ログ エクスプローラの使用

始める前に

Amazon Web Services(AWS)アカウントからロギングに送信するログを表示するには、Google Cloud Console プロジェクト選択ツールで AWS コネクタ プロジェクトを選択してから、以前のログビューアを使用します。AWS コネクタ プロジェクトは、AWS アカウントの Amazon Resource Name(ARN)を保存し、AWS アカウントを Google Cloud サービスにリンクします。詳細については、プロジェクトまたはアカウントのワークスペースへの追加をご覧ください。

はじめに

ログ エクスプローラに移動する方法は次のとおりです。

  1. Google Cloud のナビゲーション メニュー に移動し、[ロギング] > [ログ エクスプローラ] を選択します。
    ログ エクスプローラに移動
  2. Google Cloud プロジェクトを選択します。
  3. [アップグレード] メニューにより、[以前のログビューア] から [ログ エクスプローラ] に切り替えます。

これで、ログ エクスプローラが表示されます。

ログ エクスプローラのインターフェース

ログ エクスプローラのインターフェースを使用すると、ログの取得、ログデータの解析と分析、クエリ パラメータの絞り込みができます。

ログ エクスプローラのユーザー インターフェース

  1. [ログ エクスプローラ] ページ: クエリの作成、分析、絞り込みを行うことができます。
  2. 組織とプロジェクト セレクタ: 組織レベルまたはプロジェクト レベルでログを表示できます。
  3. クエリビルダー: プルダウン メニューまたはクエリビルダー言語を使用してクエリを作成できます。保存済みのクエリや最近のクエリを表示するタブもあります。
  4. ログフィールド(ベータ版): resource.typeresource.labelslogNameseverity の各フィールドの集計ベースの結果を表示できます。また、フィールドで使用し、より効率的にクエリを絞り込むことができます。
  5. ヒストグラム: ログデータの頻度を可視化できます。
  6. クエリ結果: クエリから取得したログを表示できます。
  7. ログエントリ: 構造化 JSON 形式のログエントリを表示できます。
  8. タイムゾーン: ログが表示されるタイムゾーンを変更できます。
  9. ページ レイアウト:[ヒストグラム] パネルと [ログ フィールド エクスプローラ] パネルを有効または無効にできます。
  10. 期間セレクタ: 結果を期間で制限できます。デフォルトの期間は 1 時間です。
  11. クエリの実行: クエリビルダー ペインで作成したクエリを実行できます。
  12. 現在に移動: 現在の時刻を含むように強制的に更新します。期間セレクタでカスタム範囲を使用し、終了時刻が設定されている場合、クエリはデフォルトの期間である 1 時間で実行されます。それ以外の場合は、現在の開始日または期間で更新され、クエリが実行されます。
  13. アクション: ログベースの指標の設定、シンクの宛先の作成、ログのダウンロードができます。
  14. 構成: ログフィールドの値をログエントリの先頭または末尾の概要行に追加できます。また、最新のログを最初または最後のどちらに表示するかも選択できます。
  15. ログの概要の非表示: クエリの結果からログの概要行を非表示にできます。
  16. ネストされたログフィールドの展開または折りたたみ: ネストされたフィールドを展開または折りたたみます。
  17. クリップボードにコピー: JSON 形式でログエントリをコピーできます。
  18. 保存: [保存済み] タブで表示、実行できるクエリを保存できます。
  19. トレースデータ: トレースの詳細を表示し、トレースに基づいてクエリを調整することができます。
  20. クエリ結果の展開と折りたたみ: クエリ結果ペインを展開すると、より多くのログエントリを表示できます。
  21. 期間を調整する: ハンドルを調整して、クエリに使用される期間を変更できます。ハンドルを調整したら、[実行] をクリックして、クエリで使用される期間を更新します。
  22. 範囲を絞り込む: 現在のプロジェクトのログのみ、または 1 つ以上のストレージ ビューを対象にして、検索の範囲を絞り込むことができます。
  23. ログエントリを固定する: [クエリ結果] ペインと [ヒストグラム] ペインでログエントリを固定できます。[クエリ結果] ペインの構成に応じて、Logging でログが [クエリ結果] ペインの上部または下部に固定されます。
  24. ログエントリへのリンクをコピーする: ログエントリへのリンクを共有できます。
  25. ヒストグラム ビューポート: [クエリ結果] ペインで現在表示されているログの期間を表示できます。
  26. 共有リンク: 現在のクエリの短縮 URL を作成し、クリップボードにコピーできます。これにより、クエリの共有が簡単になります。
  27. ログのストリーミング: Logging がログエントリを取り込む際に、ログエントリを表示できます。

