Google アド マネージャー用の Compute Engine

Compute Engine を使用すると、Google のインフラストラクチャでホストされる仮想マシン(VM)インスタンスをリアルタイム ビッダーの入札ロジックに使用できます。このサービスは、Google アド マネージャーの入札ロジックをホストするのに最適ですが、他のエクスチェンジのビッダーをホストする際にも使用できます。

この機能により、現在、物理インフラストラクチャ上で入札ロジックをホストしているユーザーは、Google が提供する仮想マシン上で、同じロジックを Google Cloud でもホストできるようになります。Compute Engine を使用して入札ロジックをホストすると、次のような数多くのメリットがあります。

  • 一般に、Google アド マネージャーのユーザーは Computer Engine を使用すると、入札の計算処理時にレイテンシの大幅な短縮を実感できます。ユーザーは入札する場所に応じて、対応するリージョンに仮想マシン インスタンスを作成する必要があります。

    目的の入札場所 インスタンスをホストする Compute Engine リージョン
    北アメリカ(西海岸) us-west1
    北アメリカ(中部) us-central1
    北アメリカ(東海岸) us-east4, us-east1
    ヨーロッパ europe-west1
    アジア太平洋 asia-east1
    東京(日本) asia-northeast1
  • Compute Engine を使用すると、入札ロジックの向上に使用できる他の Google Cloud サービスの近くに入札ロジックを配置できます。

  • 次のような Compute Engine のすべての標準機能を利用できます。

    • すばやく起動できるカスタマイズ可能な仮想マシン インスタンスによって、一貫して高いパフォーマンスを実現できる。
    • さまざまな Linux や Windows OS イメージから選択できる。
    • ワークロードやアプリケーションの価格、パフォーマンス、耐久性の各要件に最適なブロック ストレージ オプションを選択できる。
    • 簡単に構成できるファイアウォールを通して、仮想マシン インスタンスをインターネットに安全に公開できる。
    • シンプルな REST API、堅牢なコマンドライン ツール、シンプルかつ強力なウェブベースの Google Cloud Console を使用して、インスタンスやインフラストラクチャを管理する。

登録

Google アド マネージャー用 Compute Engine に申し込むための前提条件は次のとおりです。

Google アド マネージャーのユーザーは Computer Engine を使用すると、Google アド マネージャーの(前述の)入札場所に入札する際に、レイテンシの短縮を実感できます。Google アド マネージャー用の Compute Engine を有効にするための追加の手順はありません。

料金

標準の Compute Engine 料金が適用されます。

スタートガイド

Compute Engine と Google アド マネージャーのアカウントを取得したら、次の方法でサービスの使用を開始できます。

Google は、独自の入札ロジックを作成するために使用できるオープンソースのリアルタイム ビッダー インフラストラクチャ ソフトウェアも提供しています。詳しくは、Open Bidder をご覧ください。