシー、手法を使用して、既存のアプリケーションをより効率的かつ費用対効果の高い方法でデプロイ、運用、維持できます。

Migrate for Anthos の使用で、Anthos GKEGoogle Kubernetes Engine のコンテナに既存のアプリケーションを移動し、変換するために必要な手作業が最小限に抑えられます。オンプレミス、Compute Engine、その他のクラウドで動作する仮想マシンや物理サーバーをワークロードとして扱えます。

理想的な移行計画の確立の画像

理想的な移行計画の作成

デジタル変革は複数の戦略を組み合わせて行うのが一般的です。コンテナに変換するとメリットがあるワークロードの場合は、Migrate for Anthos を使用すると短期間でスムーズにモダナイズできます。それ以外の、VM として扱ったほうがよいワークロードは、Migrate for Compute Engine を使用してそのまま単純に移行し、GKE との VPC ネットワーク統合を活用します。既存のインフラストラクチャや 1 つの移行パスに縛られた状態をよしとしてはいけません。Google を利用すれば、場所と方法を自由に選択してワークロードを実行できます。

理想的な移行計画の確立の画像

コンテナへ簡単にアップグレード

「アップグレードできない」と IT 部門にあっさり却下されてしまうワークロードもあるでしょうが、Migrate for Anthos を使用すればさまざまな手作業が省けるため、小規模な IT チームであっても、そのようなワークロードの移行とモダナイゼーションが可能です。サーバーと VM からコンテナへの既存のアプリケーション抽出を自動化します。アプリケーションのリライト、または再設計は不要です。これで、企業のコンテナへのアップグレードの妨げとなっていた複雑さやナレッジ格差が解消されます。

モダナイゼーションを促進する利点の活用

最新のプラットフォームの移行と導入を加速すると、既存のアプリケーションと新たに開発されたアプリケーション間で統合ポリシー、管理、スキルセットを使用し、より効率的な業務の運営が実現します。さらに、移行元の環境への対応に必要だった予算を再度割り当てることができるようになったことで、モダナイゼーションを推進し、新たなアプリケーションを開発するための追加資金を獲得できます。

2 日目からのオペレーションを加速する画像

2 日目からのオペレーションを加速する

2 日目からのオペレーションでは、最新の CI / CD パイプライン、画像ベースの管理、望ましい状態の構成に切り替えることで、VM と物理サーバーの維持、パッチ、更新に関連する人件費と費用を節約します。Anthos Service MeshAnthos Config Management、ロールベースのアクセス制御(RBAC)、Cloud Logging などの最新サービスの導入を促進することで、IT 環境を簡単にモダナイズします。ポリシーの適用と管理の統合は、移行済みのアプリケーションと新たに開発されたアプリケーションの両方で実施されます。

仕組み

  • ステップ 1

    オンプレミス、Compute Engine、その他のクラウド、物理サーバーの VM にあるソースから移行するワークロードを特定します。
  • ステップ 2

    Migrate for Anthos を使用して VM のコンテンツを分析し、そのコンテンツの分析結果から画像コンポーネントとデータ コンポーネントを生成します。コンテナ画像ベースの管理に必要な成果物を生成できるように、こうしたコンポーネントに対して評価と検査を実施できます。生成される成果物には、Docker イメージ、Dockerfile、デプロイ YAML、Kubernetes でサポートされるあらゆるタイプのストレージに対応する統合データ ボリュームなどがあります。
  • ステップ 3

    Kubernetes ビルディング ブロック(CRD、CLI)とデプロイ ポリシーを使用して、モダナイゼーション プロセス自体を緻密にオーケストレートします。これにより、ステートフル ワークロードが自動的に変換され、GKE ポッドでコンテナとして実行されるようになります。
  • ステップ 4

    ステートフルなモノリシック アプリケーションがコンテナで稼働すれば、Google Cloud で提供されているマネージド サービスである Anthos、GKE、Service Management、Cloud Monitoring、Cloud Logging などのクラウド ネイティブなツールをすべて利用できるようになります。これで、移行したアプリケーションは、GKE クラスタにデプロイされた他の最新のマイクロサービスすべてと連携して動作します。

料金

Migrate for Anthos を利用した、Google Cloud へのワークロードの移行に料金はかかりません。他の Google Cloud サービス(コンピューティング、ストレージ、ネットワーキングなど)の利用には料金がかかりますが、このツール(Migrate for Anthos)の利用自体に追加費用は発生しません。Migrate for Anthos は、Anthos のサブスクリプションの有無にかかわらず、すべてのお客様にご利用いただけます。

リソース

Google Cloud

使ってみる

Migrate for Anthos

コンテナ テクノロジーを既存のワークロードで活用。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築やお客様のニーズに合ったパートナーの選定をお手伝いいたします。