コンテナをビルドする

Cloud Run は、コンテナ契約を遵守している限り、コンテナ イメージのビルドに対応しているツールでビルドされたコンテナ イメージを受け入れます。コードは、PORT 環境変数で定義されたポートで HTTP リクエストをリッスンする必要があります。この PORT 環境変数は、Cloud Run によってコンテナに自動的に挿入されます。

このページでは、コンテナ イメージの作成方法を 2 つ説明します。1 つは Docker を使用する方法、もう 1 つは Cloud Build を使用する方法です。

ソースからコンテナ イメージをビルド(コンテナ化)する前に、ソースと Dockerfile を用意する必要があります。一般的な言語のサンプル アプリケーションと Dockerfiles については、ビルドとデプロイのクイックスタートをご覧ください。

Cloud Build でビルドする

Cloud Build を使用して Google Cloud にイメージをビルドできます。

  1. ソースと Dockerfile を含むフォルダに移動します。

  2. 次のコマンドを実行します。

     gcloud builds submit --tag gcr.io/[PROJECT-ID]/[IMAGE]
        

    [PROJECT-ID] は Google Cloud プロジェクト ID に、[IMAGE] は選択したイメージの名前に置き換えます。

ビルドのパフォーマンスを向上させるヒントについては、ビルドの高速化をご覧ください。

ローカルの Docker でビルドして push する

Docker をローカルにインストールしている場合は、Cloud Build の代わりに docker build を使用できます。

Docker でコンテナ イメージをビルドするには:

  1. ソースと Dockerfile を含むフォルダに移動します。

  2. 次のコマンドを実行します。

     docker build . --tag gcr.io/[PROJECT-ID]/[IMAGE]
        

    [PROJECT-ID] は Google Cloud プロジェクト ID に、[IMAGE] は選択したイメージの名前に置き換えます。

  3. gcloud コマンドライン ツールを使用して Container Registry へのリクエストを認証するように Docker を構成していない場合は、次のコマンドを実行します。

     gcloud auth configure-docker
        

    Docker でイメージの pull と push を行う前に、この設定を行う必要があります。この操作は初回のみ必要です。

  4. コンテナ イメージを Container Registry に push します。

     docker push gcr.io/[PROJECT-ID]/[IMAGE]
        

    [PROJECT-ID] は Google Cloud プロジェクト ID に置き換え、[IMAGE]docker build の起動時に選択したイメージ名に置き換えます。

このプロセスからローカル ファイルを除外するには、.dockerignore 構成ファイルの手順に従ってください。

次のステップ