Anthos GKE

可用性の高いコントロール プレーンを備えた、すぐに使用できるエンタープライズ クラス準拠の Kubernetes。

このプロダクトのドキュメントを見る

オンプレミスのコンテナ化

アプリケーションをどこでもコンテナ化し、クラウドに対応

Anthos の一部である Anthos GKE を使用すると、Kubernetes とクラウド テクノロジーをどこでも活用できます。Google Kubernetes Engine(GKE)のインストールをマネージド方式で安全かつ簡単に行えるほか、アップグレードは Google が検証します。ステートフル / ステートレス、AI / ML、Linux / Windows を含む、コンテナ化したさまざまなアプリケーションを実行できます。4 方向自動スケーリングやストレスのない管理など、業界初の機能を活用できます。統合されたデベロッパー ツールが用意されており、マルチクラスタに関しては Google のサイト信頼性エンジニアリング(SRE)によるサポートを受けられます。さらに Google Cloud Console を使って、ベアメタルまたは VM によるオンプレミス環境、ハイブリッド環境、マルチクラウド環境のクラスタを一元的に管理できます。

一貫性のある Kubernetes エクスペリエンス

一貫性のある Kubernetes エクスペリエンス

オンプレミス環境(ベアメタルまたは VM)とクラウド環境(ハイブリッドまたはマルチクラウド)にデプロイされた Anthos GKE 間で Kubernetes バージョン、OS、ランタイム、アドオンが同じになるよう環境の同期を維持します。

セキュリティで保護された Kubernetes クラスタ

セキュリティで保護された Kubernetes クラスタ

Google によりテスト、検証された最新バージョンの Kubernetes とセキュリティ パッチが常に導入されているため、ゼロ ダウンタイムで確実なアップグレードを実施できます。

一元的なマルチクラスタ管理

Google Cloud Console を使用して、ハイブリッド クラウド、マルチクラウド、ベアメタルまたは VM でのオンプレミスにあるすべての Kubernetes Engine クラスタのモニタリング、管理、ポリシー適用を行えます。

特長

ID とアクセスの管理

Cloud Identity またはオンプレミスの ID プロバイダを使って、クラスタへのアクセスを制御できます。

セキュリティで保護された接続

オンプレミス クラスタを Google Cloud に接続するときに、複雑な VPN は不要です。

セキュリティとコンプライアンス

Anthos GKE には、セキュリティ強化されたコンポーネント(OS、コンテナ ランタイム、Kubernetes、接続先クラウドなど)が完全に統合されています。詳細

ロギングとモニタリングの統合

クラスタ内で Prometheus を使用してローカルでデバッグを行えます。また、インストゥルメンテーションの変更なしで、Cloud Logging と Cloud Monitoring でクラウドの指標を表示できます。

ステートフル アプリケーションのサポート

Anthos GKE は、Twelve-Factor App だけを念頭に置いたものではありません。永続ストレージをコンテナに接続し、データベース全体をホストすることもできます。

高速で一貫性のあるビルド

Cloud Build を使用して、コンテナを Anthos GKE クラスタ、クラウド、オンプレミスに確実にデプロイします。

オンプレミスとクラウドでワークロードを移植可能

Anthos GKE では標準準拠の Kubernetes が実行されているため、クラウドやオンプレミスの他の Kubernetes プラットフォームにワークロードを移植できます。

マルチクラスタ ダッシュボード

Google Cloud Console には、プロジェクトのクラスタとそのリソース用の便利なダッシュボードがあります。このダッシュボードを使用して、クラスタ内のリソースを表示、検査、管理、削除できます。

リソース

料金

Anthos は、月単位で期間ベースのサブスクリプション サービスとしてご利用いただけます。Anthos GKE を使用するには、Anthos のサブスクリプションが必要です。料金の情報については、営業担当者にお問い合わせください。

次のステップ

$300 分の無料クレジットと 20 以上の Always Free プロダクトを活用して Google Cloud で構築を開始しましょう。

開始にあたりサポートが必要な場合
信頼できるパートナーの活用