ルーティンを削除する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

データセットからルーティンを削除します。

コードサンプル

Go

このサンプルを試す前に、クライアント ライブラリを使用した BigQuery クイックスタートGo の手順に沿って設定を行ってください。 詳細については、BigQuery Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import (
	"context"
	"fmt"

	"cloud.google.com/go/bigquery"
)

// deleteRoutine demonstrates deleting a BigQuery routine using the API.
func deleteRoutine(projectID, datasetID, routineID string) error {
	// projectID := "my-project-id"
	// datasetID := "mydatasetid"
	// routineID := "myroutineid"
	ctx := context.Background()

	client, err := bigquery.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		return fmt.Errorf("bigquery.NewClient: %w", err)
	}
	defer client.Close()

	return client.Dataset(datasetID).Routine(routineID).Delete(ctx)
}

Java

このサンプルを試す前に、クライアント ライブラリを使用した BigQuery クイックスタートJava の手順に沿って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import com.google.cloud.bigquery.BigQuery;
import com.google.cloud.bigquery.BigQueryException;
import com.google.cloud.bigquery.BigQueryOptions;
import com.google.cloud.bigquery.RoutineId;

// Sample to delete a routine
public class DeleteRoutine {

  public static void main(String[] args) {
    // TODO(developer): Replace these variables before running the sample.
    String datasetName = "MY_DATASET_NAME";
    String routineName = "MY_ROUTINE_NAME";
    deleteRoutine(datasetName, routineName);
  }

  public static void deleteRoutine(String datasetName, String routineName) {
    try {
      // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
      // once, and can be reused for multiple requests.
      BigQuery bigquery = BigQueryOptions.getDefaultInstance().getService();
      boolean success = bigquery.delete(RoutineId.of(datasetName, routineName));
      if (success) {
        System.out.println("Routine deleted successfully");
      } else {
        System.out.println("Routine was not found");
      }
    } catch (BigQueryException e) {
      System.out.println("Routine was not deleted. \n" + e.toString());
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、クライアント ライブラリを使用した BigQuery クイックスタートNode.js の手順に沿って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Import the Google Cloud client library and create a client
const {BigQuery} = require('@google-cloud/bigquery');
const bigquery = new BigQuery();

async function deleteRoutine() {
  // Deletes a routine named "my_routine" in "my_dataset".

  /**
   * TODO(developer): Uncomment the following lines before running the sample.
   */
  // const datasetId = 'my_dataset';
  // const routineId = 'my_routine';

  const dataset = bigquery.dataset(datasetId);

  // Create routine reference
  let routine = dataset.routine(routineId);

  // Make API call
  [routine] = await routine.delete();

  console.log(`Routine ${routineId} deleted.`);
}
deleteRoutine();

Python

このサンプルを試す前に、クライアント ライブラリを使用した BigQuery クイックスタートPython の手順に沿って設定を行ってください。詳細については、BigQuery Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


from google.cloud import bigquery

# Construct a BigQuery client object.
client = bigquery.Client()

# TODO(developer): Set the fully-qualified ID for the routine.
# routine_id = "my-project.my_dataset.my_routine"

client.delete_routine(routine_id)  # Make an API request.

print("Deleted routine {}.".format(routine_id))

次のステップ

他の Google Cloud プロダクトに関連するコードサンプルの検索およびフィルタ検索を行うには、Google Cloud のサンプルをご覧ください。