Error Reporting クライアント ライブラリ

このページでは、Stackdriver Error Reporting API の Cloud クライアント ライブラリの使用方法を示します。以前の Google API クライアント ライブラリを含む、Cloud API のクライアント ライブラリの詳細については、クライアント ライブラリの説明をご覧ください。

クライアント ライブラリのインストール

C#

詳細については、C# 開発環境の設定をご覧ください。
Install-Package Google.Cloud.ErrorReporting.V1Beta1 -pre

Go

go get -u cloud.google.com/go/errorreporting

Java

詳細については、Java 開発環境の設定をご覧ください。 Maven を使用している場合は、次のものを pom.xml ファイルに追加します。
<dependency>
  <groupId>com.google.cloud</groupId>
  <artifactId>google-cloud-errorreporting</artifactId>
  <version>0.103.0-beta</version>
</dependency>
Gradle を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。
compile 'com.google.cloud:google-cloud-errorreporting:0.103.0-beta'
SBT を使用している場合は、次のものを依存関係に追加します。
libraryDependencies += "com.google.cloud" % "google-cloud-errorreporting" % "0.103.0-beta"

IntelliJ または Eclipse を使用している場合は、次の IDE プラグインを使用してプロジェクトにクライアント ライブラリを追加できます。

プラグインでは、サービス アカウントのキー管理などの追加機能も提供されます。詳細は各プラグインのドキュメントをご覧ください。

Node.js

詳細については、Node.js 開発環境の設定をご覧ください。
npm install --save @google-cloud/error-reporting

PHP

composer require google/cloud-error-reporting

Python

詳細については、Python 開発環境の設定をご覧ください。
pip install --upgrade google-cloud-error_reporting

Ruby

詳細については、Ruby 開発環境の設定をご覧ください。
gem install google-cloud-error_reporting

認証の設定

クライアント ライブラリを実行するには、サービス アカウントを作成して環境変数を設定し、認証を設定する必要があります。以下の手順で認証を設定します。詳細については、GCP 認証のドキュメントをご覧ください。

GCP Console

  1. GCP Console で [サービス アカウントキーの作成] ページに移動します。

    [サービス アカウントキーの作成] ページに移動
  2. [サービス アカウント] リストから [新しいサービス アカウント] を選択します。
  3. [サービス アカウント名] フィールドに名前を入力します。
  4. [役割] リストで、[プロジェクト] > [オーナー] を選択します。

    : [役割] フィールドの設定により、リソースにアクセスするサービス アカウントが承認されます。後で GCP Console を使用して、このフィールドを表示したり変更したりできます。本番環境アプリケーションを開発している場合は、[プロジェクト] > [オーナー] よりも詳細な権限を指定します。詳しくはサービス アカウントへの役割の付与をご覧ください。
  5. [作成] をクリックします。キーが含まれている JSON ファイルがパソコンにダウンロードされます。

コマンドライン

ローカルマシン上の Cloud SDK を使用するか、または Cloud Shell 内で以下のコマンドを実行できます。

  1. サービス アカウントを作成します。[NAME] をサービス アカウントの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts create [NAME]
  2. サービス アカウントに権限を付与します。[PROJECT_ID] は実際のプロジェクト ID に置き換えます。

    gcloud projects add-iam-policy-binding [PROJECT_ID] --member "serviceAccount:[NAME]@[PROJECT_ID].iam.gserviceaccount.com" --role "roles/owner"
    : [役割] フィールドの設定により、リソースにアクセスするサービス アカウントが承認されます。後で GCP Console を使用して、このフィールドを表示したり変更したりできます。本番環境アプリケーションを開発している場合は、[プロジェクト] > [オーナー] よりも詳細な権限を指定します。詳しくはサービス アカウントへの役割の付与をご覧ください。
  3. キーファイルを生成します。[FILE_NAME] はキーファイルの名前に置き換えます。

    gcloud iam service-accounts keys create [FILE_NAME].json --iam-account [NAME]@[PROJECT_ID].iam.gserviceaccount.com

環境変数 GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS を設定して、アプリケーション コードに認証情報を指定します。[PATH] は、サービス アカウント キーが含まれる JSON ファイルのファイルパスに置き換え、[FILE_NAME] はファイル名に置き換えます。この変数は現在のシェル セッションにのみ適用されるため、新しいセッションを開く場合は、変数を再度設定してください。

