Stackdriver Error Reporting

アプリケーション エラーを特定して把握

無料トライアル

リアルタイムの例外のモニタリングとアラート

Stackdriver Error Reporting は、実行中のクラウド サービスで発生したクラッシュをカウントして、分析と集計を実施します。一元化されたエラー管理インターフェースに、並べ替え機能やフィルタリング機能とともに結果が表示されます。専用のビューには、タイムチャート、発生回数、影響を受けたユーザー数、最初または最後の発生日時、削除された例外スタック トレースといったエラー詳細が表示されます。 また、新しいエラーの発生時にメールアラートやモバイル アラートを受信することもできます。

迅速にエラーを把握

アプリケーションで多発しているエラーや新しいエラーを、見やすいダッシュボードでひと目で確認できます。重要なエラーを探すためにログストリームを調べるといった方法では、トラブルシューティング時にすばやくエラーを特定することはできません。Stackdriver Error Reporting では処理データが直接表示されるため、根本的な原因をすばやく把握して修正することができます

自動かつリアルタイム

大量のデータの中に、本番環境における重大な問題が隠されている場合があります。 Error Reporting では、例外を常に分析し、プログラミング言語とフレームワークに応じて適切なグループに分類して集計することで、ノイズに邪魔されることが減り、問題が見つけやすくなります。

迅速なエラー通知

問題が発生すると、すぐに通知が届きます。Stackdriver Error Reporting では、常にサービスを監視しており、既存のエラーでグループ化できない新しいアプリケーション エラーが発生すると、すぐに通知が届きます。新しいエラーの詳細には、通知から直接移動できます。

一般的な言語

例外スタック トレースのパーサーは、Java、Python、JavaScript、Ruby、C#、PHP、Go に対応しています。エラーの送信には、Google のクライアント ライブラリ(REST API)または Stackdriver Logging を使用します。

Stackdriver Error Reporting の特長

リアルタイム処理
アプリケーション エラーは数秒以内に処理されて、インターフェースに表示されます。インターフェースを最新の状態に保てるよう、自動再読み込みを有効にしてください。
インテリジェントなエラーのグループ化
エラーは、スタック トレースの分析によってグループ化され、重複が除外されます。Google のシステムは、各言語で使われている一般的なフレームワークを把握しており、それに応じてエラーがグループ化されます。
フィルタリングによる概要
集計されたエラーは、簡潔な概要テーブルに表示されます。発生回数、影響を受けたユーザー数、最初または最後の検出日順に並べ替えることができます。 また、テーブルの内容は、期間やサービスでフィルタリングできます。変更を監視できるよう、自動更新を有効にしてください。
エラーの詳細
専用のページには、時系列での棒グラフ、影響を受けたバージョンのリスト、リクエスト URL、リクエストログへのリンクといったエラーの詳細が表示されます。
スタック トレースの調査
スタック トレースの解析結果は、重要な問題がすぐにわかるような形で表示されます。スタック フレームをクリックして、ソースに移動し、デバッグを開始できます。
アラート
新たにエラーが検出されたときにメールアラートやモバイル アラートを受信することができます。
公開バグトラッカーとの統合
公開バグトラッカー上の問題にエラーを簡単に関連付けることができます。関連付けられた問題があるエラーがひと目でわかります。
モバイル アプリ
Error Reporting は、パソコンや、iOS と Android 向けの Cloud Console モバイルアプリでご利用いただけます。
簡単なセットアップ
専用の API を呼び出すか、Stackdriver Logging を使用するだけで、エラーと例外データを送信できます。App Engine アプリケーションをご利用の場合、設定なしで機能をご利用いただけます。Google Compute Engine、AWS EC2 のようなその他のプラットフォームをご利用の場合は、数ステップで機能を設定することができます。

料金

Stackdriver Error Reporting は、次のいずれかから送信されたエラーを処理します。

  • Stackdriver Logging。基本とプレミアムのサービス階層で利用できます。 基本階層は無料のサービスで、プロジェクトごとに月 5GB までのログを処理できます。
  • Error Reporting API。ベータ期間中は無料で利用できます。

「このようなソリューションを探し求めて、さまざまなベンダーのソリューションを組み合わせようとしていました。Stackdriver Error Reporting は、まさにぴったりのソリューションです。本番環境で見逃されていた問題をすぐに検出してくれます。
このツールのおかげで、弊社の製品の品質とユーザー エクスペリエンスが飛躍的に向上しています。」

- John Koehl 氏 Batterii、CTO
ベータ版: これは、Error Reporting API のベータリリースです。この API はサービスレベル契約(SLA)また非推奨ポリシーの対象ではなく、バージョン アップ時に下位互換性が維持されない可能性があります。

Java は Oracle および関連会社の登録商標です。

外出先でもリソースをモニタリング

Google Cloud Console アプリを入手して、プロジェクトの管理にお役立てください。