クイックスタート: サーバー クライアント ライブラリの使用

このクイックスタートでは、C#、Go、Java、Node.js、PHP、Python、または Ruby サーバー クライアント ライブラリを使用して、Firestore の設定、データの追加、データの読み取りを行う方法を説明します。

始める前に

  • Google アカウントにログインします。

    Google アカウントをまだお持ちでない場合は、新しいアカウントを登録します。

  • Google Cloud Console の [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

    [プロジェクトの選択] ページに移動

ネイティブ モードの Firestore データベースを作成する

新しいプロジェクトの場合は、Firestore データベース インスタンスを作成する必要があります。

  1. Cloud Firestore ビューアに移動します

  2. [データベース サービスの選択] 画面で、ネイティブ モードの Firestore を選択します。

  3. Firestore のロケーションを選択します。

    このロケーション設定が、プロジェクトのデフォルトの Google Cloud Platform(GCP)リソース ロケーションになります。なお、このロケーションは、プロジェクト内のロケーション設定が必要な GCP サービスで使用されます。具体例としては、デフォルトの Cloud Storage バケットや App Engine アプリ(Cloud Scheduler を使用する場合に必要)などがあります。

  4. [データベースを作成] をクリックします。

Firestore プロジェクトを作成すると、Cloud API Manager で API も有効になります。

認証を設定する

クライアント ライブラリを使用するには、サービス アカウントを作成して環境変数を設定し、認証を設定する必要があります。

Cloud Console

  1. Cloud Console で、[サービス アカウント キーの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウント キーの作成] ページに移動
  2. [サービス アカウント] リストから [新しいサービス アカウント] を選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。
  4. [ロール] リストから、プロジェクト > オーナー

  5. [作成] をクリックします。キーが含まれている JSON ファイルがパソコンにダウンロードされます。

コマンドライン

ローカルマシン上の Cloud SDK を使用するか、または Cloud Shell 内で以下のコマンドを実行できます。

  1. サービス アカウントを作成します。NAME をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create NAME
  2. サービス アカウントに権限を付与します。PROJECT_ID を実際のプロジェクト ID に置き換えます。

    gcloud projects add-iam-policy-binding PROJECT_ID --member="serviceAccount:NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com" --role="roles/owner"
  3. キーファイルを生成します。FILE_NAME はキーファイルの名前に置き換えてください。

    gcloud iam service-accounts keys create FILE_NAME.json --iam-account=NAME@PROJECT_ID.iam.gserviceaccount.com

環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を設定して、アプリケーション コードに認証情報を指定します。[PATH] は、サービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのファイルパスに置き換えます。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定します。

Linux または macOS

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="[PATH]"

例:

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="/home/user/Downloads/my-key.json"

Windows

PowerShell を使用する場合:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="[PATH]"

例:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="C:\Users\username\Downloads\my-key.json"

コマンド プロンプトを使用する場合:

set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=[PATH]

アプリにサーバー クライアント ライブラリを追加する

必要な依存関係とクライアント ライブラリをアプリに追加します。

Java

アプリに Firestore Java ライブラリを追加します。

  • Gradle を使用する:
    compile 'com.google.cloud:google-cloud-firestore:1.32.0'
    
  • Maven を使用する:
    <dependencyManagement>
      <dependencies>
        <dependency>
          <groupId>com.google.cloud</groupId>
          <artifactId>libraries-bom</artifactId>
          <version>16.3.0</version>
          <type>pom</type>
          <scope>import</scope>
        </dependency>
      </dependencies>
    </dependencyManagement>
    
    <dependencies>
      <dependency>
        <groupId>com.google.cloud</groupId>
        <artifactId>google-cloud-firestore</artifactId>
      </dependency>
  • IDE を使用する:

    IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインでプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

    プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Python

アプリに Firestore Python ライブラリを追加します。

pip install --upgrade google-cloud-firestore

Node.js

アプリに Firestore Node.js ライブラリを追加します。

npm install --save @google-cloud/firestore
Go

Firestore Go ライブラリをインストールします。

go get cloud.google.com/go/firestore

アプリに Firestore Go ライブラリを追加します。

import "cloud.google.com/go/firestore"
PHP
  1. PHP 用の gRPC 拡張機能をインストールして有効にします。この機能は、クライアント ライブラリを使用する場合に必要です。
  2. アプリに Firestore PHP ライブラリを追加します。
    composer require google/cloud-firestore
C#
  1. .csproj ファイル内でアプリに Firestore C# ライブラリを追加します。
    <ItemGroup>
      <PackageReference Include="Google.Cloud.Firestore" Version="1.1.0-beta01" />
    </ItemGroup>
  2. 次のコードを Program.cs ファイルに追加します。
    using Google.Cloud.Firestore;
Ruby
  1. Gemfile 内でアプリに Firestore Ruby ライブラリを追加します。
    gem "google-cloud-firestore"
  2. 以下のようにして、Gemfile から依存関係をインストールします。
    bundle install

