Migrate for Anthosベータ版

コンテナ テクノロジーを既存のワークロードで活用。

移行とモダナイゼーションの画像

移行とモダナイゼーションを同時に実現

Migrate for Anthos を使用すると、Google Kubernetes Engine(GKE)のコンテナにワークロードを直接変換できます。物理サーバー、オンプレミスの VM、Compute Engine VM、その他のクラウドで動作する VM をワークロードとして扱えるため、手間をかけず柔軟に既存のインフラストラクチャを変換できます。

理想的な移行計画の確立の画像

理想的な移行計画の確立

デジタル変革は複数の戦略を組み合わせて行うのが一般的です。コンテナに変換するとメリットがあるワークロードの場合は、Migrate for Anthos を使用すると短期間でスムーズにモダナイズできます。それ以外の、VM として扱ったほうがよいワークロードは、Migrate for Compute Engine を使用してそのまま単純に移行します。既存のインフラストラクチャや 1 つの移行パスに縛られた状態をよしとしてはいけません。Google を利用すれば、場所と方法を自由に選択してワークロードを実行できます。

理想的な移行計画の確立の画像

コンテナへ簡単にアップグレード

「アップグレードできない」と IT 部門にあっさり却下されてしまうワークロードもあるでしょうが、Migrate for Anthos を使用すればさまざまな手作業が省けるため、小規模な IT チームであっても、そのようなワークロードの移行とモダナイゼーションが可能です。組み込みのテストとストリーミング移行テクノロジーによって、すぐにワークロードをクラウドで起動できるため、企業のモダナイゼーションの妨げとなっていた複雑さやナレッジ格差はもはや問題となりません。

コンテナの利点の活用

ワークロードをコンテナにアップグレードすると、これまで VM に対して必要だった OS レベルのメンテナンス、パッチ適用、セキュリティなどが不要になるうえ、アップグレード後は Anthos、GKE、Istio など、さらに多くのテクノロジーを簡単に導入できるようになります。

Migrate for Anthos には柔軟性があり、従来のアプリからコンテナに移行するタイミングでインフラストラクチャを移行しモダナイズできるので、移行を進めるうえで大きな力となっています。このように、当社は管理対象をインフラストラクチャではなくアプリに集中させ、非常にスムーズで安全な移行の工程を実現できました。手動でコンテナにアップグレードしなければならなかったとしたら、これほどうまくはいかなかったはずです。

- Tyson Foods 社 Cloud Enablement リード アナリスト Luke Webb 氏

仕組み

  • ステップ 1

    オンプレミス、Compute Engine、その他のクラウド、物理サーバーの VM にあるソースから移行するワークロードを特定します。
  • ステップ 2

    デプロイメント ポリシーを使用して GKE からの移行をオーケストレートします。これにより、ステートフル ワークロードが自動的に変換され、GKE ポッドでコンテナとして実行されるようになります。
  • ステップ 3

    ステートフルなモノリシック アプリケーションがコンテナで稼働すれば、GCP で提供されているマネージド サービスである Anthos、GKE、Service Management、Stackdriver などのクラウド ネイティブなツールをすべて利用できるようになります。これで、移行したアプリケーションは、GKE クラスタにデプロイされた他の最新のマイクロサービスすべてと連携して動作します。

リソース

Google Cloud

使ってみる

Migrate for Anthos

コンテナ テクノロジーを既存のワークロードで活用。

さらにサポートが必要な場合

Google のエキスパートが、適切なソリューションの構築や、お客様のニーズに合ったパートナーを見つけるお手伝いをいたします。

このプロダクトはベータ版です。プロダクトのリリース段階の詳細については、こちらをご覧ください。

フィードバックを送信...