BigQuery Data Transfer Service API

サービス: bigquerydatatransfer.googleapis.com

以下のすべての URI は https://bigquerydatatransfer.googleapis.com を基準にしています。

このサービスには、次の検索ドキュメントが用意されています。

コレクション: v1.projects

メソッド
isEnabled POST /v1/{name=projects/*}:isEnabled
プロジェクトのデータ転送が有効な場合、true を返します。
setEnabled POST /v1/{name=projects/*}:setEnabled
プロジェクトのデータ転送を有効または無効にします。

コレクション: v1.projects.dataSources

メソッド
checkValidCredentials POST /v1/{name=projects/*/dataSources/*}:checkValidCredentials
指定されたデータと登録ユーザーに有効な認証情報が存在すると、true を返します。
get GET /v1/{name=projects/*/dataSources/*}
サポートされるデータソースを取得し、設定を返します。この設定は UI のレンダリングに使用できます。
list GET /v1/{parent=projects/*}/dataSources
サポートされるデータソースのリストを作成し、設定を返します。この設定は UI のレンダリングに使用できます。
needsNewCredentials POST /v1/{name=projects/*/dataSources/*}:needsNewCredentials
指定されたデータと登録ユーザーに新しい認証情報が必要な場合に true を返します。

コレクション: v1.projects.transferConfigs

メソッド
create POST /v1/{parent=projects/*}/transferConfigs
新しいデータ転送の設定を作成します。
delete DELETE /v1/{name=projects/*/transferConfigs/*}
データ転送の設定を削除します。関連する転送実行とログも削除されます。
get GET /v1/{name=projects/*/transferConfigs/*}
データ転送の設定に関する情報を返します。
list GET /v1/{parent=projects/*}/transferConfigs
プロジェクトのすべてのデータ転送に関する情報を返します。
scheduleRuns POST /v1/{parent=projects/*/transferConfigs/*}:scheduleRuns
時間範囲 [range_start_time, range_end_time] 内の転送実行を作成します。
update PUT /v1/{transferConfig.name=projects/*/transferConfigs/*}
データ転送の設定を更新します。

コレクション: v1.projects.transferConfigs.runs

メソッド
cancel POST /v1/{name=projects/*/transferConfigs/*/runs/*}:cancel
データ転送の実行をキャンセルします。
delete DELETE /v1/{name=projects/*/transferConfigs/*/runs/*}
指定した転送実行を削除します。
get GET /v1/{name=projects/*/transferConfigs/*/runs/*}
実行された特定の転送に関する情報を返します。
list GET /v1/{parent=projects/*/transferConfigs/*}/runs
実行中のジョブと完了したジョブの情報を返します。

コレクション: v1.projects.transferConfigs.runs.transferLogs

メソッド
list GET /v1/{parent=projects/*/transferConfigs/*/runs/*}/transferLogs
データ転送実行に関するユーザー向けのログメッセージを返します。
このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...