Console を使用したクイックスタート

ここでは、Cloud Console で Node.js、Python または Go を使用して Cloud ファンクションを作成し、デプロイする方法を説明します。

Cloud Console で関数を作成してデプロイする方法の詳細については、Cloud Console からのデプロイをご覧ください。

始める前に

  1. Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  2. Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクトの選択] ページに移動

  3. Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を学習する

  4. Cloud Functions and Cloud Build API を有効にします。

    API を有効にする

関数を作成する

  1. Cloud Console で Functions の概要ページを開きます。

    Cloud Functions の概要ページに移動

    Cloud Functions を有効にしたプロジェクトが選択されていることを確認します。

  2. [関数を作成] をクリックします。

  3. 関数に名前を付けます。

  4. [トリガー] フィールドで [HTTP トリガー] を選択します。

  5. [ソースコード] フィールドで [インライン エディタ] を選択します。この演習では、エディタで提供されているデフォルト関数を使用します。この関数は、後のステップで作成するメッセージをログに記録します。

  6. [ランタイム] プルダウンでランタイムを選択します。

ここまでのステップが完了すると、選択したランタイムに応じて次のような画面が表示されます。

Python の関数作成フォームを示すスクリーンショット

関数をデプロイする

関数をデプロイします。

  1. ページの下部にある [作成] をクリックします。

  2. [作成] をクリックすると、Cloud Console に Cloud Functions の概要ページが表示されます。

    関数のデプロイ中は、関数の横に小さいスピナーのアイコンが表示されます。デプロイが完了すると、スピナーが緑のチェックマークに変わります。

    関数のデプロイ プロセスを示すスクリーンショット

関数をテストする

Cloud Console のインライン エディタで提供されるデフォルトの関数をテストするには:

  1. 関数のメニューを表示して、[関数をテスト] をクリックします。

    関数のテストプロセスを示すスクリーンショット

  2. [トリガーとなるイベント] フィールドにテキスト「{"message":"Hello World!"}」を入力して、[関数をテスト] をクリックします。

    [出力] フィールドに、「Success: Hello World!」というメッセージが表示されます。

    [ログ] フィールドにステータス コード 200 が表示されていれば、成功しています。

    [ログ] フィールドに成功を示すコード 200 が表示されているスクリーンショット

ログを表示する

ログ履歴内のアクションを確認するには、ログを開いてチェックします。

  • Cloud Functions の概要ページに戻り、関数のメニューを表示し、[ログを表示] をクリックします。

ログの履歴が表示されます。

[ログ] フィールドに成功を示すコード 200 が表示されているスクリーンショット

次のステップ