ログビューア(プレビュー版)のインターフェース

始める前に

Amazon Web Services(AWS)から Logging にログを送信する場合を除き、Logging を使用するためにワークスペースは必要ありません。

ワークスペースを使用する場合、Logging はモニタリング対象の Google Cloud プロジェクトからログを結合しません。ログを表示する Cloud プロジェクトを選択する必要があります。

ワークスペースと AWS を使用する場合は、AWS コネクタ プロジェクトを選択して AWS ログを表示します。

始めに

ログビューア(プレビュー版)に移動するには、以下の手順に従います。

  1. Google Cloud のナビゲーション メニュー に移動し、[Logging] > [ログビューア] を選択します。
    ログビューアに移動
  2. Google Cloud プロジェクトを選択します。
  3. バージョン選択ツールのメニューから、ログビューアのバージョンを従来版から新しいログビューアのプレビュー版に切り替えます。

ログビューア(プレビュー版)が表示されます。

ログビューアのインターフェース

ログビューアのインターフェースでは、ログの取得、ログデータの解析、分析、クエリパラメータの絞り込みができます。

ログビューアのユーザー インターフェース

  1. ログビューア ページ: クエリを作成、分析、絞り込みます。
  2. 組織とプロジェクト セレクタ: 組織レベルまたはプロジェクト レベルでログを表示できます。
  3. クエリビルダー: プルダウン メニューまたはクエリビルダー言語を使用してクエリを作成できます。保存済みクエリを表示するタブもあります。
  4. ログ フィールド エクスプローラベータ版): resource.typeresource.labelslogName、および severity の各フィールドの集計ベースの結果を表示できます。また、クエリをより効率的に絞り込むことができます。
  5. ヒストグラム: ログデータの頻度を可視化できます。
  6. クエリ結果: クエリから取得したログを表示できます。
  7. ログエントリ: 構造化 JSON 形式のログエントリを表示できます。
  8. タイムゾーン: ログが表示されるタイムゾーンを変更できます。
  9. ページ レイアウト:[ヒストグラム] パネルと [ログ フィールド エクスプローラ] パネルを有効または無効にできます。
  10. 期間セレクタ: 結果を期間で制限できます。デフォルトの期間は 1 時間です。
  11. クエリの実行: クエリビルダー ペインで作成したクエリを実行できます。
  12. 現在に移動: 現在の時刻を含むように強制的に更新します。期間セレクタでカスタム範囲を使用し、終了時刻が設定されている場合、クエリはデフォルトの期間である 1 時間で実行されます。それ以外の場合は、現在の開始日または期間で更新され、クエリが実行されます。
  13. アクション: ログベースの指標やシンク先の作成など、ログに対して特定の操作を実行できます。
  14. 構成: ログフィールドの値をログエントリの先頭または末尾の概要行に追加できます。
  15. ログの概要の非表示: クエリの結果からログの概要行を非表示にできます。
  16. ネストされたログフィールドの展開または折りたたみ: ネストされたフィールドを展開または折りたたみます。
  17. クリップボードにコピー: JSON 形式でログエントリをコピーできます。

クエリ結果ペインで、フィールドの値をクリックして次の操作を選択できます。

  1. 一致エントリを表示: 一致するログエントリを照会できます。
  2. 一致エントリを非表示: 選択した式に一致しないログエントリを照会できます。
  3. 概要行にフィールドを追加: フィールドを概要行としてログエントリに追加できます。

フィールドの値の選択後のオプション

概要フィールドの追加

概要フィールドを使用すると、ログのパターンをすばやく確認できます。たとえば、次の画像は、その値を含むログの前に追加された概要フィールド resource.labels.pod_name の値を示しています。

ログビューアによって、ポッド名を表示している緑色のテキストが前に付いたログが表示されます。

ログエントリからの概要フィールドの追加

ログエントリに概要フィールドを追加するには、次の手順を実行します。

  1. 展開ボタン をクリックしてログエントリを展開します。

  2. フィールドの値をクリックして、[概要行にフィールドを追加] を選択します。

    これで、概要フィールドがそのフィールドを含むログエントリの前に表示されます。

[構成] ボタンを使用して概要フィールドを追加

[構成] ボタンを使用して概要フィールドを追加するには、次の手順を行います。

  1. [構成] をクリックし、[概要フィールドの管理] を選択します。

    概要フィールドの管理は、構成プルダウン メニューから選択します。

  2. フィールドを追加します。

    概要フィールドの選択には次の特徴があります。

    • 現在表示されているログを使用したオートコンプリート
    • 引用符で囲まれた有効文字のフィールド修正

      たとえば、「jsonPayload.id-field」と入力すると jsonPayload."id-field" に変わります。

  3. [Truncate summary fields] をクリックすると、概要フィールド値の表示が短くなります。次に、フィールドが切り捨てられる前に表示する文字数を選択して、フィールドの先頭と末尾のどちらが表示されるかを指定します。

