API 管理の削除

Google Cloud Platform(GCP)でアプリケーションに API 管理を追加した後に API 管理機能が不要になった場合は、API の管理を停止するように Cloud Endpoints Frameworks を構成できます。

API 管理を削除しても、API の提供は停止されません。API の提供を停止するには、Google Cloud Platform Console の [App Engine の設定] ページでアプリケーションを無効にするか、GCP プロジェクトを削除します。詳しくはアプリケーションを無効にする、およびプロジェクトをシャットダウンするをご覧ください。

API 管理を削除するには:

  1. API プロジェクトの app.yaml ファイルをバックアップします。

  2. Cloud SDK(gcloud)が GCP にある対象のデータとサービスにアクセスできるよう許可されていることを確認します。

    gcloud auth login
    
  3. GCP プロジェクトのプロジェクト ID を表示します。

    gcloud projects list
    
  4. 前の手順で表示されたプロジェクト ID のうち、アプリケーションが含まれるプロジェクトの ID をデフォルト GCP プロジェクトに設定します。

    gcloud config set project YOUR_PROJECT_ID
    
  5. app.yaml ファイルがあるディレクトリに移動して、ファイルを開きます。

  6. env_variables セクションで、ENDPOINTS_SERVICE_NAME および ENDPOINTS_SERVICE_VERSION 環境変数を含む行を削除します。他に環境変数が定義されていない場合は、env_variables セクションを削除します。

  7. app.yaml ファイルを保存します。

  8. 更新された app.yaml ファイルを使ってアプリケーションをデプロイします。

    gcloud app deploy
    

アプリケーションを再デプロイすると、Endpoints Frameworks は API の管理を停止します。

API 管理の削除の確認

Endpoints Frameworks で API の管理が停止されたことを確認するには:

  1. GCP Console で、[エンドポイント]、[サービス] ページの順に移動します。

    [エンドポイント サービス] ページに移動

  2. API のいずれか 1 つのメソッドに対するリクエストの数を書き留めます。

  3. そのメソッドの [View logs] リンクをクリックします。

  4. Produced API ログで、最新のログエントリの日付と時刻を書き留めます。

  5. API のそのメソッドにリクエストをいくつか送信します。

  6. GCP Console で、[エンドポイント]、[サービス] ページの順に移動します。

    [エンドポイント サービス] ページに移動

    メソッドのリクエスト カウンタは更新されません。

  7. そのメソッドの [View logs] リンクをクリックします。

    Produced API ログには、送信したリクエストのログエントリが含まれません。

マネージド サービスの削除

Endpoints Frameworks では、Google の Service Management を使用して API を管理します。gcloud endpoints services deploy コマンドを使用して OpenAPI ドキュメントをデプロイすると、このコマンドは Service Management を使用して API 用のマネージド サービスを作成します。[エンドポイント] の [サービス] ページのデータや、[ログビューア] ページの [生成された API] ログのデータが不要な場合は、API 用のマネージド サービスを削除することで、GCP Console からデータを削除できます。

マネージド サービスを削除するには:

  1. Cloud SDK(gcloud)が GCP にある対象のデータとサービスにアクセスできるよう許可されていることを確認します。

    gcloud auth login
    
  2. 次のコマンドを入力して、GCP プロジェクトのプロジェクト ID をすべて表示します。

    gcloud projects list
    
  3. 前の手順で表示されたプロジェクト ID のうち、アプリケーションが含まれるプロジェクトの ID をデフォルト GCP プロジェクトに設定します。

    gcloud config set project [YOUR_PROJECT_ID]
    
  4. GCP プロジェクト内のすべてのマネージド サービスの名前を取得します。

    gcloud endpoints services list
    
  5. Service Management からサービスを削除します。SERVICE_NAME は、削除するサービスの名前に置き換えます。

    gcloud endpoints services delete SERVICE_NAME
    

    gcloud endpoints services delete コマンドを実行しても、マネージド サービスはすぐに削除されません。マネージド サービスは 30 日間無効になり、その間に必要に応じてサービスを復元できます。30 日後、マネージド サービスは完全に削除されます。

次のステップ

  • マネージド サービスを復元する。マネージド サービスの復元をご覧ください。track-type="tasks" track-name="internalLink" track-metadata-position="body" }

  • このページで使用されている gcloud コマンドについて学習する。gcloud リファレンス ページをご覧ください。track-type="tasks" track-name="internalLink" track-metadata-position="body" }

  • サービス管理の詳細を確認する。マネージド サービスの作成と削除をご覧ください。track-type="tasks" track-name="internalLink" track-metadata-position="body" }

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

App Engine 用 Cloud Endpoints Frameworks
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。