コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
ジャンプ先

Google Cloud インフラストラクチャ サービスおよび価格に関する最新情報

ここでは、インフラストラクチャ サービスと Google Cloud の料金の変更に関するよくある質問を紹介します。このよくある質問は定期的に更新される予定です。最新情報を随時ご確認ください。

重要な注意事項: これらの変更は(2022 年 10 月 1 日以降)6 か月間は有効ではなく、変動割引または固定割引が設定された既存の契約中のお客様も、更新まではこの変更の影響を受けません。ただし、新しいサービスや料金についてご不明な点があるお客様には、情報を提供する必要があります。

お客様からのフィードバックに基づいて、今回 6 か月の間に 2 回に分けて変更を導入する予定です。2022 年 10 月 1 日に、Google はストレージ、永続ディスク(PD)、ロードバランサ、クラウド オペレーションのモニタリングなどのプロダクトに焦点を当てた、すべての新しいプロダクト / SKU で以前計画した料金を更新します。

その後、2023 年後半に既存のプロダクトの料金の更新を適用し、それらの変更への準備のためにお客様に少なくとも 6 か月の猶予を設けます。

よくある質問

使用しているプロダクトが料金改定の影響を受けるかどうかを確認する方法

今回の変更は、既存のプロダクトと新しいプロダクトの両方を対象としていますが、その実施時期は異なります。以下で各プロダクトに関するお知らせを確認しましょう。

a. Persistent Disk スナップショットの料金変更

b. Cloud Storage の料金の変更

c. ロード バランシングの料金の変更

d. Cloud Ops Monitoring の料金の変更

Google Cloud プロダクトの使用状況に関する情報を見つける方法

次の手順に沿って、Google Cloud プロダクトの現在の使用状況をご確認ください。  

1. 9 月 15 日に、料金改定に関する最新情報をメールでお届けしました。[ご請求に関するお知らせ] という件名で検索してみてください。一部の Google Cloud サービスの今後の料金改定に関するお知らせです。

a. メールが届いた場合: 現在の使用量の見積もりを添付します。この見積もりには、既存の SKU と、近日導入予定の新しい SKU が含まれます。  

b. メールが見つからない場合: それでも、価格が変更される既存の SKU の費用を見積もることができます。新しい SKU の使用状況に関する情報は、10 月 1 日以降に請求レポートに表示されます。

    i. 対象のプロダクト用に変更される SKU を表示します。

  1. Cloud Storage の料金の変更
  2. Persistent Disk スナップショットの料金変更
  3. ロード バランシングの料金の変更
  4. Cloud Ops Monitoring の料金の変更

c. 既存の Cloud Storage、Persistent Disk、ロード バランシング SKU 向け

  1. Cloud Console の請求レポートページまたは料金明細ページを参照します。
  2. [グループ条件] フィルタを [SKU] に変更し、予測に使用するタイムラインに基づいてデータにフィルタを適用します。
  3. 見積もりページまたは料金ページの SKU を使用して、SKU フィルタを指定し、各プロダクトの関連 SKU の使用状況を確認します。フィルタで SKU 名または ID を指定して現在の使用状況を確認してから、[使用量] 列の使用量を基に新しい費用を計算します。

d. Cloud Ops のモニタリングの場合

  1. Cloud Ops Monitoring の料金は使用量に基づきます。 費用の見積もりはメールで提供されます。

プロダクトの変更に備える方法

使用しているプロダクトを特定し、使用している SKU の新しい費用の見積もりを計算したら、Persistent Disk、Cloud Storage、ロード バランシングの変更に備えます。手順は次のとおりです。

  1. Persistent Disk スナップショットについては、スナップショットを使用している各アプリケーションを確認し、新しいアーカイブ クラスのオプションへの移行が組織にとって適切かどうかを検討します。新しいスナップショットも現在のスナップショットと矛盾のない形で管理されるため、今後新しいスナップショットを使用するように設定を変更するのは簡単です。スナップショットの保持期間が 90 日以上で、頻繁にはアクセスしない場合は、アーカイブ スナップショットを作成することをおすすめします。マルチリージョン スナップショット(追加のレプリケーションと耐障害性)が不要な場合は、スナップショットの作成時に 1 つのリージョン ロケーションを指定して、リージョン スナップショットを使用することをおすすめします。ストレージ オプションに関するページをご覧ください。
  2. Cloud Storage については、ロケーションに関する考慮事項をご覧ください。 
    1. 現行の Multi-Regional Storage バケットを引き続き使用するのと、データをリージョナルまたはデュアルリージョンに移動するのでは、どちらが組織にとってより適切かを判断します。
    2. 有効期間が短いデータをリージョンのロケーションに保存する。
    3. コンピューティング リソースとストレージ リソースが同じリージョンにあることを確認します。
    4. Storage Transfer Service を使用してデータを移行するかどうかを決定します。2022 年 12 月 31 日までは、Cloud Storage バケット間の移行には費用がかかりません。
  3. ロード バランシングについては、Cloud CDNGoogle Cloud Armor のどちらが特定のニーズのためにデータの削減に役立つかを決定します。送信ロードバランサのデータを削減するための手順をご覧ください。
  4. Cloud Ops のモニタリングについて
    1. 設定した稼働時間チェックを確認します。
    2. 必要な稼働時間チェックは保持してください。
    3. 不要な稼働時間チェックは削除します。稼働時間チェックのリストは、[Cloud Ops] > [モニタリング] > [稼働時間チェック] で確認できます。

