クイックスタート: クライアント ライブラリの使用

このページでは、使い慣れたプログラミング言語で Vision API を使用する方法を説明します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Console のプロジェクト セレクタページで、Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. Google Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Vision API を有効にします。

    API を有効にする

  5. 認証の設定:
    1. Cloud Console で、[サービス アカウント キーの作成] ページに移動します。

      [サービス アカウント キーの作成] ページに移動
    2. [サービス アカウント] リストから [新しいサービス アカウント] を選択します。
    3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。
    4. [ロール] リストで、[プロジェクト] > [オーナー] を選択します。

      : [ロール] フィールドの設定により、リソースにアクセスするサービス アカウントが承認されます。このフィールドは、Cloud Console を使用して後から表示および変更できます。本番環境アプリケーションを開発している場合は、[プロジェクト > オーナー] よりも詳細な権限を指定します。詳しくは、サービス アカウントへのロールの付与をご覧ください。
    5. [作成] をクリックします。キーが含まれている JSON ファイルがパソコンにダウンロードされます。
  6. 環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を、サービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのパスに設定します。 この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

クライアント ライブラリのインストール

C#

C# 開発環境の設定の詳細については、C# 開発環境設定ガイドをご覧ください。

Install-Package Google.Cloud.Vision.V1 -Pre

Go

go get -u cloud.google.com/go/vision/apiv1

Java

Java 開発環境の設定の詳細については、Java 開発環境設定ガイドをご覧ください。

Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。BOM の詳細については、Google Cloud Platform ライブラリ BOM をご覧ください。

<dependencyManagement>
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>com.google.cloud</groupId>
      <artifactId>libraries-bom</artifactId>
      <version>10.1.0</version>
      <type>pom</type>
      <scope>import</scope>
    </dependency>
  </dependencies>
</dependencyManagement>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>com.google.cloud</groupId>
    <artifactId>google-cloud-vision</artifactId>
  </dependency>
</dependencies>

Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

compile 'com.google.cloud:google-cloud-vision:1.100.1'

sbt を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。

libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-vision" % "1.100.1"

IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインを使用してプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

Node.js 開発環境の設定の詳細については、Node.js 開発環境設定ガイドをご覧ください。

npm install --save @google-cloud/vision

PHP

composer require google/cloud-vision

Python

Python 開発環境の設定の詳細については、Python 開発環境設定ガイドをご覧ください。

pip install --upgrade google-cloud-vision

Ruby

Ruby 開発環境の設定の詳細については、Ruby 開発環境設定ガイドをご覧ください。

gem install google-cloud-vision

ラベル検出

これで、Vision API を使用して画像の情報をリクエストできるようになりました(ラベル検出など)。次のコードを実行して、画像ラベル検出リクエストを実行してみてください。

コードサンプルは、リンクされた GitHub リポジトリ(wakeupcat.jpg)で利用できる画像リソースを使用しています。リポジトリのクローンを作成するか、手動で保存するか、次のコマンドを実行してイメージを取得します。

wget https://github.com/GoogleCloudPlatform/python-docs-samples/raw/master/vision/cloud-client/detect/resources/wakeupcat.jpg

C#

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある C# の設定手順を行ってください。詳細については、Vision C# API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


using Google.Cloud.Vision.V1;
using System;

namespace GoogleCloudSamples
{
    public class QuickStart
    {
        public static void Main(string[] args)
        {
            // Instantiates a client
            var client = ImageAnnotatorClient.Create();
            // Load the image file into memory
            var image = Image.FromFile("wakeupcat.jpg");
            // Performs label detection on the image file
            var response = client.DetectLabels(image);
            foreach (var annotation in response)
            {
                if (annotation.Description != null)
                    Console.WriteLine(annotation.Description);
            }
        }
    }
}

Go

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Go の設定手順を行ってください。詳細については、Vision Go API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。


// Sample vision-quickstart uses the Google Cloud Vision API to label an image.
package main

import (
	"context"
	"fmt"
	"log"
	"os"

	vision "cloud.google.com/go/vision/apiv1"
)

func main() {
	ctx := context.Background()

	// Creates a client.
	client, err := vision.NewImageAnnotatorClient(ctx)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create client: %v", err)
	}
	defer client.Close()

	// Sets the name of the image file to annotate.
	filename := "../testdata/cat.jpg"

	file, err := os.Open(filename)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to read file: %v", err)
	}
	defer file.Close()
	image, err := vision.NewImageFromReader(file)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create image: %v", err)
	}

	labels, err := client.DetectLabels(ctx, image, nil, 10)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to detect labels: %v", err)
	}

	fmt.Println("Labels:")
	for _, label := range labels {
		fmt.Println(label.Description)
	}
}

Java

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Java の設定手順を行ってください。詳細については、Vision Java API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

