Google Workspace の試験は 2021 年 1 月 1 日をもって廃止されました。詳細については、Google Workspace 認定資格のよくある質問をご覧ください。

Google Workspace(旧 G Suite)認定資格

G Suite がさらに便利に - Google Workspace のご紹介 Google Workspace の Google Cloud 認定資格により、プロフェッショナルな環境で生産性の高い共同作業を行うデジタルスキルを身につけていることが雇用者側に伝わります。認定資格を取得すると、ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、ファイルの作成や共有にクラウドベースのツールを使いこなして、一般的な業務を遂行するスキルがあることを証明できます。また、メールやオンライン会議ソリューションを使って効果的なコミュニケーションを図るスキルがあることも示せます。

この試験では、ドライブ、Gmail、Google Meet、ドキュメント、スプレッドシート、フォーム、スライドなど、GoogleWorkspace プラットフォームの主要機能を使いこなす能力があるかどうかを検証します。


本試験では、以下の分野における個人の能力が認定されます。

1. ドライブの使用

      1.1  ファイルを管理する。 以下のような点を考察します。

            コピー

            ゴミ箱への移動

            ハードドライブへのダウンロード

            ハードドライブからのアップロード

      1.2  フォルダを作成、管理する。以下のような点を考察します。

            移動

            名前の変更

            削除(ゴミ箱への移動)

            ハードドライブからフォルダをアップロード

      1.3  ファイルを検索する。以下のような方法があります。

            検索

            最近使用したアイテム

            共有アイテム

            パソコンとデバイスの同期設定

      1.4  表示と設定を変更する。以下のような設定があります。

            グリッド表示またはリスト表示

            ファイルまたはフォルダの詳細

            オフライン アクセシビリティ

            通知(コンテンツの追加、ファイルの削除)

            フォルダ アクティビティ(最終更新日など)

      1.5   ファイルとフォルダを共有する。次のオプションがあります。

            マイドライブに追加

            所有権の割り当てまたは削除

            権限の設定(オフ、フォルダ: 整理、追加、編集、閲覧のみ、ドキュメント: 編集、コメント、表示)

            共有通知

            ウェブに公開

2. Gmail の使用

      2.1  設定をパーソナライズする

            不在通知の設定

            デスクトップ通知

            言語設定と表示設定

      2.2  受信トレイを管理する。以下のような点を考察します。

            フィルタの適用とアドレスのブロック

            メッセージのアーカイブ

            ミュート

            マルチ受信トレイ

2.3 連絡先を管理、連絡する。以下のような点を考察します。

            メッセージの作成、返信、全員に返信、転送、CC、BCC

            テキスト チャットの開始

            ビデオ通話の開始

            ファイルの共有(添付またはリンク)

            画像の挿入

      2.4  メッセージを検索する

            受信トレイの検索と並べ替え

            送信済みメッセージ

            下書き

      2.5  オフライン Gmail を使用する

3. Hangouts Meet の使用

      3.1 ハングアウトをスケジュールする

      3.2 ハングアウトを開始する

      3.3 ハングアウトに画面を表示する

      3.4 音声、動画、帯域幅を管理する。以下のような操作を行います。

            マイクをミュートする

            カメラをオフにする

            帯域幅を減らす

      3.5 ハングアウトを使ってミーティングを管理する。以下のような機能があります。

            ダイヤルインする

            ユーザーを招待する

            Hangouts Chat

            他のユーザーをミュートする

            ユーザーを退出させる

4. ドキュメントの操作

      4.1  ページを設定する。以下のような要素があります。

            ページのサイズ、向き、色

            フッター、ヘッダー、ページ番号の追加

            目次の追加

      4.2  非テキスト要素を挿入する。以下のような要素があります。

            画像

            表

            外部リンク

            ドキュメント内のリンク

            ブックマーク

      4.3  テキスト属性を変更する。以下のような属性があります。

            フォント

            フォントサイズ

            テキストとハイライトの色

            太字、斜体、下線

      4.4  テキスト ブロックを書式設定する。以下のような属性があります。

            段落のスタイル

            配置

            行と段落の間隔

            列

            番号付けと箇条書き

      4.5  コンテンツ管理ツールを使用する。以下のようなツールがあります。

            スペルチェック

            ユーザー辞書

      4.6  表を挿入、編集する。以下のような操作を行います。

            表を作成、削除する

            行と列を挿入、削除する

            表のプロパティ(色、枠線、寸法、配置など)を管理する

      4.7  ドキュメントを共同編集、共有する。以下のような点を考察します。

            コメント

            編集

            提案

            変更履歴

      4.8  形式を指定してダウンロードする  

5. スプレッドシートの操作

      5.1 値、行、セル、列を管理する。以下のような点を考察します。

            追加

            削除

            固定

            挿入

      5.2 シートとセルを書式設定する。 以下のような点を考察します。

            太字と斜体

            セルの結合

            テキストの折り返し

            塗りつぶしの色

            枠線

            データの入力規則

            配置

            フォント

            フォントサイズ

            日付形式

            通貨

            シートの追加、削除、コピー、別のワークブックにコピー、名前の変更

      5.3 非テキスト要素を挿入する。 以下のような要素があります。

            グラフ

            画像

            リンク

            フォーム

            図形描画

      5.4 関数を使用する。以下のような基本ツールと関数があります。

            関数リスト

            SUM

            AVERAGE

            MIN

            MAX

            COUNT

      5.5  データを管理、変換する。以下のような点を考察します。

            条件付き書式

            シートと範囲の命名、並べ替え、保護

            フィルタとフィルタ表示の作成

            データの検証

            シートの保護

            グラフの作成と変更

      5.6 スプレッドシートを共同編集、共有する。以下のような点を考察します。

            コメント

            変更履歴

            形式を指定してダウンロード

      5.7 他のファイル形式をインポート、変換する。以下のようなファイル形式があります。

            .csv

            .xls

6. スライドでの作業

      6.1 プレゼンテーションを作成する。 以下のような点を考察します。

            スライドの追加、コピー、削除

            レイアウトやテーマの適用

            スピーカー ノート

            アニメーションの作成

            スライドのコピーと貼り付け、貼り付け先の書式に合わせた貼り付け

            スライドのリンク

      6.2 テキストを編集する。以下のような要素があります。

            テキスト ブロックの挿入

            フォント

            フォントサイズ

            テキストとハイライトの色

            太字、斜体、下線

            大文字の設定

      6.3 非テキスト要素を編集する。以下のような要素を挿入して編集します。

            画像

            グラフ

            図

            線

            図形

            表

            スライド番号

            動画

      6.4 動画以下のような操作を行います。

            前面または背面に移動する

            グループ化 / グループ化解除する

            配置

            回転する

            整列する

            ガイドに自動整列する

            サイズを変更する

      6.5 プレゼンテーションを共有する。 以下のような点を考察します。

            プレゼンター ビュー

            印刷設定とプレビュー

            ウェブに公開