Cloud Data Fusion での JDBC ドライバの使用

このページでは、Cloud Data Fusion パイプラインで Java Database Connectivity(JDBC)ドライバを使用する方法を説明します。

Cloud Data Fusion を使用する場合、コードを作成せずに、JDBC を使用してデータベースに接続し、データを読み取り、変換して任意の宛先に読み込むことができます。それには、Cloud Data Fusion インスタンスに JDBC ドライバをアップロードして、データ パイプラインで使用できるように構成する必要があります。

始める前に

Cloud Data Fusion インスタンスを作成する

Cloud Data Fusion グラフィカル インターフェースにアクセスする

このガイドで説明する Cloud Data Fusion グラフィカル インターフェース ページにアクセスには、次の手順に従います。

  1. Cloud Console で [インスタンス] ページを開きます。

    [インスタンス] ページを開く

  2. インスタンスの [操作] 列で、[インスタンスの表示] をクリックします。Cloud Data Fusion グラフィカル インターフェースが開きます。

JDBC ドライバをアップロードする

  1. Cloud Data Fusion グラフィカル インターフェースにアクセスします。 Cloud Data Fusion コントロール センターに移動します。
  2. 緑色の丸いボタンをクリックします。
  3. [Add entity] ウィンドウが開いたら、[Driver] ボックスで [Upload] ボタンをクリックします。
    [Driver] ボックスで、[Upload] ボタンをクリックします。
  4. [Add driver] ウィンドウが開いたら、使用する JDBC ドライバが含まれている JAR ファイルをアップロードします。JAR ファイルの名前は <name>-<version>.jar の形式でなければなりません。JAR ファイルがこの形式に従っていない場合は、アップロードする前に名前を変更します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. [Driver configuration] タブで、次の操作を行います。
    1. [Name] フィールドに、JDBC ドライバの名前を入力します。 入力した名前をメモしておきます。後の手順で、この名前が必要になります。 名前にスペースや特殊文字を使用しないでください。
    2. [Class name] フィールドに、使用している JDBC ドライバの公式 Java クラス名を入力します。
    3. (省略可)説明を入力します。
    4. [Finish] をクリックします。

JDBC ドライバを使用する

  1. Cloud Data Fusion グラフィカル インターフェースにアクセスします。 Cloud Data Fusion Pipeline Studio に移動します。
  2. 左側のナビゲーション パネルで [Source] または [Sink] を選択し、選択するソースまたはシンクをクリックします。ソースまたはシンクを表す矩形がスタジオのキャンバスに表示されます。
  3. ソースまたはシンクにカーソルを合わせます。データベース ソースまたはシンクの [Properties] をクリックします。

    [Properties] ボタンをクリックします。

  4. [Reference name] フィールドに、アップロードの手順で定義したドライバの名前を入力します。

  5. [Configuration] タブの残りのフィールドに値を入力します。

JDBC ドライバを表示する

Cloud Data Fusion コントロール センターでは、アップロードした JDBC ドライバがアーティファクトとして表示されます。JDBC ドライバを表示するには:

  1. Cloud Data Fusion グラフィカル インターフェースにアクセスします。 Cloud Data Fusion コントロール センターに移動します。
  2. [Filter by] プルダウンで [Artifacts] を選択します。JDBC ドライバ情報が記載されたアーティファクト カードが表示されます。
    JDBC ドライバを表示します。

JDBC ドライバを削除する

  1. Cloud Data Fusion グラフィカル インターフェースにアクセスします。 Cloud Data Fusion コントロール センターに移動します。
  2. JDBC ドライバを表示します。[Filter by] プルダウンで [Artifacts] を選択します。
  3. JDBC ドライバのアーティファクト カードの下部にあるゴミ箱ボタンをクリックします。
    JDBC ドライバを削除します。

次のステップ