仮想マシンとは

仮想マシン(VM)は物理コンピュータのデジタル バージョンです。仮想マシン ソフトウェアは、プログラムとオペレーティング システムの実行、データの保存、ネットワークへの接続、その他のコンピューティング機能の実行が可能です。また、更新やシステム モニタリングなどのメンテナンスを必要とします。複数の VM を 1 台の物理マシン(通常はサーバー)でホストし、仮想マシン ソフトウェアを使用して管理できます。これにより、コンピューティング リソース(コンピューティング、ストレージ、ネットワーク)を必要に応じて複数の VM に分散させて、全体的な効率を向上させることができます。このアーキテクチャは、現在クラウド コンピューティングなどの高度な仮想化リソースの基本的な構成要素を提供します。

Google Cloud のクラウドベースのコンピューティング インフラストラクチャである Compute Engine で利用可能な仮想マシンと VM ファミリーのタイプについてはこちらをご覧ください。

仮想マシンの定義

VM はコンピュータの仮想化されたインスタンスで、オペレーティング システムやオペレーティング システムの実行など、コンピュータとほぼ同じ機能をすべて実行できます。

仮想マシンは物理マシンで実行され、ハイパーバイザと呼ばれるソフトウェアからコンピューティング リソースにアクセスします。ハイパーバイザは、物理マシンのリソースを、必要に応じてプロビジョニングおよび分散できるプールに抽象化し、複数の VM を単一の物理マシンで実行できます。

仮想マシンの用途

VM は仮想化コンピューティング リソースの基本的な構成要素であり、オンラインまたはオンプレミスの仮想マシン用のアプリケーション、ツール、環境の作成において主要な役割を担います。以下に、仮想マシンの一般的なエンタープライズ機能をいくつか示します。

サーバーの統合

VM は、他の VM をホストするサーバーとして設定できます。これにより、より多くのリソースを単一の物理マシンに集中させることで拡散を減らします。

開発環境とテスト環境の作成

VM は、テスト用と開発用の独立した環境として機能し、周囲のインフラストラクチャには影響を与えずに、完全な機能を備えています。

DevOps のサポート

VM は簡単にオンまたはオフにしたり、移行や適応を行ったりして、開発の柔軟性を最大限に高めることができます。

ワークロードの移行を有効にする

VM が提供する柔軟性とポータビリティは、移行に関するイニシアチブのスピードを上げるうえで重要です。

障害復旧と事業継続性の改善

VM を使用してクラウド環境でシステムをレプリケーションすることで、セキュリティと確実性が高まります。クラウド環境は継続的に更新できます。

ハイブリッド環境の作成

VM は、オンプレミス環境とともにクラウド環境を作成するための基盤を提供し、レガシー システムを放棄することなく柔軟性を提供します。

Google Cloud の柔軟な仮想マシンである Compute Engine は、事前定義されたカスタマイズ可能な VM の形でコンピューティング インフラストラクチャを提供します。クラウドの変革を促進するように設計されています。