クイックスタート: gcloud コマンドライン ツールの使用

このページでは gcloud コマンドライン ツールを使って Cloud Functions の関数を作成しデプロイする方法について説明していきます。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. GCP プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. Google Cloud Platform プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。 詳しくは、課金を有効にする方法をご覧ください。

  4. Cloud Functions API を有効にします。

    APIを有効にする

  5. Cloud SDK をインストールして初期化します。
  6. gcloud コンポーネントを更新し、インストールします。
    gcloud components update &&
    gcloud components install beta
  7. コマンド プロンプトが必要な場合は、Google Cloud Shell を使用できます。Google Cloud Shell は、Google Cloud SDK がすでに含まれているコマンドライン環境であるため、インストールする必要はありません(Google Cloud SDK は、Google Compute Engine の仮想マシンにもプリインストールされています)。

  8. Node.js 開発用に環境を準備します。

    セットアップ ガイドに移動

関数を作成する

  1. 関数コードで使用するため、ローカル システムにディレクトリを作成します。

    Linux / Mac OS X

    ディレクトリを作成します。

    mkdir ~/gcf_hello_world

    そのディレクトリに移動します。

    cd ~/gcf_hello_world

    Windows(CMD)

    ディレクトリを作成します。

    mkdir %HOMEDRIVE%%HOMEPATH%\gcf_hello_world

    そのディレクトリに移動します。

    cd %HOMEDRIVE%%HOMEPATH%\gcf_hello_world

  2. 次の内容を含む gcf_hello_world ディレクトリに index.js ファイルを作成します。これは、helloGET という単純な関数で、HTTP 経由で GET リクエストに「Hello World!」というテキストで応答します。

    Node.js

    /**
     * HTTP Cloud Function.
     *
     * @param {Object} req Cloud Function request context.
     * @param {Object} res Cloud Function response context.
     */
    exports.helloGET = (req, res) => {
      res.send('Hello World!');
    };

関数をデプロイする

次のコマンドを使用して関数をデプロイします。完了するまで数分かかることがあります。

gcloud beta functions deploy helloGET --trigger-http

関数をテストする

  1. 関数のデプロイが完了したら、httpsTriggerurl プロパティをメモするか、次のコマンドを使用して関数を探します。

    gcloud beta functions describe helloGET
    次のようになります。 https://[GCP_REGION]-[PROJECT_ID].cloudfunctions.net/helloGET

  2. ブラウザで、この URL にアクセスします。Hello World! メッセージが表示されるはずです。

次のステップ

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Cloud Functions のドキュメント