クエリ結果ペインで、フィールドの値をクリックして次の操作を選択できます。

  1. 一致エントリを表示: 一致するログエントリを照会できます。
  2. 一致エントリを非表示: 選択した式に一致しないログエントリを照会できます。
  3. 概要行にフィールドを追加: フィールドを概要行としてログエントリに追加できます。

フィールドの値の選択後のオプション

範囲を絞り込む

ログ エクスプローラに表示されるログの範囲を絞り込むには、[範囲を絞り込む] パネルを使用します。現在のプロジェクト内のログのみを検索することも、1 つ以上のストレージ ビューに基づいてログを検索することもできます。

ログ エクスプローラの範囲を絞り込むには、次の手順を行います。

  1. Logging メニューから [ログ エクスプローラ] を選択します。

    ログ エクスプローラに移動

  2. [範囲を絞り込む] を選択します。

  3. [範囲を絞り込む] パネルで、[絞り込む] オプションを選択します。

    [範囲を絞り込む] パネル

    • [プロジェクトで絞り込む] では、現在のプロジェクトで生成されるログを検索できます。

    • [ストレージで絞り込む] を使用すると、1 つ以上のストレージ ビューに基づいてログを検索できます。 ログビューの詳細については、ログバケットでのログビューの管理をご覧ください。

  4. [ストレージで絞り込む] を選択した場合は、表示するバケットを 1 つ以上選択します。

    パネルには、次の条件を満たすストレージ ビューが表示されます。

    • ユーザーはストレージ ビューにアクセスできます。
    • バケットが選択したプロジェクトに属しているか、選択したプロジェクトがストレージ バケットにログをルーティングしています。
  5. [適用] をクリックします。

概要フィールドの追加

概要フィールドを使用すると、ログのパターンをすばやく確認できます。たとえば、次の画像は、その値を含むログの前に追加された概要フィールド resource.labels.pod_name の値を示しています。

ログ エクスプローラによって、Pod 名を表示している緑色のテキストが前に付加されたログが表示されます。

ログエントリからの概要フィールドの追加

ログエントリに概要フィールドを追加するには、次の手順を実行します。

  1. 展開ボタン をクリックしてログエントリを展開します。

  2. フィールドの値をクリックして、[概要行にフィールドを追加] を選択します。

    これで、概要フィールドがそのフィールドを含むログエントリの前に表示されます。

[構成] ボタンを使用して概要フィールドを追加

[構成] ボタンを使用して概要フィールドを追加するには、次の手順を行います。

  1. [構成] をクリックし、[概要フィールドの管理] を選択します。

    概要フィールドの管理は、構成プルダウン メニューから選択します。

  2. フィールドを追加します。

    概要フィールドの選択には次の特徴があります。

    • 現在表示されているログを使用したオートコンプリート
    • 引用符で囲まれた有効文字のフィールド修正

      たとえば、「jsonPayload.id-field」と入力すると jsonPayload."id-field" に変わります。

  3. [Truncate summary fields] をクリックすると、概要フィールド値の表示が短くなります。次に、フィールドが切り捨てられる前に表示する文字数を選択して、フィールドの先頭と末尾のどちらが表示されるかを指定します。

  4. [適用] をクリックします。

    これで、概要フィールドがそのフィールドを含むログエントリの前に表示されます。

[ログフィールド] パネル

[ログフィールド] パネルにはログデータの概要が表示され、クエリをより効率的に絞り込むことができます。ここには、指定したログフィールドのログエントリ数が大きなものから順に表示されます。ログフィールドの数は、[ヒストグラム] パネルで使用される期間に対応します。

[ログフィールド] パネルは、実行されたクエリに基づいて入力、更新されます。空のクエリがある場合は、[ログフィールド] パネルにリソースタイプとログ重大度フィールド別のログエントリ数が表示されます。

[ログ フィールド] パネルにログ フィールドのデータが表示されます。

[ログフィールド] パネルの使用

[ログフィールド] パネルから [クエリビルダー] にフィールドを追加すると、クエリを絞り込むことができます。これを行うには、[ログフィールド] パネルでフィールド値をクリックします。これにより、ログフィールドがクエリ ビルダーに追加され、AND 演算子を使用して元のクエリに式として追加されて自動的に実行されます。