Linux または macOS

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="[PATH]"

例:

export GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="/home/user/Downloads/[FILE_NAME].json"

Windows

PowerShell を使用する場合:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="[PATH]"

例:

$env:GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS="C:\Users\username\Downloads\[FILE_NAME].json"

コマンド プロンプトを使用する場合:

set GOOGLE_APPLICATION_CREDENTIALS=[PATH]

クライアント ライブラリの使用

次の例は、クライアント ライブラリの使用方法を示しています。

C#

public class ErrorReportingSample
{
    public static void Main(string[] args)
    {
        try
        {
            throw new Exception("Generic exception for testing Stackdriver Error Reporting");
        }
        catch (Exception e)
        {
            report(e);
            Console.WriteLine("Stackdriver Error Report Sent");
        }
    }

    /// <summary>
    /// Create the Error Reporting service (<seealso cref="ClouderrorreportingService"/>)
    /// with the Application Default Credentials and the proper scopes.
    /// See: https://developers.google.com/identity/protocols/application-default-credentials.
    /// </summary>
    private static ClouderrorreportingService CreateErrorReportingClient()
    {
        // Get the Application Default Credentials.
        GoogleCredential credential = GoogleCredential.GetApplicationDefaultAsync().Result;

        // Add the needed scope to the credentials.
        credential = credential.CreateScoped(ClouderrorreportingService.Scope.CloudPlatform);

        // Create the Error Reporting Service.
        ClouderrorreportingService service = new ClouderrorreportingService(new BaseClientService.Initializer
        {
            HttpClientInitializer = credential,
        });
        return service;
    }

    /// <summary>
    /// Creates a <seealso cref="ReportRequest"/> from a given exception.
    /// </summary>
    private static ReportRequest CreateReportRequest(Exception e)
    {
        // Create the service.
        ClouderrorreportingService service = CreateErrorReportingClient();

        // Get the project ID from the environement variables.
        string projectId = Environment.GetEnvironmentVariable("GOOGLE_PROJECT_ID");

        // Format the project id to the format Error Reporting expects. See:
        // https://cloud.google.com/error-reporting/reference/rest/v1beta1/projects.events/report
        string formattedProjectId = string.Format("projects/{0}", projectId);

        // Add a service context to the report.  For more details see:
        // https://cloud.google.com/error-reporting/reference/rest/v1beta1/projects.events#ServiceContext
        ServiceContext serviceContext = new ServiceContext()
        {
            Service = "myapp",
            Version = "8c1917a9eca3475b5a3686d1d44b52908463b989",
        };
        ReportedErrorEvent errorEvent = new ReportedErrorEvent()
        {
            Message = e.ToString(),
            ServiceContext = serviceContext,
        };
        return new ReportRequest(service, errorEvent, formattedProjectId);
    }

    /// <summary>
    /// Report an exception to the Error Reporting service.
    /// </summary>
    private static void report(Exception e)
    {
        // Create the report and execute the request.
        ReportRequest request = CreateReportRequest(e);
        request.Execute();
    }
}

Go

// Sample errorreporting_quickstart contains is a quickstart
// example for the Google Cloud Error Reporting API.
package main

import (
	"context"
	"log"
	"net/http"

	"cloud.google.com/go/errorreporting"
)

var errorClient *errorreporting.Client

func main() {
	ctx := context.Background()

	// Sets your Google Cloud Platform project ID.
	projectID := "YOUR_PROJECT_ID"

	var err error
	errorClient, err = errorreporting.NewClient(ctx, projectID, errorreporting.Config{
		ServiceName: "myservice",
		OnError: func(err error) {
			log.Printf("Could not log error: %v", err)
		},
	})
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
	defer errorClient.Close()

	resp, err := http.Get("not-a-valid-url")
	if err != nil {
		logAndPrintError(err)
		return
	}
	log.Print(resp.Status)
}

func logAndPrintError(err error) {
	errorClient.Report(errorreporting.Entry{
		Error: err,
	})
	log.Print(err)
}