今回の変更に至った理由

過去数年にわたり、Google Cloud はインフラストラクチャ サービスに大きな投資を行い、お客様に利益をもたらしてきました。こうした変更の多くは、Cloud Storage の新しい柔軟なオプション、データ モビリティ、Persistent Disk スナップショット、ネットワーク ロード バランシング、Network Intelligence Center の一部など、新しいユースケースやアプリケーションの機能を追加しています。  

これらの機能を追加していく一方で、一部のプロダクトの料金モデルについては、Google Cloud のサービスをどのように購入したいかというお客様の声に応えながら調整を続けています。マルチクラウドに移行する企業が増える中、この主要クラウド プロバイダの標準価格との整合性を高めることで、お客様は複数のプロバイダへの支払い管理を簡素化し、調達の効率化を図ることができます。

Google の料金設定の基本的な考え方はどのようなものですか?

Google Cloud は、ビジネスを変革するための革新的なソリューションを、お客様志向で一貫した価格で提供しています。従量課金制の料金体系により、お客様は使用するサービスと費用をより適切に一致させることができます。 また、お客様は、主要なクラウド プロバイダ各社のサービスをより簡単に比較できるようになります。

価格改定の影響を受けるサービスは何ですか?

Google は、特定の Google Cloud インフラストラクチャ サービスのサービスを(場合によっては価格も)変更します。この変更には、Cloud Storage、ネットワーク、セキュリティ、コンピューティング サービスの一部である Persistent Disk のサービスが含まれます。この変更により、お客様は、ワークロードの種類や規模、データ ポータビリティのニーズに基づいて費用を最適化することが可能になります。また、一部のサービスについては、価格を下げることもできます。2022 年 10 月 1 日に導入される変更の概要を以下に示します。

  • デュアルリージョンまたはマルチリージョンのストレージ バケットに書き込まれたデータのレプリケーションや、リージョン間のデータアクセスなど、Cloud Storage によるデータ モビリティに対するお客様の課金方法を変更します。
  • データへのアクセス頻度が低いお客様やデータのバックアップを行う Persistent Disk のお客様向けに、より低価格なアーカイブ スナップショット オプション(2022 年下半期に予定)を新たに導入しました。このオプションは、既存の Standard Storage クラスのスナップショットを補完するもので、クローニングやテストや開発のユースケースに適しています。新しい Archive Storage クラスは、現行の Standard Storage クラスより下にあり、現行の Standard Storage クラスには若干のプレミアムが付加されます。
  • ロード バランシング プロダクトをご利用のお客様には、インバウンドに限らず、アウトバウンドのトラフィック データ処理についても課金を開始する予定です。
  • さらなる機能(プライベート稼働時間チェックなど)の追加、サービスの信頼性とスケーラビリティへの投資、他のクラウド運用ソリューションとの連携など、稼働時間チェックの改善を進めています。また、有料化も開始する予定です。

この変化に対応するために、お客様ができることを考えましょう。

お客様は、現在の使用方法を変更することで、アプリケーションをこれらの新しいビジネスモデルにより適合させ、価格改定の一部を軽減できます。現在のストレージ、ネットワーキング、コンピューティングのニーズに基づいて、実施するアクションがある場合は検討する必要があります。多くの変更点は、そうしたニーズと関連しているため単純に選択できます。

お客様に提供する新しい柔軟なオプションにはどのようなものがありますか?