クエリが実行されると、ログエントリが徐々にスキャンされ、ログフィールドの数が段階的に読み込まれます。クエリが完了すると(青色の進行状況バーが終了すると)、すべてのログフィールドの合計数が表示されます。

ヒストグラム パネル

ヒストグラム パネルでは、時間の経過に伴うログの分布を可視化できます。これにより、ログデータの傾向の確認や問題のトラブルシューティングが容易になります。

ヒストグラム パネルの有効化

ヒストグラム パネルを有効にするには、[ページ レイアウト] を選択し、[ヒストグラム] チェックボックスをオンにします。[ヒストグラム] パネルが表示されます。

ページ レイアウトが開いており、ヒストグラムが選択されています。

ヒストグラム パネルを無効にするには、[ヒストグラム] チェックボックスをオフにします。

ヒストグラム パネルの使用

クエリを行うと、ヒストグラムが生成されます。選択した期間で一致するログエントリの頻度が表示されます。

ログの分析

ログデータを分析するには、[ヒストグラム] パネルのバーにカーソルを合わせ、[時間を選択] を選んで期間を絞り込みます。これで、その時間範囲の制限が設定された新しいクエリが実行されます。

時間を選択するポップアップ ダイアログを表示するログのヒストグラム

[ヒストグラム] パネルには、[クエリ結果] ペインに表示されるログの期間が反映されたビューポートがあります。このビューポートにより、クエリの長い期間内で現在表示されているログの方向がわかります。

ビューポートのサイズは、[クエリ結果] ペインに表示されるログエントリの最大と最小の timestamp の間の期間に基づきます。

ヒストグラム パネルにビューポートが表示されます。

トレース データ

ログエントリに trace とレイテンシ関連のフィールドの両方が含まれている場合、レイテンシとトレースのアイコンが表示されます。

トレースデータが含まれるログエントリが表示されます。

ログエントリに trace フィールドしか含まれていない場合は、トレース アイコンのみが表示されます。

トレース フィールドのみを含むログエントリの表示にはトレース アイコンが付いています。

ログエントリに関連するトレースデータを表示するには、トレース アイコンをクリックします。次を選択できます。

  • トレースの詳細表示: 親スパンと子トレースのほか、トレースの詳細を表示します。トレースの詳細を表示するには、[トレースで表示] をクリックして Cloud Trace に移動します。フライアウト パネル内のコンテンツの詳細については、トレースの詳細表示をご覧ください。
  • このトレースのすべてのログを表示: ログエントリに関連付けられたトレースの識別子に trace フィールドを追加して、クエリを調整して実行します。

  • トレースされたリクエストのみを表示: True に設定された traceSampled フィールドを追加して、クエリを調整して実行します。サンプリングの詳細については、サンプリング レートをご覧ください。

ログの固定

ログを固定すると、目的のログエントリがハイライト表示されます。ログを固定するには、固定するログにカーソルを合わせて、ピンアイコン を選択します。ログエントリを固定すると、その背景が暗くなり、ピンアイコン が表示されます。

ログを固定してクエリを再実行すると、ログの構成に応じて [クエリ結果] ペインの上部または下部に表示されます。また、固定されたログの timestamp に基づいて、ピンアイコンが [ヒストグラム] ペインにも表示されます。

ログ エクスプローラにより [クエリ結果] ペインと [ヒストグラム] ペインに、固定されたログエントリが表示されます。

ログの固定を解除するには、ピンアイコンを選択し、続いて [ログエントリの固定を解除] を選択します。

リソース コンテキスト内で固定されたログエントリの表示

固定されたログは、リソース コンテキスト内で表示できます。これにより、固定ログ前後の固定されたログと同じリソースタイプを持つログエントリを調べることができます。

リソース コンテキスト内で固定されたログを表示するには、ピンアイコン を選択して、[リソースのログエントリを固定し、表示します] を選択します。

[リソース ログエントリを固定して表示] が選択されています。

Logging は、固定されたログのリソースタイプを [クエリビルダー] に入力し、クエリを実行します。これで、固定されたログをリソースタイプと関連付けて表示できるようになりました。