Java

import com.google.cloud.ServiceOptions;
import com.google.cloud.errorreporting.v1beta1.ReportErrorsServiceClient;
import com.google.devtools.clouderrorreporting.v1beta1.ErrorContext;
import com.google.devtools.clouderrorreporting.v1beta1.ProjectName;
import com.google.devtools.clouderrorreporting.v1beta1.ReportedErrorEvent;
import com.google.devtools.clouderrorreporting.v1beta1.SourceLocation;

/**
 * Snippet demonstrates using the Stackdriver Error Reporting API to report a custom error event.
 * <p>
 * This library is not required on App Engine, errors written to stderr are automatically written
 * to Stackdriver Error Reporting.
 * It is also not required if you are writing logs to Stackdriver Logging.
 * Errors written to Stackdriver Logging that contain an exception or stack trace
 * are automatically written out to Stackdriver Error Reporting.
 */
public class QuickStart {
  public static void main(String[] args) throws Exception {

    // Google Cloud Platform Project ID
    String projectId = (args.length > 0) ? args[0] : ServiceOptions.getDefaultProjectId();
    ProjectName projectName = ProjectName.of(projectId);

    // Instantiate an Error Reporting Client
    try (ReportErrorsServiceClient reportErrorsServiceClient = ReportErrorsServiceClient.create()) {

      // Custom error events require an error reporting location as well.
      ErrorContext errorContext = ErrorContext.newBuilder()
          .setReportLocation(SourceLocation.newBuilder()
              .setFilePath("Test.java")
              .setLineNumber(10)
              .setFunctionName("myMethod")
              .build())
          .build();

      //Report a custom error event
      ReportedErrorEvent customErrorEvent = ReportedErrorEvent.getDefaultInstance()
          .toBuilder()
          .setMessage("custom error event")
          .setContext(errorContext)
          .build();
      // Report an event synchronously, use .reportErrorEventCallable for asynchronous reporting.
      reportErrorsServiceClient.reportErrorEvent(projectName, customErrorEvent);
    }
  }
}

Node.js

// Imports the Google Cloud client library
const ErrorReporting = require('@google-cloud/error-reporting')
  .ErrorReporting;

// On Node 6+ the following syntax can be used instead:
// const {ErrorReporting} = require('@google-cloud/error-reporting');

// With ES6 style imports via TypeScript or Babel, the following
// syntax can be used instead:
// import {ErrorReporting} from '@google-cloud/error-reporting';

// Instantiates a client
const errors = new ErrorReporting();

// Reports a simple error
errors.report('Something broke!');

PHP

// Imports the Cloud Client Library
use Google\Cloud\ErrorReporting\Bootstrap;
use Google\Cloud\Logging\LoggingClient;
use Google\Cloud\Core\Report\SimpleMetadataProvider;

// These variables are set by the App Engine environment. To test locally,
// ensure these are set or manually change their values.
$projectId = getenv('GCLOUD_PROJECT') ?: 'YOUR_PROJECT_ID';
$service = getenv('GAE_SERVICE') ?: 'error_reporting_quickstart';
$version = getenv('GAE_VERSION') ?: 'test';

// Instantiates a client
$logging = new LoggingClient([
    'projectId' => $projectId,
]);
// Set the projectId, service, and version via the SimpleMetadataProvider
$metadata = new SimpleMetadataProvider([], $projectId, $service, $version);
// Create a PSR-4 compliant logger
$psrLogger = $logging->psrLogger('error-log', [
    'metadataProvider' => $metadata,
]);
// Using the Error Reporting Bootstrap class, register your PSR logger as a PHP
// exception hander. This will ensure all exceptions are logged to Stackdriver.
Bootstrap::init($psrLogger);

print("Throwing a test exception. You can view the message at https://console.cloud.google.com/errors." . PHP_EOL);
throw new Exception('quickstart.php test exception');

Python

def simulate_error():
    from google.cloud import error_reporting

    client = error_reporting.Client()
    try:
        # simulate calling a method that's not defined
        raise NameError
    except Exception:
        client.report_exception()

Ruby

require "google/cloud/error_reporting"

begin
  fail "Raise an exception for Error Reporting."
rescue => exception
  Google::Cloud::ErrorReporting.report exception
end

その他のリソース

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

Stackdriver Error Reporting
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。