Google Cloud が成長するにつれ、お客様はパフォーマンス、コスト、可用性のニーズを満たす柔軟性を備えたプロダクトでインフラストラクチャを構築したいと考えていることがわかりました。この変更により、お客様のユースケースに合わせたプロダクトのオプションの新しいカスタマイズ方法を導入しています。プロダクトによっては、こうした新しい方法は、新しい機能の追加や詳細なコントロールを意味する場合もあります。その他のプロダクトについては、新しいオプションを利用すると、使用に対する請求方法が変更になる場合もあります。

以下の分野で新たな柔軟性を導入しています。

  • Persistent Disk のスナップショット オプション: 今後、Persistent Disk では、単一の定額料金ではなく、お客様のユースケースに応じて、さまざまなサービスや価格帯を提供予定です。スナップショットを長期的にバックアップするユースケースを持つお客様は、新しいアーカイブ スナップショット SKU を使用できます。価格は、現在の Persistent Disk スナップショットよりも低価格になります。より高い耐障害性を必要とするお客様には、引き続きプレミアム マルチリージョン スナップショット オプションを提供します。マルチリージョン スナップショットの費用を抑えるため、新しいスナップショットはデフォルトでディスクと同じリージョンになります。
  • データ モビリティへの請求方法の変更: 以前は、ストレージを利用しているお客様の多くは、高可用性とクロスリージョン レプリケーションを実現するためのデフォルトのオプションとして、マルチリージョンのストレージを使用していました。今回のプロダクトの変更により、お客様はデュアルリージョン ストレージの性能を向上させるために、新たに多くの場所にデュアル リージョンを作成したり、ターボ レプリケーションなどの機能(追加費用)を選択できます。リージョンとデュアル リージョンでは、お客様がより高いパフォーマンスを得るためにコンピューティングとストレージを両方利用できるため、マルチリージョンよりも分析および汎用的なエンタープライズ ワークロードに適している可能性があります。

価格改定はいつから適用されますか?

サービスおよび価格の更新は、2022 年 10 月 1 日から実施されます。サービスに関する重要なお知らせ(MSA)は 2022 年 3 月 14 日にお客様に送信されており、変更が適用される 180 日以上前にお客様にお知らせされています。2022 年 10 月 1 日より前に変動割引または固定割引が設定されたコミット契約を新規に取り交わしたお客様または更新したお客様は、価格変更の影響を受けません。契約が終了するまで、既存の料金モデルが自動的に適用されます。Google は 2022 年 9 月 15 日に MSA を改訂し、2023 年までの一部の変更の日付を改訂しています。

その他の質問

Google Cloud とコミット契約を結んでいます。料金が変更されることはありますか?

Google はお客様とのコミットメントを尊重し、変動割引または固定割引が設定された既存のコミット契約は契約が終了するまで影響を受けません。どのような変更が行われるかについては、営業担当者にお問い合わせください。

変更に対応するための Google Cloud のサポートはありますか?

多くの変更点は、かなり単純な選択と関連しています。たとえば、Persistent Disk のスナップショットの場合、スナップショットを使用して各アプリケーションを調査し、新しいアーカイブ クラス オプションへの移行が適切かどうかを確認できます。 新しいスナップショットは現在のスナップショットと一貫して管理されるため、将来のスナップショットで新しい階層を使用するための構成の変更は比較的容易に行うことができます。Persistent Disk の料金オプションを確認する

一般的に、Cloud Storage に加える変更には、他にも多くの緩和策があります。お客様は、現在のマルチリージョンのストレージ バケットを引き続き利用するか、リージョンまたはデュアル リージョンの場所に移行するか、どちらかを決定する必要があるかもしれません。ストレージに使用可能なオプションを確認する

Google Cloud では、ロード バランシング サービスの料金体系が変更されるほか、送信データ処理に対して新しい料金を導入されます。さらに、5 つのネットワーキング プロダクトの SKU をシンプルにしたり、減らしたりすることで、お客様の請求のエクスペリエンスを改善します。ロード バランシングで使用できるオプションの詳細をご覧ください。

既存のお客様にはいつどのように通知されますか?

2022 年 3 月 14 日に、サービスに関する重要なお知らせ(MSA)を送付しました。改訂された MSA は 2022 年 9 月 15 日に送信されました。

この変更は全世界で適用されますか?

この変更は全世界で適用されます。価格改定については、通貨裁定を避けるため、現地通貨の定価は米ドル価格に調整されます。

詳しい情報、資料、サポートはどこで入手可能ですか?

このよくある質問の他に、参考となる資料があります。

ブログでは、次のように最新情報を提供しています。Google Cloud のインフラストラクチャ機能と料金体系のアップデート

2022 年 10 月 1 日に価格が変更される前に、このよくある質問を定期的に更新する予定です。ただし、このよくある質問に記載されていないご質問がございましたら、Google のスペシャリストにお問い合わせください。

*注: 本資料における料金分析は 2022 年 2 月時点のものです