コンポーネントをインストールして有効にする

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、Filestore の使用を開始するために必要な最初のステップについて説明します。

プロジェクトの選択または作成

Google Cloud コンソールの [プロジェクト セレクタ] ページで、Google Cloud プロジェクトを選択または作成します。

Filestore をテストしていて、作成したリソースをそのまま保持する予定でない場合、既存のプロジェクトを選択するのではなく、新しいプロジェクトを作成することをおすすめします。テストが完了したら、プロジェクトを削除して、プロジェクトに関連するすべてのリソースを削除できます。

プロジェクト セレクタに移動

課金の有効化

Cloud プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認します。プロジェクトに対して課金が有効になっていることを確認する方法を確認する

Filestore API を有効にする

Filestore API を有効にします。

API の有効化

Google Cloud SDK の設定

Google Cloud SDK をインストールして初期化します。

以前に Google Cloud SDK をインストールした場合は、components update コマンドを実行して、最新のバージョンがインストールされていることを確認します。

gcloud components update

次のステップ