クイックスタート: gcloud コマンドライン ツールの使用

このページでは、gcloud コマンドライン ツールにより Cloud Functions の関数を作成してデプロイする方法について説明します。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Cloud Console のプロジェクト セレクタページで、Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    プロジェクト セレクタのページに移動

  3. Google Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud Functions and Cloud Build API を有効にします。

    API を有効にする

  5. Cloud SDK をインストールし、初期化します
  6. gcloud コンポーネントを更新します。
    gcloud components update
  7. コマンド プロンプトが必要な場合は、Google Cloud Shell を使用できます。Google Cloud Shell は、Google Cloud SDK がすでに含まれているコマンドライン環境であるため、インストールする必要はありません Google Cloud SDK も Google Compute Engine の仮想マシンにプリインストールされています。

  8. 開発環境を準備します。

サンプルコードを取得する

  1. ローカルマシンにサンプル リポジトリのクローンを作成します。

    Node.js

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/nodejs-docs-samples.git

    または、zip 形式のサンプルをダウンロードし、ファイルを抽出してもかまいません。

    Python

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/python-docs-samples.git

    または、zip 形式のサンプルをダウンロードし、ファイルを抽出してもかまいません。

    Go

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/golang-samples.git

    または、zip 形式のサンプルをダウンロードし、ファイルを抽出してもかまいません。

    Java

    git clone https://github.com/GoogleCloudPlatform/java-docs-samples.git

    または、zip 形式のサンプルをダウンロードし、ファイルを抽出してもかまいません。

  2. Cloud Functions のサンプルコードが含まれているディレクトリに移動します。

    Node.js

    cd nodejs-docs-samples/functions/helloworld/

    Python

    cd python-docs-samples/functions/helloworld/

    Go

    cd golang-samples/functions/helloworld/

    Java

    cd java-docs-samples/functions/helloworld/helloworld/

  3. サンプルコードを見てみましょう。

    Node.js

    /**
     * HTTP Cloud Function.
     * This function is exported by index.js, and is executed when
     * you make an HTTP request to the deployed function's endpoint.
     *
     * @param {Object} req Cloud Function request context.
     *                     More info: https://expressjs.com/en/api.html#req
     * @param {Object} res Cloud Function response context.
     *                     More info: https://expressjs.com/en/api.html#res
     */
    exports.helloGET = (req, res) => {
      res.send('Hello World!');
    };

    Python

    def hello_get(request):
        """HTTP Cloud Function.
        Args:
            request (flask.Request): The request object.
            <https://flask.palletsprojects.com/en/1.1.x/api/#incoming-request-data>
        Returns:
            The response text, or any set of values that can be turned into a
            Response object using `make_response`
            <https://flask.palletsprojects.com/en/1.1.x/api/#flask.make_response>.
        """
        return 'Hello World!'

    Go

    
    // Package helloworld provides a set of Cloud Functions samples.
    package helloworld
    
    import (
    	"fmt"
    	"net/http"
    )
    
    // HelloGet is an HTTP Cloud Function.
    func HelloGet(w http.ResponseWriter, r *http.Request) {
    	fmt.Fprint(w, "Hello, World!")
    }
    

    Java

    
    package functions;
    
    import com.google.cloud.functions.HttpFunction;
    import com.google.cloud.functions.HttpRequest;
    import com.google.cloud.functions.HttpResponse;
    import java.io.BufferedWriter;
    import java.io.IOException;
    
    public class HelloWorld implements HttpFunction {
      // Simple function to return "Hello World"
      @Override
      public void service(HttpRequest request, HttpResponse response)
          throws IOException {
        BufferedWriter writer = response.getWriter();
        writer.write("Hello World!");
      }
    }

関数をデプロイする

HTTP トリガーを使用して関数をデプロイするには、helloworld ディレクトリで次のコマンドを実行します。

Node.js

gcloud functions deploy helloGET \
--runtime nodejs10 --trigger-http --allow-unauthenticated
優先する Node.js のバージョンを指定するには、--runtime フラグに次の値を使用します。
  • nodejs10
  • nodejs12

Python

gcloud functions deploy hello_get \
--runtime python37 --trigger-http --allow-unauthenticated
優先する Python バージョンを指定するには、--runtime フラグに次の値を使用します。
  • python37
  • python38

Go

gcloud functions deploy HelloGet \
--runtime go111 --trigger-http --allow-unauthenticated
優先する Go バージョンを指定するには、--runtime フラグに次の値を使用します。
  • go111
  • go113

Java

gcloud functions deploy java-helloworld \
--entry-point functions.HelloWorld \
--runtime java11 \
--memory 512MB --trigger-http --allow-unauthenticated

--allow-unauthenticated フラグを使用すると、認証なしで関数にアクセスできます。認証を要求するには、フラグを省略します。

関数をテストする

  1. 関数がデプロイされたら、httpsTriggerurl プロパティをメモするか、次のコマンドを使用して検索します。

    Node.js

    gcloud functions describe helloGET

    Python

    gcloud functions describe hello_get

    Go

    gcloud functions describe HelloGet

    Java

    gcloud functions describe java-helloworld

    次のようになります。

    Node.js

    https://GCP_REGION-PROJECT_ID.cloudfunctions.net/helloGET

    Python

    https://GCP_REGION-PROJECT_ID.cloudfunctions.net/hello_get

    Go

    https://GCP_REGION-PROJECT_ID.cloudfunctions.net/HelloGet

    Java

    https://GCP_REGION-PROJECT_ID.cloudfunctions.net/java-helloworld

  2. ブラウザで、この URL にアクセスします。Hello World! というメッセージが表示されます。

次のステップ