クライアント ID の作成

API バックエンドへの接続に認証を義務付ける場合、必要なクライアント ID を取得し、そのクライアント ID を適切な API アノテーション属性を使用してバックエンドに渡す必要があります。

Android

OAuth 2.0 Android クライアント ID を作成するには、証明書のキー フィンガープリントが必要です。Android Studio を使用する場合、デバッグ キーストアとデバッグキーが自動的に作成されます。デバッグキーをテストに使用することはできますが、本番環境ではリリースキーを使用する必要があります。

デフォルトのデバッグ キーストアのパスワードは android、キーエイリアスは androiddebugkey です。Linux および macOS の場合のデフォルト場所は ~/.android/debug.keystore です。

  1. Android アプリケーションのデバッグキーまたはリリースキーをまだお持ちでない場合は、このキーを生成します。Android Studio を使用している場合、Android プロジェクトを初めてビルドするときに、デバッグ キーストアにデバッグキーが自動的に生成されます。
  2. Linux または macOS のターミナル ウィンドウで、Java SDK に付属の keytool を次のように使用してキーのフィンガープリントを取得できます。
    keytool -exportcert -alias androiddebugkey -keystore path-to-debug-or-production-keystore -list -v
    出力でフィンガープリントは次のように表示されます。 DA:39:A3:EE:5E:6B:4B:0D:32:55:BF:EF:95:60:18:90:AF:D8:07:09
  3. 上記の keytool コマンドの実行後に表示されるキー フィンガープリントをコピーして保存します。Google Cloud Platform Console で Android クライアント ID を生成するには、フィンガープリントを入力する必要があります。
  4. GCP Console で [認証情報] ページに移動します。

    [認証情報] ページに移動

  5. プロジェクト リストから、API が含まれているプロジェクトを選択します。
  6. 今回初めてこのプロジェクトでクライアント ID を作成する場合は、次のサブステップに従って OAuth 同意ページに進みます。それ以外の場合は、後続のステップに進みます。
    1. [OAuth 同意画面] をクリックします。
    2. [アプリケーション名] フィールドに名前を入力します。
    3. 必要に応じて残りのフィールドに入力します。
    4. [保存] をクリックします。
  7. [認証情報の作成] プルダウン リストで、[OAuth クライアント ID] を選択します。
  8. アプリケーションの種類として [Android] を選びます。
  9. [名前] に、実際のクライアント ID の名前を入力します。
  10. [署名証明書フィンガープリント] に、すでに取得したフィンガープリントを入力します。
  11. [パッケージ名] に、AndroidManifest.xml ファイルで指定されている Android アプリケーション パッケージ名を入力します。
  12. [作成] をクリックします。

    生成されたクライアント ID は、API バックエンドとクライアント アプリケーションで使用されます。

ウェブ クライアント

  1. GCP Console で [認証情報] ページに移動します。

    [認証情報] ページに移動

  2. プロジェクト リストから、API が含まれているプロジェクトを選択します。
  3. 今回初めてこのプロジェクトでクライアント ID を作成する場合は、次のサブステップに従って OAuth 同意ページに進みます。それ以外の場合は、後続のステップに進みます。
    1. [OAuth 同意画面] をクリックします。
    2. [アプリケーション名] フィールドに名前を入力します。
    3. 必要に応じて残りのフィールドに入力します。
    4. [保存] をクリックします。
  4. [認証情報の作成] プルダウン リストで、[OAuth クライアント ID] を選択します。
  5. アプリケーションの種類として [ウェブ アプリケーション] を選択します。
  6. [名前] に、実際のクライアント ID の名前を入力します。
  7. [承認済みの JavaScript 生成元] で、下記のいずれか 1 つを入力します。
    • http://localhost:8080バックエンドをローカルでテストする場合)。
    • https://YOUR_PROJECT_ID.appspot.com(バックエンド API を本番環境の App Engine にデプロイする場合、YOUR_PROJECT_ID は実際の App Engine プロジェクト ID で置き換えます)。

  8. [作成] をクリックします。

    生成されたクライアント ID は、API バックエンドとクライアント アプリケーションで使用されます。

次のステップ

Android または JavaScript アプリケーションで認証をサポートする方法については、以下のトピックをご覧ください。

このページは役立ちましたか?評価をお願いいたします。

フィードバックを送信...

App Engine 用 Cloud Endpoints Frameworks
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。