Cloud Data Fusion インスタンスの作成

このページでは、Cloud Data Fusion インスタンスを作成する方法について説明します。

始める前に

  • Cloud Data Fusion API を有効にします
  • Cloud Data Fusion インスタンスを作成するには、instances.create 権限が必要です。詳細については、アクセス制御をご覧ください。
  • Cloud Data Fusion インスタンスは、Compute Engine のデフォルトのサービス アカウントとして実行されます。利用可能な種類とロールについては、サービス アカウントをご覧ください。
  • デフォルトでは、Cloud Data Fusion はプロジェクト内の Dataproc クラスタを使用してパイプラインを実行します。プロジェクトが Dataproc ネットワークの要件を満たしていることを確認してください。
  • 新しいプロジェクトはデフォルト ネットワークで開始されます。デフォルトのネットワークには、ファイアウォール default-allow-ssh が事前に設定されています。このファイアウォールでは、任意の送信元からネットワーク内の任意のインスタンスへの受信接続が TCP ポート 22 で許可されます。バージョン 6.2.0 より前のバージョンで、Cloud Data Fusion インスタンスで使用されているネットワークに TCP ポート 22 で上り(内向き)を許可するルールが存在しない場合、このルールを作成します。

インスタンスの作成

Console

API が有効になっている場合、Cloud Console の Cloud Data Fusion セクションに [インスタンス] ページが表示され、ここで Cloud Data Fusion インスタンスを作成して管理できます。

  1. [インスタンスを作成] をクリックします。

    [インスタンスの作成] ページを開く

  2. [インスタンス名] を入力します。
  3. インスタンスの [説明] を入力します。
  4. インスタンスを作成する [リージョン] を指定します。
  5. 使用する Cloud Data Fusion の [バージョン] を指定します。
  6. 使用する Cloud Data Fusion の [エディション] を選択します。
  7. Cloud Data Fusion バージョン 6.2.3 以降では、Dataproc で Cloud Data Fusion パイプラインの実行に使用する Dataproc サービス アカウントを指定します。UI では、デフォルトの Compute Engine アカウントを事前に選択します。バージョンに関係なく、サービス アカウントにニーズに適した Identity and Access Management ロールがあることを確認してください。詳しくは、サービス アカウント ユーザーの権限の付与をご覧ください。
  8. 追加設定を指定します。その他の設定を指定しなければ、次のデフォルトが使用されます。

    カテゴリ
    設定
    説明
    デフォルト
    エディション
    Developer、Basic、Enterprise
    インスタンスとパイプラインの機能
    Basic
    詳細オプション
    プライベート IP
    プライベート IP アドレスを有効にする
    プライベート IP アドレスを使用する Cloud Data Fusion インスタンスを作成します
    無効
    支援 Cloud Logging サービスを有効にする
    Cloud Logging を有効にするオプション
    無効
    ロギングとモニタリング Cloud Logging サービスを有効にする
    Cloud Logging を有効にするオプション
    無効

    Cloud Monitoring サービスを有効にする
    Cloud Monitoring を有効にするオプション
    無効
    ラベル
    <キー> <値> ペア
    Compute Engine VM など、基になる関連リソースにアノテーションを付けるために使用する、インスタンスのリソースラベル。ラベルキーとラベル値に使用できるのは、文字、数字、ダッシュ、アンダースコアのみです。ラベルキーの先頭は文字または数字にする必要があります。
    なし

  9. [作成] をクリックします。インスタンスの作成プロセスが完了するまで 30 分ほどかかります。

Cloud Data Fusion がインスタンスを作成している間、[インスタンス] ページのインスタンス名の横に進捗状況が表示されます。完了すると、インスタンスの使用を開始できることを意味する緑色のチェックマークに変わります。

API

インスタンスの作成

Cloud Data Fusion REST API を使用して Cloud Data Fusion インスタンスを作成するには、instances.create API リクエストを作成し、Instance リソースに構成情報を入力します。

次のステップ