固定されたログエントリを [ヒストグラム] ペインに表示する

[ヒストグラム] ペインを使用すると、固定されたログを選択し、[ログエントリをズーム] を選択して、[ヒストグラム] ペインで表示する期間を絞り込めます。これにより、固定されたログの近くにあるログを分離するようにクエリを調整できます。

ヒストグラムの期間が絞り込まれます。

ログへのリンクを共有するには、ログエントリを展開して、[リンクをコピー] を選択します。 リンクがクリップボードにコピーされます。これで、プロジェクトにアクセスできるユーザーにリンクを送信できるようになりました。ユーザーがブラウザにリンクを貼り付けるか選択すると、ロギングは [クエリ結果] ペインにログエントリを固定します。

他のユーザーと共有するログエントリのリンクをコピーします。

ログのダウンロード

ログは CSV 形式または JSON 形式でダウンロードできます。ログをダウンロードするには、次のいずれかの Identity and Access Management のロールが必要です。

  • Logging 管理者roles/logging.admin
  • ログ表示アクセス者roles/logging.viewAccessor

ログをダウンロードする手順は次のとおりです。

  1. [アクション]、[ログのダウンロード] の順に選択します。

    [アクション] ボタンを使用してログをダウンロードします。

  2. [ログのダウンロード] ダイアログで、CSV 形式または JSON 形式を選択します。その後、ログをパソコンまたはドライブにダウンロードするか、新しいタブにログを表示するかを選択します。

    CSV を保存してドライブを選択すると、スプレッドシートでファイルを開くことができます。

ログのストリーミング

ロギングがログを取り込む際に、すべてのログをストリーミングできます。また、クエリを追加して、クエリに一致するログのみをストリーミングすることもできます。

クエリに基づいてログをストリーミングするには、[クエリビルダー] ペインにクエリを追加して、[ログをストリーミングする] を選択します。ロギングがログデータを取り込むと、[クエリ結果] ペインにクエリに一致するログのみが表示されます。クエリを指定しない場合、ロギングは各ログが取り込まれると表示します。

ログをストリーミングする前にクエリを追加する

ストリーミングを停止するには、[ストリーミングを停止する] を選択するか、[クエリ結果] ペイン内を下にスクロールします。

トラブルシューティング

このセクションでは、ログ エクスプローラを使用する際の一般的な問題のトラブルシューティングの手順を説明します。

Cloud プロジェクトまたは組織の選択

ログ エクスプローラなど、Google Cloud Console の任意の場所から Cloud プロジェクトを選択するには、プロジェクトと組織のセレクタを使用します。

プルダウン メニューでプロジェクトを選択しているところです。

Cloud プロジェクトまたは組織 ID の取得

Google Cloud Console の任意の場所から Cloud プロジェクトまたは組織 ID を取得するには、プロジェクトと組織のセレクタからプロジェクトのリストを展開し、[ID] 列でプロジェクト ID を見つけます。

プロジェクトの ID が表示されます。

ログエントリが表示されない

ログエントリが表示されない場合は、次の点を確認します。

  • 正しいプロジェクトが選択されているかどうか そうでない場合は、プロジェクトと組織のセレクタから正しいプロジェクトを選択します。

  • プロジェクトでログを生成するリソースを使用しているかどうか。そのリソースでアクティビティがあるかどうか。プロジェクトが新規の場合でも、作成されたという事実を記録した監査ログがあります。ログを生成するリソースを使用していることを確認するには、[モニタリング対象リソース一覧] ページの [サービスのリソースタイプへのマッピング] セクションに移動します。

  • 期間が短すぎるかどうか。クエリの時間範囲が正しいことを確認します。

  • 現在の除外クエリを表示して、探しているログが誤って除外されていないか確認します。

クエリは正しいが、ログエントリが表示されない

  • Logging の保持期間を超過したログエントリは表示されません。有効なログの保持期間については、ログの保持期間をご覧ください。

  • 負荷が高くなっている場合、Logging へのログの送信やログの受信と表示に遅延が生じることがあります。

  • 未来のタイムスタンプを持つログエントリは、現在の時刻がタイムスタンプに「追いつく」までログ エクスプローラに表示されません。これは異常な状況です。おそらく、ログを送信しているアプリケーションの時間のずれが原因です。

サポートの利用

サポートを受ける方法については、Google Cloud のオペレーション スイートのサポートページをご覧ください。