プロジェクトの作成

App Engine にアプリケーションをデプロイするには、App Engine のアプリケーション リソースと他の Google Cloud リソースを保持する最上位コンテナである Google Cloud プロジェクトを作成する必要があります。

このタスクでは、アプリの設定、コンピューティング リソース、認証情報、メタデータを格納する Cloud プロジェクトと App Engine アプリケーションを作成します。

App Engine を有効にした Cloud プロジェクトがすでにある場合は、ウェブサービスの作成に進みます。

Cloud プロジェクトの作成

Cloud Console を使用して、アプリに必要なリソースを作成します。

  1. Cloud Console で新しい Cloud プロジェクトを作成します。

    Console に移動

  2. Cloud プロジェクトの名前を入力し、[作成]をクリックします。

    [プロジェクト名] フィールドに表示されているプロジェクト ID を覚えておいてください。 プロジェクト ID は、プロジェクトを Google Cloud ツールに示すために使用されるため、重要な要素です。

  3. Cloud プロジェクトに対して App Engine を有効にします。

    App Engine を有効にする

  4. アプリのコンピューティングリソースを配置するリージョンを選択します。

    App Engine アプリの作成後は、リージョンを変更できません。レイテンシを短縮するために、アプリの想定ユーザーに最も近いリージョンを選択します。使用可能なリージョンの詳細については、App Engine のロケーションをご覧ください。

  5. プロジェクトに対する課金を有効にします。

次のステップ

これで Cloud プロジェクトが設定され、Node.js で基本的なウェブサービスを作成する準備が整いました。