オンデマンド バックアップと自動バックアップを作成、管理する

このページでは、自動バックアップのスケジュールと無効化、オンデマンド バックアップの作成と管理、Cloud SQL インスタンスのバックアップの表示について説明します。

バックアップの詳細については、バックアップの概要をご覧ください。

オンデマンド バックアップを作成する

注: オンデマンド バックアップは、第 2 世代のインスタンスでのみ利用できます。

オンデマンド バックアップを作成するには:

Console

  1. Google Cloud Platform Console で Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動

  2. インスタンスをクリックして [概要] ページを開きます。
  3. [バックアップ] タブをクリックします。
  4. [バックアップを作成] をクリックします。
  5. [バックアップを作成] ページで、必要に応じて説明を追加し、[作成] をクリックします。

gcloud

バックアップを作成します。

gcloud sql backups create --async --instance [INSTANCE_NAME]

--description パラメータを使用してバックアップの説明を入力できます。

cURL

バックアップを作成します。

ACCESS_TOKEN="$(gcloud auth application-default print-access-token)"
curl --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}" \
     --header 'Content-Length: 0' \
     -X POST \
     https://www.googleapis.com/sql/v1beta4/projects/[PROJECT-ID]/instances/[INSTANCE_NAME]/backupRuns

自動バックアップのスケジュール

インスタンスの自動バックアップをスケジュールするには:

Console

  1. Google Cloud Platform Console で Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動

  2. バックアップを構成するインスタンスを選択します。
  3. [編集] をクリックします。
  4. [自動バックアップの有効化] セクションで、[バックアップを自動化する] を選択し、バックアップの時間枠を選択します。
  5. [保存] をクリックします。

gcloud

  1. インスタンスを編集してバックアップ開始時間を指定します。
    gcloud sql instances patch [INSTANCE_NAME] --backup-start-time [HH:MM]
    backup-start-time パラメータは、UTC±00 タイムゾーンの 24 時間形式で指定されます。また、4 時間のバックアップ時間枠の開始時刻が指定されます。 バックアップはバックアップ時間枠の任意の時刻に開始できます。
  2. 変更内容を確認します。
    gcloud sql instances describe [INSTANCE_NAME]
    backupConfiguration の下に、enabled: true と指定した時刻が表示されます。

cURL

インスタンスにパッチを適用して、自動バックアップをスケジュールします。

ACCESS_TOKEN="$(gcloud auth application-default print-access-token)"
curl --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}" \
     --header 'Content-Type: application/json' \
     --data '{"settings" :
             {"backupConfiguration" : {"startTime": "[HH:MM]", "enabled": true}}}' \
     -X PATCH \
     https://www.googleapis.com/sql/v1beta4/projects/[PROJECT-ID]/instances/[INSTANCE_NAME]

backupConfiguration オブジェクト内で、binaryLogEnabledtrue に設定することで、バイナリ ロギングを同時に有効にできます。

自動バックアップを無効にする

インスタンスの自動バックアップを無効にするには:

Console

  1. Google Cloud Platform Console で Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動

  2. バックアップを無効化するインスタンスを選択します。
  3. [編集] をクリックします。
  4. [自動バックアップの有効化] セクションで、[バックアップを自動化する] のチェックボックスをオフにします。
  5. [保存] をクリックします。

gcloud

インスタンスを編集してバックアップを無効にします。

gcloud sql instances patch [INSTANCE_NAME] --no-backup

cURL

インスタンスにパッチを適用してバックアップを無効にします。

ACCESS_TOKEN="$(gcloud auth application-default print-access-token)"
curl --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}" 
--header 'Content-Type: application/json'
--data '{"settings" : {"backupConfiguration" : {"enabled": false, "binaryLogEnabled": false}}}'
-X PATCH
https://www.googleapis.com/sql/v1beta4/projects/[PROJECT-ID]/instances/[INSTANCE_NAME]

バックアップを表示する

GCP Console では、スキップされたバックアップや失敗したバックアップがバックアップ履歴に表示されません。スキップされたバックアップを表示するには、gcloud コマンドライン ツールまたは API を使用します。

Console

  1. Google Cloud Platform Console で Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動

  2. インスタンスをクリックして [概要] ページを開きます。
  3. 右下に [最近のバックアップ] リストが表示されます。

gcloud

  1. インスタンスのバックアップをリストします。
    gcloud sql backups list --instance [INSTANCE_NAME]
    

    標準リスト パラメータを使用して、結果のフィルタリングや制御を行うことができます。完全なリストについては、gcloud sql backups list コマンドのリファレンス ページをご覧ください。

  2. 特定のバックアップの詳細をリストするには、backups list コマンドの出力の ID を使用します。
    gcloud sql backups describe [BACKUP_ID] --instance [INSTANCE_NAME]
    

cURL

インスタンスのバックアップをリストします。

ACCESS_TOKEN="$(gcloud auth application-default print-access-token)"
curl --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}" \
     -X GET \
     https://www.googleapis.com/sql/v1beta4/projects/[PROJECT-ID]/instances/[INSTANCE_NAME]/backupRuns
BackupRuns:list ページの API Explorer を使用して REST API リクエストを送信することもできます。

バックアップを削除する

自動バックアップやオンデマンド バックアップは削除できます。

第 2 世代インスタンスでは、バックアップを削除しても、そのバックアップと同サイズの領域が解放されるとは限りません。これは、第 2 世代のバックアップが増分バックアップであるため、古いバックアップが削除された場合、新しいバックアップに不整合が発生しないよう、古いバックアップの内容の一部が新しいバックアップに転送されるためです。

コンソール(第 2 世代)

  1. Google Cloud Platform Console で Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動

  2. インスタンスをクリックして [概要] ページを開きます。
  3. [バックアップ] タブをクリックします。
    既存のバックアップのリストが表示されます。
  4. 削除するバックアップの [その他の操作] アイコン(その他の操作アイコン)をクリックします。
  5. [削除] を選択します。
  6. [バックアップを削除] ウィンドウのテキスト ボックスに「Delete」と入力し、[削除] をクリックします。

Console(第 1 世代)

  1. Google Cloud Platform Console で Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動します。

    Cloud SQL の [インスタンス] ページに移動

  2. インスタンスをクリックして [概要] ページを開きます。
  3. [概要] ペインの右下に、[最近のバックアップ] リストが表示されます。
  4. 削除するバックアップの [その他の操作] アイコン(その他の操作アイコン)をクリックします。
  5. [削除] を選択します。
  6. [バックアップを削除] ウィンドウのテキスト ボックスに「Delete」と入力し、[削除] をクリックします。

cURL

  1. バックアップをリスト表示して、削除するバックアップの ID を取得します。

    インスタンスのバックアップをリストします。

    ACCESS_TOKEN="$(gcloud auth application-default print-access-token)"
    curl --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}" 
    -X GET
    https://www.googleapis.com/sql/v1beta4/projects/[PROJECT-ID]/instances/[INSTANCE_NAME]/backupRuns
  2. バックアップを削除します。
    curl --header "Authorization: Bearer ${ACCESS_TOKEN}" 
    -X DELETE
    https://www.googleapis.com/sql/v1beta4/projects/[PROJECT-ID]/instances/[INSTANCE_NAME]/backupRuns/[BACKUP_ID]

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...