Firestore を初期化する

Firestore のインスタンスを初期化します。

Java
import com.google.cloud.firestore.Firestore;
import com.google.cloud.firestore.FirestoreOptions;
FirestoreOptions firestoreOptions =
    FirestoreOptions.getDefaultInstance().toBuilder()
        .setProjectId(projectId)
        .setCredentials(GoogleCredentials.getApplicationDefault())
        .build();
Firestore db = firestoreOptions.getService();
Python
from google.cloud import firestore

# Project ID is determined by the GCLOUD_PROJECT environment variable
db = firestore.Client()
Node.js
const Firestore = require('@google-cloud/firestore');

const db = new Firestore({
  projectId: 'YOUR_PROJECT_ID',
  keyFilename: '/path/to/keyfile.json',
});
Go
import (
	"context"
	"fmt"
	"log"

	"google.golang.org/api/iterator"

	"cloud.google.com/go/firestore"
)

func createClient(ctx context.Context) *firestore.Client {
	// Sets your Google Cloud Platform project ID.
	projectID := "YOUR_PROJECT_ID"

	client, err := firestore.NewClient(ctx, projectID)
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to create client: %v", err)
	}
	// Close client when done with
	// defer client.Close()
	return client
}

PHP
use Google\Cloud\Firestore\FirestoreClient;

/**
 * Initialize Cloud Firestore with default project ID.
 * ```
 * initialize();
 * ```
 */
function initialize()
{
    // Create the Cloud Firestore client
    $db = new FirestoreClient();
    printf('Created Cloud Firestore client with default project ID.' . PHP_EOL);
}
C#
FirestoreDb db = FirestoreDb.Create(project);
Console.WriteLine("Created Cloud Firestore client with project ID: {0}", project);
Ruby
require "google/cloud/firestore"

firestore = Google::Cloud::Firestore.new project_id: project_id

puts "Created Cloud Firestore client with given project ID."

データを追加する

Firestore はデータをドキュメント内に保存します。ドキュメントはコレクション内に保存されます。データを初めてドキュメントに追加すると、Firestore によってコレクションとドキュメントが暗黙的に作成されます。コレクションやドキュメントを明示的に作成する必要はありません。

次のサンプルコードを使用して、新しいコレクションとドキュメントを作成します。

Java
DocumentReference docRef = db.collection("users").document("alovelace");
// Add document data  with id "alovelace" using a hashmap
Map<String, Object> data = new HashMap<>();
data.put("first", "Ada");
data.put("last", "Lovelace");
data.put("born", 1815);
//asynchronously write data
ApiFuture<WriteResult> result = docRef.set(data);
// ...
// result.get() blocks on response
System.out.println("Update time : " + result.get().getUpdateTime());
  
Python
doc_ref = db.collection(u'users').document(u'alovelace')
doc_ref.set({
    u'first': u'Ada',
    u'last': u'Lovelace',
    u'born': 1815
})
  
Node.js
const docRef = db.collection('users').doc('alovelace');

await docRef.set({
  first: 'Ada',
  last: 'Lovelace',
  born: 1815
});
  
Go
_, _, err := client.Collection("users").Add(ctx, map[string]interface{}{
	"first": "Ada",
	"last":  "Lovelace",
	"born":  1815,
})
if err != nil {
	log.Fatalf("Failed adding alovelace: %v", err)
}
  
PHP
$docRef = $db->collection('users')->document('lovelace');
$docRef->set([
    'first' => 'Ada',
    'last' => 'Lovelace',
    'born' => 1815
]);
printf('Added data to the lovelace document in the users collection.' . PHP_EOL);
  
C#
DocumentReference docRef = db.Collection("users").Document("alovelace");
Dictionary<string, object> user = new Dictionary<string, object>
{
    { "First", "Ada" },
    { "Last", "Lovelace" },
    { "Born", 1815 }
};
await docRef.SetAsync(user);
  
Ruby
doc_ref = firestore.doc "#{collection_path}/alovelace"

doc_ref.set(
  first: "Ada",
  last:  "Lovelace",
  born:  1815
)

puts "Added data to the alovelace document in the users collection."
  

