履歴

[History] ページには、エージェントが関与した会話の簡略バージョンが表示されます。これらのログは時系列となっており、ユーザーとエージェントとのやり取りを大まかに把握できるよう意図されています。

結果をフィルタする

エージェントに関して利用可能な履歴ログは、ページ上部にあるオプションを使用してフィルタできます。これらのオプションについて、左から右の順で説明します。

  • [All platforms] を選択してすべての履歴を表示するか、特定の統合を選択します。
  • すべての会話を表示するか、一致するインテントがなかった会話だけを表示するかを選択します。
  • 履歴ログを表示する期間の開始日を選択します。

エラーとトラブルシューティング

インテント マッチングで問題が発生したインタラクションは、黄色の警告アイコンで示されます。一方、Webhook エラーが発生したインタラクションは、赤色の警告アイコンで示されます。

一覧表示されているインタラクションのオプション()アイコンをクリックすると、トラブルシューティングのオプションが表示されます。

  • View logs in Stackdriver: このオプションを選択すると、トラブルシューティング対象となる、Stackdriver の特定のログブロックが表示されます。詳しくは、Stackdriver のログに記録される Webhook エラーをご覧ください。

  • Go to intent: このオプションを使用して、一致したインテントに直接移動できます。一致したインテントがない場合、このオプションは使用できません。

  • Raw interaction log: このオプションを選択すると、リクエストに含まれる JSON が開きます。

一致しないインテントを修正する

ユーザーの発話がインテントに一致しないと、そのインタラクションには黄色の警告()アイコンが示されます。

[History] ページを使用する目的は、エージェントがユーザーと行った会話を表示することです。したがって、問題を修正する場合は、次のいずれかの方法を使用する必要があります。

  • オプション()アイコンをクリックし、[Go to intent] をクリックします。このオプションを使用してインテントに移動し、インテントが今後一致するよう、トレーニング フレーズをインテントに追加できます。
  • [Training] ページに移動して、一致しないインテントを修正するか、インテントにフレーズを追加します。

Stackdriver のログに記録される Webhook エラー

Webhook でエラーが発生すると、そのインタラクションには赤色の警告()アイコンが示されます。アイコンにカーソルを合わせると、エラーの簡単な説明が表示されます。

そのインタラクションに関する特定のログブロックを表示するには、オプション()アイコンをクリックし、[View logs in Stackdriver] をクリックします。

特定のログをクリックすると、そのログが展開されて詳細が表示されます。

labels セクションには、Dialogflow に固有の値が表示されます。値をクリックすると、同様のログを検索するオプション、またはその値に基づくフィルタを設定するオプションを選択できます。

ラベル 説明
protocol API プロトコルのバージョン。
  • V2
  • V2BETA1
request_id このリクエストに固有の文字列。 生成された文字列。
source リクエストが統合から送信された場合、値が取り込まれます。
  • google
  • facebook
  • kik
  • slack
  • line
  • skype
  • spark
  • telegram
  • tropo
  • twilio
  • twilio-ip
  • twitter
type 記録されたオブジェクトのログタイプ。
  • dialogflow_request
  • dialogflow_response
  • dialogflow_fulfillment_request
  • dialogflow_fulfillment_error_response
  • dialogflow_fulfillment_response

詳しくは、ラベルから指標を作成する方法に関する Stackdriver ドキュメントをご覧ください。

すべてのログにアクセスする

エージェントに関するすべてのログにアクセスするには、そのエージェントの名前の横にある設定()アイコンをクリックします。設定の [General] タブで [LOG SETTINGS] セクションまでスクロール ダウンし、[Open logs] リンクをクリックします。

ページ上部のフィルタを使用して、表示するログを絞り込むことができます。

  • Global: Dialogflow のログを表示するために、このメニューは常に [Global] になっています。
  • All logs: このメニューには、関連するエージェントに対応するオプションがあります。
  • Any log level: このメニューで、表示するログのタイプを選択できます。
  • Time range: このメニューで、表示するログの期間を選択できます。
  • Jump to now: このボタンで、最新のログに移動できます。