アイドル状態の Cloud SQL インスタンスを特定する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

アイドル状態の Cloud SQL インスタンスの Recommender は、アイドル状態の可能性があるインスタンスを検出し、費用の削減に役立つ分析情報と推奨事項を提供します。このページでは、この Recommender の仕組みと使用方法について説明します。

仕組み

アイドル状態の Cloud SQL インスタンスの Recommender は、30 日以上経過したプライマリ インスタンスの使用状況の指標を分析します。Recommender は、インスタンスごとに過去 30 日間のモニタリング期間内の特定の指標値を分析します。Recommender はリードレプリカを分析しません。

モニタリング期間内のアクティビティ レベルが特定のしきい値を下回ると、Recommender はインスタンスがアイドル状態であると推定します。このようなインスタンスをシャットダウンするため、推奨事項が 24 時間ごとに生成されます。

料金

アイドル状態の Cloud SQL インスタンスの Recommender は、標準の Recommender の料金階層に含まれています。

始める前に

推奨事項と分析情報を表示するには、事前に次の手順を行う必要があります。

  • 分析情報と推奨事項を表示、操作する権限を取得するには、必要なロールが必要です。
    タスク ロール
    推奨事項を表示する recommender.cloudsqlViewer または cloudsql.viewer のいずれかのロール。
    推奨事項を適用する recommender.cloudsqlAdmincloudsql.editorcloudsql.admin のいずれかのロール。
    ロールの詳細については、ロールについてIAM 権限の付与をご覧ください。
  • Recommender API を有効にします。

    API を有効にする

アイドル状態の Cloud SQL インスタンスに対する推奨事項を一覧表示する

アイドル状態のインスタンスに対する推奨事項を一覧表示するには、Google Cloud コンソール、gcloud、Recommender API を使用します。

コンソール

Google Cloud コンソールを使用してアイドル状態のインスタンスに関する推奨事項を一覧表示するには、次の手順を行います。

  1. Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] に移動

  2. アイドル状態のインスタンスの推奨バナーにある [すべて表示] をクリックします。

または、次の方法を行います。

  1. [おすすめハブ] に移動します。

    [おすすめハブ] に移動

    詳細については、おすすめ Hub スタートガイドをご覧ください。

  2. [Cloud SQL インスタンスのコストを削減する] カードで、[すべて表示] をクリックします。

  3. [インスタンスのシャットダウン] タブをクリックします。

gcloud

gcloud を使用してアイドル状態のインスタンスに関する推奨事項を一覧表示するには、次のように gcloud recommender recommendations list コマンドを実行します。

gcloud recommender recommendations list \
--project=PROJECT_ID \
--location=LOCATION \
--recommender=google.cloudsql.instance.RECOMMENDER

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: プロジェクト ID。
  • LOCATION: us-central1 などのリージョン。
  • RECOMMENDER: IdleRecommender などの Recommender の ID。

API

Recommendations API を使用して、アイドル状態のインスタンスに関する推奨事項を表示するには、次のように recommendations.list メソッドを呼び出します。

GET https://recommender.googleapis.com/v1beta1/projects/PROJECT-ID/locations/LOCATION/recommenders/google.cloudsql.instance.RECOMMENDER/recommendations

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: プロジェクト ID。
  • LOCATION: us-central1 などのリージョン。
  • RECOMMENDER: IdleRecommender などの Recommender の ID。

Recommender でアイドル状態のインスタンスが検出されると、テーブルに一覧表示されます。各行には、インスタンス名、簡単な推奨事項、ロケーション、最終更新日が表示されます。

分析情報と詳細な推奨事項を表示する

アイドル状態のインスタンスに関する分析情報と詳細な推奨事項を表示するには、Google Cloud コンソール、gcloud、Recommender API のいずれかを使用します。

コンソール

Google Cloud コンソールを使用してアイドル状態のインスタンスに関する分析情報を表示するには、インスタンスのリストにある推奨ボタンをクリックします。

gcloud

gcloud を使用して、アイドル状態のインスタンスに関する分析情報と詳細な推奨事項を表示するには、次のように gcloud recommender insights list コマンドを実行します。

gcloud recommender insights list \
--project=PROJECT_ID \
--location=LOCATION \
--insight-type=google.cloudsql.instance.INSIGHT_TYPE

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: プロジェクト ID。
  • LOCATION: us-central1 などのリージョン。
  • INSIGHT_TYPE: 分析情報タイプの ID。ActivityInsight の形式で指定します。

API

Recommendations API を使用して、アイドル状態のインスタンスに関する分析情報と詳細な推奨事項を表示するには、次のように insights.list メソッドを呼び出します。

GET https://recommender.googleapis.com/v1beta1/projects/PROJECT-ID/locations/LOCATION/insightTypes/google.cloudsql.instance.INSIGHT_TYPE/insights

次のように置き換えます。

  • PROJECT_ID: プロジェクト ID。
  • LOCATION: us-central1 などのリージョン。
  • INSIGHT_TYPE: 分析情報タイプの ID。ActivityInsight の形式で指定します。

アイドル状態のインスタンスに関する分析情報を示すパネルが表示されます。次のカテゴリの情報と、いくつかの補足グラフが示されます。

フィールド 説明と関連指標
ディスク使用量(バイト数の変化) バイト単位でのデータ利用量。60 秒ごとにサンプリングされます。
database/disk/bytes_used に関連します。
最大 CPU 使用率 最大 CPU 使用率(%)。
database/cpu/utilization に関連します。
最大メモリ使用量 最大メモリ使用率(%)。
database/memory/utilization に関連します。
ディスク読み取りオペレーションの最大数 読み取りオペレーションの最大数。
database/disk/read_ops_count に関連します。
ディスク書き込みオペレーションの最大数 書き込みオペレーションの最大数。
database/disk/write_ops_count に関連します。
モニタリングの開始日と終了日 30 日間のモニタリング期間の開始日と終了日。

次の表に、アイドル状態の Cloud SQL インスタンスの Recommender によって生成され、コストの削減に役立つ分析情報と推奨事項を示します。サブタイプは、gcloud と API の結果に表示されます。

分析情報 推奨事項
モニタリング期間中のインスタンスのアクティビティが低いレベルであることが示されています。
サブタイプ: LOW_ACTIVITY
インスタンスをシャットダウンしてコストを削減できるかどうかを調べます。
サブタイプ: SHUTDOWN_INSTANCE

推奨事項を適用する

推奨事項を慎重に評価し、以下のいずれかを行います。

  • 推奨事項を調べるには、[インスタンスを表示] をクリックします。

    ページの上部に、推奨事項を示すバナーが表示されます。

    インスタンスのアイドル状態が意図したものであり、シャットダウンする必要がない場合もあります。誤ってアイドル状態になっている場合は、インスタンスを停止して削除できます。インスタンスを停止すると、インスタンスの料金が一時停止されます。インスタンス データは影響を受けず、ストレージと IP アドレスの料金は引き続き適用されます。

    インスタンスを停止または削除するときは、注意してください。データの損失を防ぐため、まずバックアップを作成してください。

  • 推奨事項を閉じて強調を解除し、グレー表示するには、[閉じる] をクリックします。

  • 推奨事項を適用または拒否せずにパネルを閉じるには、[キャンセル] をクリックします。

推奨事項を BigQuery にエクスポートして、データポータルまたは Looker で調べることもできます。

次のステップ