次に、別のドキュメントを users コレクションに追加します。このドキュメントには、最初のドキュメントに表示されない key-value ペア(ミドルネーム)が含まれています。コレクション内のドキュメントには、それぞれ異なる情報のセットを含めることができます。

Java
DocumentReference docRef = db.collection("users").document("aturing");
// Add document data with an additional field ("middle")
Map<String, Object> data = new HashMap<>();
data.put("first", "Alan");
data.put("middle", "Mathison");
data.put("last", "Turing");
data.put("born", 1912);

ApiFuture<WriteResult> result = docRef.set(data);
System.out.println("Update time : " + result.get().getUpdateTime());
  
Python
doc_ref = db.collection(u'users').document(u'aturing')
doc_ref.set({
    u'first': u'Alan',
    u'middle': u'Mathison',
    u'last': u'Turing',
    u'born': 1912
})
  
Node.js
const aTuringRef = db.collection('users').doc('aturing');

await aTuringRef.set({
  'first': 'Alan',
  'middle': 'Mathison',
  'last': 'Turing',
  'born': 1912
});
  
Go
_, _, err = client.Collection("users").Add(ctx, map[string]interface{}{
	"first":  "Alan",
	"middle": "Mathison",
	"last":   "Turing",
	"born":   1912,
})
if err != nil {
	log.Fatalf("Failed adding aturing: %v", err)
}
  
PHP
$docRef = $db->collection('users')->document('aturing');
$docRef->set([
    'first' => 'Alan',
    'middle' => 'Mathison',
    'last' => 'Turing',
    'born' => 1912
]);
printf('Added data to the aturing document in the users collection.' . PHP_EOL);
  
C#
DocumentReference docRef = db.Collection("users").Document("aturing");
Dictionary<string, object> user = new Dictionary<string, object>
{
    { "First", "Alan" },
    { "Middle", "Mathison" },
    { "Last", "Turing" },
    { "Born", 1912 }
};
await docRef.SetAsync(user);
  
Ruby
doc_ref = firestore.doc "#{collection_path}/aturing"

doc_ref.set(
  first:  "Alan",
  middle: "Mathison",
  last:   "Turing",
  born:   1912
)

puts "Added data to the aturing document in the users collection."
  

データを読み取る

Firestore にデータが追加されたことをすばやく確認するには、Firebase コンソールのデータビューアを使用します。

get メソッドを使用してコレクション全体を取得することもできます。

Java
// asynchronously retrieve all users
ApiFuture<QuerySnapshot> query = db.collection("users").get();
// ...
// query.get() blocks on response
QuerySnapshot querySnapshot = query.get();
List<QueryDocumentSnapshot> documents = querySnapshot.getDocuments();
for (QueryDocumentSnapshot document : documents) {
  System.out.println("User: " + document.getId());
  System.out.println("First: " + document.getString("first"));
  if (document.contains("middle")) {
    System.out.println("Middle: " + document.getString("middle"));
  }
  System.out.println("Last: " + document.getString("last"));
  System.out.println("Born: " + document.getLong("born"));
}
  
Python
users_ref = db.collection(u'users')
docs = users_ref.stream()

for doc in docs:
    print(f'{doc.id} => {doc.to_dict()}')
  
Node.js
const snapshot = await db.collection('users').get();
snapshot.forEach((doc) => {
  console.log(doc.id, '=>', doc.data());
});
  
Go
iter := client.Collection("users").Documents(ctx)
for {
	doc, err := iter.Next()
	if err == iterator.Done {
		break
	}
	if err != nil {
		log.Fatalf("Failed to iterate: %v", err)
	}
	fmt.Println(doc.Data())
}
  
PHP
$usersRef = $db->collection('users');
$snapshot = $usersRef->documents();
foreach ($snapshot as $user) {
    printf('User: %s' . PHP_EOL, $user->id());
    printf('First: %s' . PHP_EOL, $user['first']);
    if (!empty($user['middle'])) {
        printf('Middle: %s' . PHP_EOL, $user['middle']);
    }
    printf('Last: %s' . PHP_EOL, $user['last']);
    printf('Born: %d' . PHP_EOL, $user['born']);
    printf(PHP_EOL);
}
printf('Retrieved and printed out all documents from the users collection.' . PHP_EOL);
  
C#
CollectionReference usersRef = db.Collection("users");
QuerySnapshot snapshot = await usersRef.GetSnapshotAsync();
foreach (DocumentSnapshot document in snapshot.Documents)
{
    Console.WriteLine("User: {0}", document.Id);
    Dictionary<string, object> documentDictionary = document.ToDictionary();
    Console.WriteLine("First: {0}", documentDictionary["First"]);
    if (documentDictionary.ContainsKey("Middle"))
    {
        Console.WriteLine("Middle: {0}", documentDictionary["Middle"]);
    }
    Console.WriteLine("Last: {0}", documentDictionary["Last"]);
    Console.WriteLine("Born: {0}", documentDictionary["Born"]);
    Console.WriteLine();
}
  
Ruby
users_ref = firestore.col collection_path
users_ref.get do |user|
  puts "#{user.document_id} data: #{user.data}."
end
  

次のステップ

次のトピックで知識を深めてください。