  4. [適用] をクリックします。

    これで、概要フィールドがそのフィールドを含むログエントリの前に表示されます。

ログ フィールド エクスプローラ パネル

[ログ フィールド エクスプローラ] パネルには、ログデータの概要が表示され、クエリをより効率的に絞り込むことができます。ここには、指定したログフィールドのログエントリ数が大きなものから順に表示されます。ログフィールドの数は、[ヒストグラム] パネルで使用される期間に対応します。

[ログ フィールド エクスプローラ] は、実行されたクエリに基づいて入力および更新されます。空のクエリがある場合、[ログ フィールド エクスプローラ] パネルに、リソースタイプ別およびログ重大度フィールド別のログエントリ数が表示されます。

ログ フィールド エクスプローラ パネルの使用

[ログ フィールド エクスプローラ] パネルから [クエリビルダー] にフィールドを追加すると、クエリを絞り込むことができます。これを行うには、[ログ フィールド エクスプローラ] パネルでフィールド値をクリックします。これにより、ログフィールドがクエリ ビルダーに追加され、AND 演算子を使用して元のクエリに式として追加されて自動的に実行されます。

クエリが実行されると、ログエントリが徐々にスキャンされ、ログフィールドの数が段階的に読み込まれます。クエリが完了すると(青色の進行状況バーが終了すると)、すべてのログフィールドの合計数が表示されます。

ヒストグラム パネル

ヒストグラム パネルでは、時間の経過に伴うログの分布を可視化できます。これにより、ログデータの傾向の確認や問題のトラブルシューティングが容易になります。

ヒストグラム パネルの有効化

ヒストグラム パネルを有効にするには、[ページ レイアウト] を選択し、[ヒストグラム] チェックボックスをオンにします。[ヒストグラム] パネルが表示されます。

ページ レイアウトが開いており、ヒストグラムが選択されています。

ヒストグラム パネルを無効にするには、[ヒストグラム] チェックボックスをオフにします。

ヒストグラム パネルの使用

クエリを行うと、ヒストグラムが生成されます。選択した期間で一致するログエントリの頻度が表示されます。

ログの分析

ログデータを分析するには、[ヒストグラム] パネルのバーにカーソルを合わせ、[時間を選択] を選んで期間を絞り込みます。これで、その時間範囲の制限が設定された新しいクエリが実行されます。

時間を選択するポップアップ ダイアログを表示するログのヒストグラム

トラブルシューティング

このセクションでは、ログビューア(プレビュー版)を使用する際の一般的な問題のトラブルシューティングについて説明します。

Cloud プロジェクトまたは組織の選択

ログビューア(プレビュー版)など、Google Cloud Console の任意の場所から Cloud プロジェクトを選択するには、プロジェクトと組織のセレクタを使用します。

プルダウン メニューでプロジェクトを選択しているところです。

Cloud プロジェクトまたは組織 ID の取得

Google Cloud Console の任意の場所から Cloud プロジェクトまたは組織 ID を取得するには、プロジェクトと組織のセレクタからプロジェクトのリストを展開し、[ID] 列でプロジェクト ID を見つけます。

プロジェクトの ID が表示されます。

ログエントリが表示されない

ログエントリが表示されない場合は、次の点を確認します。

  • 正しいプロジェクトが選択されているかどうか そうでない場合は、プロジェクトと組織のセレクタから正しいプロジェクトを選択します。

  • プロジェクトでログを生成するリソースを使用しているかどうか。そのリソースでアクティビティがあるかどうか。プロジェクトが新規の場合でも、作成されたという事実を記録した監査ログがあります。ログを生成するリソースを使用していることを確認するには、[モニタリング対象リソース一覧] ページの [サービスのリソースタイプへのマッピング] セクションに移動します。

  • 期間が短すぎるかどうか。クエリの時間範囲が正しいことを確認します。

クエリは正しいが、ログエントリが表示されない

  • Logging の保持期間を超過したログエントリは表示されません。有効なログの保持期間については、ログの保持期間をご覧ください。

  • 負荷が高くなっている場合、Logging へのログの送信やログの受信と表示に遅延が生じることがあります。

  • 未来のタイムスタンプを持つログエントリは、現在の時刻がタイムスタンプに「追いつく」までログビューアに表示されません。これは異常な状況です。おそらく、ログを送信しているアプリケーションの時間のずれが原因です。

サポートの利用

サポートを受ける方法については、Google Cloud のオペレーション スイートのサポートページをご覧ください。