// Imports the Google Cloud client library

import com.google.cloud.vision.v1.AnnotateImageRequest;
import com.google.cloud.vision.v1.AnnotateImageResponse;
import com.google.cloud.vision.v1.BatchAnnotateImagesResponse;
import com.google.cloud.vision.v1.EntityAnnotation;
import com.google.cloud.vision.v1.Feature;
import com.google.cloud.vision.v1.Feature.Type;
import com.google.cloud.vision.v1.Image;
import com.google.cloud.vision.v1.ImageAnnotatorClient;
import com.google.protobuf.ByteString;
import java.nio.file.Files;
import java.nio.file.Path;
import java.nio.file.Paths;
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;

public class QuickstartSample {
  public static void main(String... args) throws Exception {
    // Initialize client that will be used to send requests. This client only needs to be created
    // once, and can be reused for multiple requests. After completing all of your requests, call
    // the "close" method on the client to safely clean up any remaining background resources.
    try (ImageAnnotatorClient vision = ImageAnnotatorClient.create()) {

      // The path to the image file to annotate
      String fileName = "./resources/wakeupcat.jpg";

      // Reads the image file into memory
      Path path = Paths.get(fileName);
      byte[] data = Files.readAllBytes(path);
      ByteString imgBytes = ByteString.copyFrom(data);

      // Builds the image annotation request
      List<AnnotateImageRequest> requests = new ArrayList<>();
      Image img = Image.newBuilder().setContent(imgBytes).build();
      Feature feat = Feature.newBuilder().setType(Type.LABEL_DETECTION).build();
      AnnotateImageRequest request =
          AnnotateImageRequest.newBuilder().addFeatures(feat).setImage(img).build();
      requests.add(request);

      // Performs label detection on the image file
      BatchAnnotateImagesResponse response = vision.batchAnnotateImages(requests);
      List<AnnotateImageResponse> responses = response.getResponsesList();

      for (AnnotateImageResponse res : responses) {
        if (res.hasError()) {
          System.out.format("Error: %s%n", res.getError().getMessage());
          return;
        }

        for (EntityAnnotation annotation : res.getLabelAnnotationsList()) {
          annotation
              .getAllFields()
              .forEach((k, v) -> System.out.format("%s : %s%n", k, v.toString()));
        }
      }
    }
  }
}

Node.js

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Node.js の設定手順を行ってください。詳細については、Vision Node.js API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

async function quickstart() {
  // Imports the Google Cloud client library
  const vision = require('@google-cloud/vision');

  // Creates a client
  const client = new vision.ImageAnnotatorClient();

  // Performs label detection on the image file
  const [result] = await client.labelDetection('./resources/wakeupcat.jpg');
  const labels = result.labelAnnotations;
  console.log('Labels:');
  labels.forEach(label => console.log(label.description));
}

PHP

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある PHP の設定手順を行ってください。詳細については、Vision PHP API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# includes the autoloader for libraries installed with composer
require __DIR__ . '/vendor/autoload.php';

# imports the Google Cloud client library
use Google\Cloud\Vision\V1\ImageAnnotatorClient;

# instantiates a client
$imageAnnotator = new ImageAnnotatorClient();

# the name of the image file to annotate
$fileName = 'test/data/wakeupcat.jpg';

# prepare the image to be annotated
$image = file_get_contents($fileName);

# performs label detection on the image file
$response = $imageAnnotator->labelDetection($image);
$labels = $response->getLabelAnnotations();

if ($labels) {
    echo("Labels:" . PHP_EOL);
    foreach ($labels as $label) {
        echo($label->getDescription() . PHP_EOL);
    }
} else {
    echo('No label found' . PHP_EOL);
}

Python

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Python の設定手順を行ってください。詳細については、Vision Python API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

import io
import os

# Imports the Google Cloud client library
from google.cloud import vision
from google.cloud.vision import types

# Instantiates a client
client = vision.ImageAnnotatorClient()

# The name of the image file to annotate
file_name = os.path.abspath('resources/wakeupcat.jpg')

# Loads the image into memory
with io.open(file_name, 'rb') as image_file:
    content = image_file.read()

image = types.Image(content=content)

# Performs label detection on the image file
response = client.label_detection(image=image)
labels = response.label_annotations

print('Labels:')
for label in labels:
    print(label.description)

Ruby

このサンプルを試す前に、Vision クイックスタート: クライアント ライブラリの使用にある Ruby の設定手順を行ってください。詳細については、Vision Ruby API のリファレンス ドキュメントをご覧ください。

# Imports the Google Cloud client library
require "google/cloud/vision"

# Instantiates a client
image_annotator = Google::Cloud::Vision.image_annotator

# The name of the image file to annotate
file_name = "./resources/cat.jpg"

# Performs label detection on the image file
response = image_annotator.label_detection image: file_name
response.responses.each do |res|
  puts "Labels:"
  res.label_annotations.each do |label|
    puts label.description
  end
end

Vision に最初のリクエストが送信されました。

いかがでしたか

クリーンアップ

このクイックスタートで使用したリソースについて、Google アカウントに課金されないようにするには、次の手順を行います。

  • プロジェクトを必要としない場合は、Cloud Console を使用して削除します。

次のステップ

Vision API クライアント ライブラリの詳細を確認します。