クイックスタート: 事前にビルドされたサンプル コンテナのデプロイ

このページでは、Container Registry リポジトリにアップロードされているサンプル コンテナを Cloud Run にデプロイする方法を説明します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP Console のプロジェクト セレクタのページで、GCP プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. Google Cloud Platform プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。 詳しくは、課金を有効にする方法をご覧ください。

サンプル コンテナをデプロイする

コンテナをデプロイするには:

  1. Cloud Run に移動します。

  2. [サービスを作成] をクリックして、[サービスの作成] フォームを表示します。

    image

    フォームで次の操作を行います。

    1. コンテナ イメージとして gcr.io/cloudrun/hello を使用します。

    2. サービスのリージョンを選択します。

    3. 結果がウェブブラウザに表示されるように、[未認証の呼び出しを許可する] をオンにします。

  3. [作成] をクリックしてイメージを Cloud Run にデプロイし、デプロイの完了を待ちます。

  4. 表示された URL リンクをクリックして、デプロイされたコンテナを実行します。

Cloud Run のロケーション

Cloud Run はリージョナルです。つまり、Cloud Run サービスを実行するインフラストラクチャは特定のリージョンに配置され、そのリージョン内のすべてのゾーンで冗長的に利用できるように Google によって管理されます。

レイテンシ、可用性、耐久性の要件を満たすことが、Cloud Run サービスを実行するリージョンを選択する際の主な要素になります。通常、ユーザーに最も近いリージョンを選択できますが、Cloud Run サービスで使用される別の GCP プロダクトのロケーションも検討する必要があります。GCP プロダクトを複数のロケーションで使用すると、サービスのレイテンシだけでなく、コストにも影響を及ぼす可能性があります。

Cloud Run は、次のリージョンで利用できます。

  • us-central1(アイオワ)

Cloud Run サービスをすでに作成している場合は、GCP Console の Cloud Run ダッシュボードにリージョンが表示されます。

これで、受信したウェブ リクエストに応答するコンテナが Cloud Run にデプロイされました。Cloud Run は、受信したリクエストを処理するためにコンテナを自動的にスケーリングします。リクエスト数が減少すると、インスタンス数が少なくなります。料金は、リクエストの処理中に使用した CPU、メモリ、ネットワークに対してのみ発生します。

次のステップ

コードソースからコンテナをビルドし、Container Registry に push してデプロイする方法については、以下をご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...